出産 妊娠後期 旦那

立ち合い出産で旦那に”してほしいこと”と”絶対にしてほしくないこと”

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

出産を控えている女性の悩みの1つに「立ち合い出産にするか、しないか」があります。

筆者も出産を経験してますが、どうするか当日まで悩んで悩んで、結局 立ち合い出産にしました。やっぱり分娩室に一人ぼっちは心細いですし、初めての出産だったのもあって、”側に居て励ましていて欲しい”という想いが とりわけ強かったからです。

ですが、分娩の あまりの激痛にパニック状態となった私を見て、旦那が「メリーズ法だよ!一緒に!ヒッヒッフー(本当はラマーズです)」「こんなに痛がっちゃってて…!(分娩が)コレで普通なんですか!?妻は大丈夫ですか!?」と私よりパニックに!(笑)

そんな旦那の姿を目の当たりにし、心配されて嬉しい反面『すごい慌てちゃってる…。立ち合い出産は間違えたかな…?』なんて、もうろうとする意識の中でチラッと思ったりしました(笑)

今となっては我が家のベスト3に入る笑い話ですが、世の中には笑い話で済まないケースも存在するのだとか。。。。!

そこで今回は、“立ち合い出産で旦那にして欲しいこと”と”絶対にして欲しくない事”を、世の奥様達の実際の体験談と共に いくつかご紹介していきたいと思います。

先ずは”絶対にして欲しくない事”から見て行きましょう。



「こんな立ち合い出産は嫌だ!」立ち合い出産で旦那に絶対にして欲しくない事

「出産の時 旦那に立ち会ってもらったけど かえってマイナスになった」というリアルな”赤裸々ボイス”が続々と集結!

して欲しくない事1.寝ないでほしい

この”旦那が寝ちゃう”という意見、ものすごく多かったです。「まだかかるの?じゃあちょっと寝てても良い?」なんて言ったら最後。その一言を奥さんは一生恨んで忘れないでしょうね。

妻の私が陣痛で苦しんでるのに。。。あなたとの子供を頑張って産んでるのに。。。なんでグーグー寝れるんだ!!と憤慨。

我が子を命がけで産もうと頑張っている奥さんをしり目にグースカ寝ちゃうって。。。道徳心というか、倫理的にアウトな気がしませんか?

【立ち合い出産で寝ちゃう旦那さん①】

2人目の子どもが8か月です。私は日にちを決めての出産だったので突然というわけではありませんでした。

ですが、前日夜に遅くまで残業だった夫は、まず予定の時間に遅れ、頼んでいた飲み物も持参していなく、私は最初からがっかりでした。

ま、今日来るために夜遅くまで仕事してくれたんだし仕方ないか…とその時は思っていましたが、陣痛が本格的になってきていろいろ話しかけても反応が薄い・・・。おかしいなと思ってみると、うとうと居眠りしていました

眠かったんだろうな、とは思えても、8か月経った今もやっぱり気持ちとして許せません
出典:http://komachi.yomiuri.co.jp/

【立ち合い出産で寝ちゃう旦那さん②】

1人目の時は陣痛から36時間かかり、出産の前夜からの陣痛…夜中に病院へ連れて行ってもらって、まだまだかかりそうだったので自宅で陣痛をこらえ旦那は仕事に…夕方位に我慢出来ずにやっと入院、旦那は夜に来てくれ背中さすったりしてくれたけど、分娩台に乗ってわたしが1番ピークで頑張ってる夜中…爆睡

朝方産まれる寸前に目を覚ましました… 助産師さんも呆れてた…

疲れてるの分かるけど、こっちは何日も寝不足で36時間頑張ってましたけど( ̄Д ̄)ノ 出典:http://girlschannel.net/

して欲しくない事2.立ち会い中に体調を崩さないでほしい

 
次に多かったのが立ち会い出産中に“体調を崩す”という意見。

出産中は血が出るわ、胎盤も出るわ、奥さんは絶叫してるわで、色々ショッキングな物を見ちゃいますから、「うっ…!」となるのも分からなくないんです。

女性は毎月 生理が来て、自分の体内から出る経血を見ているので、血液に対して免疫があります。しかし、男性に生理はありません。

血なんて採血の時か、あるいはケガをした・鼻血を出した時にしか お目にかかれない訳です。すなわち”血”に免疫がない。

でも、そんな状況だからこそビシッと支えて欲しいのが奥さんの心情ではないでしょうか?

立ち合い出産中、旦那さんが貧血なんて起こそうものなら、「貧血 起きそうなのは私の方だわよ!!」と”ごもっとも!”なツッコミが炸裂しそうですね。

【体調を崩した旦那さん①】

旦那は、私のあまりに苦しそうな姿に具合が悪くなり、へたり込んでしまいました

陣痛の合間に顔をみたら、顔面蒼白になっていて、『大丈夫かよ!?』って思うほどでした( ´艸`)

出典:http://girlschannel.net/

【体調を崩した旦那さん②】

極端に血に弱いくせに無理して立ち会った旦那。結果、貧血でダウン

ベテラン看護士さんに「放っておきましょ!」と突き放され、病室で青い顔してうつむいてました。

気絶したいのはこっちなのに…(^^;;

出典:http://girlschannel.net/

して欲しくない事3.ぼーっと見てるだけはやめてほしい

いざ立ち合い出産をしたは良いけれど、ずーっと ”ぼーっと見てるだけの旦那さん”。意外と居るみたいです。

おそらく、”俺は何をすれば良いんだ!?”と、オロオロ&茫然自失状態なのではと推考しますが。

しかし、ぼーっと突っ立って見ているだけでは、奥さんに様々な処置を施さなければならない助産師さんの邪魔になり兼ねません。というか邪魔です!

せめて、奥さんに「何をして欲しいか」くらい聞いてくれたらいいのに!…なんて思ってしまいます。

”立ち合い出産時、自分は妻に対して何をしてあげられるのか”を、事前に しっかりと学習しておくべきでしょう。

【ぼーっと見てるだけの旦那さん①】

立ち会い出産したものの旦那は隣で座ってるだけ。 早くしてほしそうに せかされて こんなことなら立会いせずに1人で集中して出産したかった。

手を握ってくれたり 声をかけてくれたり してくれるかと期待してたので余計。
出典:http://girlschannel.net/

して欲しくない事4.パニックになるのはやめてほしい

日常とは掛け離れた状況を目の当たりにしてパニックになる旦那さん。こちらも まああるケースだそうです。というか、冒頭でもお話したように筆者の旦那がそうでした(笑)

パニックなのは、むしろ奥さんの方なので、旦那さんには どっしりと構えていて欲しいというのが本音。

激痛に耐え、命がけで出産中の奥さんが、パニック状態の旦那さんを見て、どんな気持ちになるか。容易に想像できます。大変な状況だからこそ、「俺が側に付いてるぞ!」と、力強い存在で居てもらいたいですね。

【パニックになった旦那さん】

出産の時、私のこめかみの血管が浮き出ていたようで本気で死ぬんじゃないかと焦って助産婦さんに怒られていました
出典:http://girlschannel.net/

して欲しくない事5.スマホをいじらないでほしい

これも、絶対にして欲しくない事ですよね。筆者個人的には【寝ちゃう】と同じくらいイヤです。

こっちは”痛い・キツい・苦しい”の三拍子なのに、目の届く場所でスマホをいじるなんて、もってのほか。ゲームもLINEも後でだって出来るのに、なぜこのタイミングなの!?

奥さんに「苦しむ私の隣でスマホゲームしてたよね」と、一生小言を言われ続ける覚悟でも出来ているのでしょうか。普通の神経なら、スマホの存在すら忘れてしまうほど、奥さんと産まれてくる赤ちゃんの事で頭がいっぱいになるはず。

奥さんと赤ちゃんの事に、もっと集中しましょう!

【スマホをいじってた旦那さん①】

陣痛MAX時でも、私が痛みに強く一人でガマンしてるのが分からなかったらしく…携帯ゲームしてたよ。。。

出産中はただオドオドするだけで、頭もっと持ち上げてよ!って切れてしまったわ。

出典:http://girlschannel.net/

【スマホをいじってた旦那さん②】
二人目のとき、痛いのを必死で堪えてるのに隣で携帯ゲームとline「こんなときくらい携帯しまえ!腰さすれ!」ってキレた。 出産一度経験してるから痛くないんだと思ってたんだと。アホか。まじむかついた。
1人目のときは頑張ってさすってくれてたのにな。いない方が良かった。
出典:http://girlschannel.net/

して欲しくない事6.雑誌や漫画を読む

先ほどの”スマホをいじる”と同じですね。「なぜこのタイミングで!?」「後でも出来るでしょ!」と怒られるのが、欠片も想像できなかったのでしょうか。

TPOや、相手を思いやる気持ちをもう少し重んじて欲しいものです。

【漫画を読んでた旦那さん】

そのかたもやはり難産で陣痛室で長く苦しんでいたのですが、トイレに行こうとして室外に出たらご主人が待合でマンガ読んでいて笑っていました

私もトイレに行こうとして鉢合わせたのですが、こ、これはヤバイという雰囲気。ご主人真っ青。

看護師に両脇を抱えられ土気色のヨロヨロの産婦さんが、突然スクッと歩き出し、鬼の形相で思いっきりご主人に何度も往復ビンタ!!

マンガもご主人も吹っ飛びました(笑)
出典:http://komachi.yomiuri.co.jp/

して欲しくない事7.電話やタバコで側を離れないでほしい

男性は気持ちの高ぶりを抑える為に、タバコを吸ったり誰かに電話をかけて気を紛らわせようとする傾向にあります。

確かに出産の立ち会いは、その厳かな雰囲気に呑まれて緊張するかもしれませんが、出来る事なら、出産を終えた奥さんが病室に入り、「私は大丈夫だから、パパもゆっくりしてね」と言われるまでは我慢していてほしいものです。

逆の立場に立った時の事を想像すれば、”側を離れる”なんて無思慮な行動は出来ないでしょう。

中でも多いのが”タバコを吸いに行く”ケース。呼気や衣服に主流煙・副流煙を満載な状態で戻られても、『これから新生児の赤ちゃんを抱っこする身』としての自覚が乏しいのでは?と疑いたくなります。

これからパパになるのなら、受動喫煙やSIDSの怖さも学習しておくべきなのではないかと。

【側を離れた旦那さん①】

私の場合、陣痛が始まった夜中の2時から朝の7時45分までずっと付き添ってくれました。腰をさそったり、励ましてくれたり、とても心強かったです。出産し終えるまで、側にいて「がんばれ」と言ってくれてました。しかし・・・・・・・・・
生み終えたあとの「ありがとう」までは、よかったのですが、すぐ居なくなりもどってきませんでした
あとから聞くと、電話をしに行ってたとか・・・・・。
できれば、ずっと側にいてほしかった・・・。それだけが不満だった、、、かな???
出典:http://chiebukuro.yahoo.co.jp/

【側を離れた旦那さん②】
うちの旦那はタバコばっかり吸いに出て産まれた後も一分ほど抱っこしたらすぐさまタバコ吸いに行き30分帰ってこなかった。外のベンチでコーヒー飲んで友達と電話してたのを私の父に目撃され、怒られてたみたいだけど。立ち会い中もお前すげー顔だな。キモいわ。と高笑いするし 本人が立ち会いしたいと言うので立ち会い出産したんだけど。あまりにひどすぎて産んだ後別の意味で泣いた。
出典:http://girlschannel.net/

して欲しくない事8.下手な励まし

分娩台に乗り、体力を削りながら必死に いきんで出産をする奥さんに、なんとも的外れな励ましをする旦那さんがいるようです。

ちなみに筆者の知人数名に調査したところ、「がんばれ!」は「(イラッ!)もうずっと頑張ってるわよ!!」という事で禁句なのだとか。

【励まし下手な旦那さん】

私も幻滅ではないですが腹がたちました。

がんばれ~と連呼してくれるのですが棒読み。励ましてるだろ、俺。的な投げやりな感じでした
でもどうすることもできなくて、の気持ちはわかりますが。

超わがままになる出産時の妊婦にはこれでもか、というくらい演技してほしかった
ですね。

出典:http://chiebukuro.yahoo.co.jp/

して欲しくない事9.出産間近はお酒は控えてほしい

さすがに少数派ですが、奥さんが臨月で もう明日にも産まれそう!という状況でも お酒を我慢できない旦那さんがいるようです。

もし飲酒をした晩に奥さんが破水でもしたら、車の運転など当然 出来ません。そうした場合はタクシーなどの移動手段を手配しなければなりませんが、アルコールの抜けきっていない状態で正しい判断が出来るのかも疑問です。

こんな状態の旦那さんじゃ、例え本人の希望で立ち合い出産する事になったとしても この上なく心もとないですね。奥さんが気の毒です!

【お酒が我慢できない旦那さん】

我が家は第一子(長男)のとき呑んでべろべろ病院でオロオロ緊急手術になりウロウロ

とにかく一つの場所にいられない性格でじっとしていませんでした。というか、呑みに帰りたかったと後に想像できる。

第二子(長女)予定帝王切開だったため、呑んではおらず。手術中にウロウロ。子供をさっと見て帰る。早く帰って呑みたかったらしい

出典:http://www.yomiuri.co.jp/komachi/?from=ylogo_c



して欲しくない事10.気が利かなすぎるのは勘弁してほしい

出産って、安産でも数時間はかかりますし、難産なら もっともっと時間がかかります。出産の最中にノドが乾いたりしても、助産師さんには何となく頼み辛い。そんな時に旦那さんが側に居てくれたら、色々と頼みやすいですよね。

そう思っていたのに!それなのに!全く気が利かないなんて!

「お水が飲みたいのに、フタも開けずにそのまま『はい』…って!」

「汗だくなのに拭いてくれないから襟首ビショビショ!」なんて意見がゴロゴロ。

どうやら、立ち合い出産を希望する旦那さんは、当日までにビシバシ教育しておく必要がありそうです。

【気が利かない旦那さん】

初めての子の時は不安だったので立ち会ってもらいましたが…

私が途中、喉が渇いて水ちょうだいって言ったら旦那はペットボトルのまま渡してきた!この体制で飲めるか!

すかさず助産師さんがストロー付きの飲み物渡してくれました。そんなこともあり2人目は立ち会い拒否しました

出典:http://girlschannel.net/

こんな立ち合い出産が理想的!立ち合い出産で旦那にして欲しい事

お次は立ち合い出産で旦那に”して欲しい事”です。「うちの旦那は こんな事してくれた!」「居てくれて良かった!」など、立ち合い出産でプラスになったという意見を掲載していきます。

して欲しいこと1.手を握って欲しい

手を握るって本当に単純な行為ですが、握った手の平から伝わってくる優しい体温を感じるたび心強くなります。”1人で産んでるんじゃないんだ”、という事が実感できるんですね。

それに、出産で いきんでいる時って、ギュッと掴まっていられる物があると いきみやすいですし、不思議と安心できるんですよ。

「分娩台の怒責グリップを掴む方が良かった」という意見も多いですが、筆者個人の意見としては、ぜひ旦那さんと手を握り合って立ち合い出産に臨んで欲しいなと思います。

【手を握ってくれた旦那さん①】

緊急帝王切開でしたが、ずっと手を握ってくれていました。思いがけない展開で、さすがの旦那さんも緊張気味でしたが(笑)
生まれた瞬間、涙を流した旦那さんを見て「このパパなら大丈夫」と思いました。 

幸せの瞬間を一緒に過ごせて、嬉しかったです。
出典:http://girlschannel.net/

【手を握ってくれた旦那さん②】
ずーっと応援してくれました。
手を繋いで
生んだあと、泣きながら何度もお礼をいってくれました。
出典:http://komachi.yomiuri.co.jp/

して欲しいこと2.腰をさする・押して欲しい

分娩時は、赤ちゃんがお腹から下へ下へと降りてくるので、とにかく腰が痛い!その痛い場所を優しくさすったり、いきみ逃しにグッと押してあげる事で、ほんの少しですが和らげる(紛らわす)事ができます。

ただし、適当な場所をさすったり押したりすれば良いのではなく、奥さんが「さすって欲しい」「押して欲しい」と言った場所にだけ施しましょう。そうでないと「違う!そこじゃない!」と怒鳴られてしまうかも知れませんから。

妊娠中、産院などで開催している両親学級にご夫婦で参加し、積極的に”正しい さすり方・押し方”を習うのも良いですね。

また、出産中はボディタッチを極端に嫌がるケースもあるそうですので、奥さんに「さすろうか?どこがいい?」「ここを押そうか?」と、確認してからの方が良いでしょう。

【腰を押してくれた旦那さん】

私が通院していた病院がLDRの体勢の産院で、立ち会ってもらいました。私の場合は陣痛が微弱で、さらに破水を先にしてしまったので、促進剤を使いました。

陣痛が休む暇なくきて、腰を力強く押してもらうことでどうにか耐えていたような状況でしたので、旦那さんにいてもらって本当によかったと思います

そして、そんな思いをして、子供が生まれてくるんだと目で見てもらって、育児にも積極的になってもらえたと思います。

出典:http://oshiete.goo.ne.jp/

して欲しいこと3.汗を拭いて欲しい

分娩室は、これから産まれ出る赤ちゃんのために温かく保たれています。

奥さんは そんなポカポカ陽気の室内で絶叫しながら いきみ続ける事になりますので、必然的に 汗をかく訳です。

個人差はあるのでしょうが、筆者の場合 室温による発汗と、出産時の激痛で脂汗が たっぷり出ました。汗で髪や着衣が濡れると例え用のない不快感があり、ただでさえ大変な状態に、不要なストレスがプラスされかねません。

だからこそ、奥さんの首や胸元、額が汗でビッショリな時は、すかさず拭いてあげましょうね。乾いたタオルと濡れタオルの両方を準備していくと、さらに◎!

【汗を拭いてくれた旦那さん】

1人目の時、オロオロしながらも汗を拭いたりうちわで扇いだりしてくれた旦那。産まれた瞬間涙を流して「簡単に産まれてくるわけじゃない」って私にも子どもにも感謝してくれました。

2人目の時は旦那と、小学生になった長女が立ち合いましたよ!2人が私の隣で応援してくれてとっても励みになりました。よりいっそう家族の絆が深まった気がします。
出典:http://girlschannel.net/

して欲しいこと4.ウチワで扇いで欲しい

先述したように分娩室は温かいです。汗を拭いた後は、すかさずウチワの出番!ただしバサバサ扇ぐのではなく、パタパタ優しい風を送ってあげましょう。

筆者は当時 扇子を持って行きましたが、旦那さんに扇いでもらっている最中、扇ぎ過ぎで壊れてしまいました(笑)

出産にかかる時間は想定できないので、長丁場になる事も考えて より頑丈なものを持参しましょうね!

【ウチワで扇いでくれた旦那さん】

見てほしい…とかじゃなくて、そばにいてくれると安心します。二人とも立ち会いしました。もちろん、下の方には行かない(見ない)約束。笑

でも、う○ちもらしたりした時もそばにいたから、あんまり意味ないかな?

うちわで仰いでくれたり飲み物飲ませてくれたり…ありがたかったです。立ち会い…いいですよ♪
出典:http://girlschannel.net/

して欲しいこと5.飲み物飲ませて欲しい

先にも書きましたが、分娩室は温かいのです。いきんで大声を出して、と、なんやかんやしているうちにノドがカラカラ。

そういった時の為に、スポーツドリンクやお茶を保冷バッグに入れて準備しておきましょう。使い捨てのストローも数本 一緒に入れておき、必要になったらペットボトルの飲み口に差してスタンバイ!

ちなみに、使い捨てストローも衛生的で良いですが、ストローキャップもオススメです。こちらは洗って繰り返し使用する事ができ、分娩後の入院生活に活用できますから、1つ購入しておくと何かと便利ですよ。

【飲み物を用意してくれた旦那さん①】
私も嫌だったのですが、腰さすって、お茶頂戴と気軽に言える旦那がいてくれて良かったです。 恥ずかしいなんて気持ち吹っ飛びます。 私は次もまた立会いがいいと思ってます。
出典:http://girlschannel.net/
【飲み物を用意してくれた旦那さん①】
立会いでした!
あまりに私が痛がる姿を見て、出産後ありがとうと感謝され、涙まで流してました。
私もお茶飲みたい時とか、助産師さんに頼むより旦那に頼む方が頼みやすかったので立会いで良かったと思っています
出典:http://girlschannel.net/

して欲しいこと6.上手に励まして欲しい

出産は、とにかく、痛い。とてつもなく痛いです。もちろん痛みは人それぞれですが、大多数の方は痛みで悶絶する事でしょう(初産の方、怖がらせてスミマセン)。

痛みに耐えている奥さんに対して、単純な「がんばれ」などの励まし文句は怒りを買う恐れがありますので、今後の明るい展望を伝えるような励まし方をオススメします。

「赤ちゃんが産まれたら、〇〇(奥さん)の好きな物、たくさん食べに行こうな!」

「赤ちゃんが産まれたら、3人で遊園地(テーマパーク)へ行こうな!」などは いかがでしょうか?

また、「痛いよな!お腹の赤ちゃんも一緒に頑張ってるよ!」と、奥さんの感じている痛みに共感を示すような言葉がけも良いですね。

【励まし上手な旦那さん】

辛くて心折れそうになった時には一緒に公園行こうね、とかママに会いたがってるよとか励ましてくれたし。分娩室に入ってからも水を飲ませてくれたりうちわで扇いだり、一人だったらどうしてたんだろうと思うくらい大活躍でした。

出産後は感動で疲れを忘れた私に反してぐったりした姿を見て、産む本人は必死に頑張るだけでいいけど見てる方は見てる方で相当辛かっただろうなーと思いました。 産後のレスもなく2人目も生まれとってもいいパパです^ ^

出典:http://girlschannel.net/

して欲しいこと7.リップクリームを塗る

リップクリームは、冬場の出産には必需品なのだそうです。冬の乾燥した空気にさらされ、加えて分娩室の室温で さらに乾燥し、いきんでいる最中に唇が荒れたり割れたりしてしまう事もあるのだとか!

水分補給するだけだと、唇は直ぐに乾いてしまいますから、奥さんの唇が乾燥しているようであればササッとリップクリームを塗ってあげましょう。

こういった小さな気遣いが、意外と記憶に残ったりするものですよ。

【リップクリームを塗ってくれた旦那さん】

夜中から陣痛が始まって、旦那は急遽会社を休んで朝に病院へ付き添ってくれました。陣痛促進剤を使ったので、その日の昼過ぎにあっという間に生まれました。

陣痛室にいるときは、飲み物を飲ませてくれたり、腰をさすってくれたり、リップクリームを塗ってくれたり、かいがいしく動いてくれてすごく助かりました。心強かったです。

出典:http://chiebukuro.yahoo.co.jp/

立ち合い出産を希望するなら…

出産の現場は、テレビドラマでよく再現されるような、キレイで生易しいものではありません。

立ち合い出産を希望しているご夫婦は、お互いに「本当に立ち合いで大丈夫か」しっかり確認しておきましょう。

奥さんは”旦那さんに期待しすぎない”

出産中、奥さんは本当に大変な思いをされるでしょう。1つの愛おしい命をこの世に産み出す瞬間まで、壮絶な痛みに耐えなければならないのですから。

そんな状況下で、奥さんの期待する通りの働きをしてくれる旦那さんなど、ハッキリ言って皆無に等しいのです。

お産の現場で活躍してくれるかなんて、旦那さんが医療従事者でない限りは無理だと考えた方が自然という訳。

「うちの人なら きっと ああしてくれる!こうしてくれる!」と過度な期待を寄せ、いざ立ち合い出産となった時に旦那さんの思わぬ失態を見てしまったら。。。

期待し過ぎさえしなければ ほんの少し味わうだけで済んだ”ガッカリ感”が、何倍にも増してしまう事に!

「出産の大変さは男の人には分からないだろう」「だから、もし情けない事をしても大目に見よう」

そんな大らかな気持ちで、旦那さんの働きには ちょびっとだけ期待するようなスタンスでいると良いですよ。

旦那さんは”自分に出来る事を全力でする”

旦那さんは、先述の通り 汗を拭く・飲み物を飲ませる・ウチワで扇ぐ、などなど、出来る事を全力でやりましょう。

時には、奥さんに「そうじゃない!」「触らないで!」と言われてしまうかも知れません。でもそれは、どうか大目に見てあげて下さい。

出産って、本当に大変なんです。言葉では言い表せないくらいに。苦しくて苦しくて、痛みのあまり つい語気を荒らげてしまう事もあるのです。それでも めげずに、”今 自分が出来る事”に集中しましょうね。

夫婦で立ち合い出産当日のイメトレを!

イメージトレーニングって、やるのと やらないのとでは大きく違いますよ。

「私が分娩室に入ったら、飲み物・タオルなどの入ったバッグを持って、一緒に入ってね」

「私が『さすって』と言ったら さすってね」

「飲み物には必ずストローをさしてね」

このように、奥さんが具体的な要望を旦那さんに伝え、それを元にイメトレをしましょう。

ちなみに筆者の友人が2人目を妊娠、そして臨月を迎えた頃。旦那さんと”立ち合い出産”のイメトレを何度かしたそうです。産後の彼女に、イメトレの重要性を教えてもらいました。

【イメトレの効果を実感・友人談】

1人目の時、ハッキリ言って旦那は使い物にならなかった。でも、2人目の時、イメトレをしておいたからか、旦那に対してストレスがなかったよ。

飲み物もちゃんとストローを入れてくれたし、冬だったからリップクリームも塗ってくれたし。当日必要なものを実際にそろえてイメトレをしたのが良かったみたい。

そして彼女は現在、3人目を妊娠中。今度もまた、立ち合い出産を希望するそうです。夫婦仲も円満で、とても幸せそうでした。

これから出産を控えていらっしゃる方は、ぜひ旦那さんと一緒にイメトレをしてみて下さいね!

この記事を読まれているのは、きっと臨月の方なのかなと思います。マタニティライフも、残り僅かですね。皆様の安産を、そして赤ちゃんの健やかな誕生を心から お祈り申し上げます。

それでは!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします