1歳~3歳児

3歳児の親や友達とのコミュニーケーション特徴とコミュニケーション能力を伸ばす方法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

3歳児は言葉を最も多く覚える時期と言われており、会話も3語文以上を使ってかなり喋れるようになります。

それに伴って、親や友達とのコミュニケーションも2歳児までとは変わってきます。親としてはどのように3歳児と関わっていけばいいのか?疑問に思う時もあるでしょう。

今回は、3歳児の親や友達とのコミュニケーションの特徴と今の時期にしかできないコミュニケーション能力を伸ばす方法をご紹介します。



3歳児のコミュニケーション特徴(対親編)

3歳って難しい時期だったなって今も凄く思います。

赤ちゃんではないから全部ママが世話するのはおかしいし、でも幼児としては出来ないことの方が多いから、手伝うのが多くなるけど、手伝われるのは嫌!と反抗的だし・・・と、ママの立ち回り方が重要な年齢だったと感じます。

特徴1、自分で出来る!という自信を持つ時期

3歳になると、知能が発達し、それに合わせて、運動能力も飛躍的に上がり、出来る事が増えるので、「自分は何だって出来る!」という自信に満ち溢れる時期になります。

子供の自発性を認めつつ手伝いたいのはじっと我慢、失敗したらフォローし、出来たら大げさな位褒める!子供の自信を育てるためのコミュニケーションが必要になります。

特徴2、なぜ?どうして?のコミュニケーション

3歳になると何にでも興味を持つようになります。息子が3歳の時に質問されて一番困ったのは、「どうして太陽があるの?」「どうして太陽はあそこにあるの?」という、私の薄い知識でいったいどう回答したらいいのか・・・?と大変でした。

このなんで?どうして?の時期は、一方的に答えるのもNG、分からないと答えるのもNGなんです。

どうしてかな?何か理由があるのかな?と一緒に考え、分からない時は図書館や博物館などを利用し、答えにたどり着くまでコミュニケーションを取ることで、子供に問題を解決する能力を身に着けさせることが出来るそうです。

特徴3、子供と親の立ち位置が変わってくる年齢

1歳2歳ごろは、お友達と喧嘩したら、仲直りの方法をママが教えたり、道を歩いていてもママが全部注意したりします。

3歳からはまずは自分で、出来ない時や気づけない時はママが後ろからそっと教えてあげる、そんな立ち位置に変わってくる時期です。

ママと一緒の時期から、一人立ちし始める時期なので、「これはこう!」と最初から答えを示すのではなく、まずは子供から行動するのを待って、反応が無ければ「道路を渡る時はどうするんだっけ?」と答えを促す様にしましょう。

3歳児のコミュニケーション特徴(対友人編)

3歳になるとお友達と一緒に遊ぶことが多くなる時期です。一人遊びに集中していた2歳から、お友達がやっていることに興味を持って、「一緒にやりたい」と環の中に入ろうとしていく年齢です。

お友達との関係もおもちゃを取った!取られた!から、どうぞ、ありがとう、の貸し借りが出来るようになりますよ。

特徴1、ケンカを自分たちで解決出来るようになる

3歳になったら、お友達とのケンカにママも先生も最初は入りません。

横から手助けばかりしていたら、自分たちで解決する力を身に着ける機会を逃してしまうので、言いたいことは伝える、悪いことをしたならちゃんと謝る、お互いの気持ちを考えてコミュニケーションを取っていきます。

特徴2、ルールを理解し、一緒の遊びが出来るようになる

おもちゃの貸し借りや、順番待ちを覚えられるようになるため、一緒に滑り台を滑りに行っても順番でケンカすることや、お砂場でおもちゃを使って取り合いになることも減ります。そのため、お友達と接して「楽しい」と感じられることが多くなります。

特徴3、社会性が発達し、ごっこ遊びが多くなる

2歳までの見よう見まねで、同じ遊びをする平行遊びから、コミュニケーションが成り立つごっこ遊びに変化していく年齢でもあります。

お店屋さんとお客さん、おままごとでお父さんとお母さんなど、日常生活のことを模して遊ぶようになります。

周囲の言葉遣いに要注意

3歳は物事の吸収がとても速いため、ママパパも普段から会話の内容や口調に気を付けないと、おままごとで子どもに真似されて周囲に生活感が駄駄漏れになることもあり、注意が必要です。

子供はママパパのコミュニケーションを手本に覚えていくことをお忘れなく!



3歳児コミュニケーション能力を伸ばす方法

幼児期に自分から友達と関わっていくコミュニケーション能力が育たたないと、友だちを作る能力が低いまま大人になると言われています。

コミュニケーション能力を育てるには、基本のやり取りを周りから学ぶこと、注意力を育てることなどが重要です。

方法1、絵本やDVDを上手に利用

テレビに頼り切るのはよくありませんが、コミュニケーションのお手本として、アンパンマンやしまじろうなどの幼児向けアニメを見せるのは効果的です。

「まーぜーてー」「いーいーよー」など、理想的なやりとりを、こうやるんだなと覚えることが出来ます。

絵本を読んであげるときも「○○されて□□ちゃんはどう思ったかな?」と子供に問いかけながら読んであげると効果的です。

方法2、家でもごっこ遊びの時間を増やす

子供の一番の見本はパパママです。だから、子供の見ている時は特に気を付けて、「ありがとう」「ごめんなさい」や、テレビを見ているところに「混ぜて〜」「いいよ〜」と、子供がお友達とも使えそうな簡単な言葉で会話してあげると、子供も真似して使うようになりますよ。

方法3、子供の気持ちをママが答えない

遊びの仲間に入れてほしいとき、ママが「この子も一緒に遊びたいんだって〜入れてあげて〜」と言い、子供は無言のまま・・・という風景をたまに見かけます。

病院でも、「お子さんに聞いているのでお母さんはちょっと待っていてください」と先生が言っているのを待合室で何度か聞いたことがあります。

この代弁行為を子供が話せるようになっても続けていると、子供の説明力や自分のことを伝えたいという気持ちを阻害してしまうので、子供のコミュニケーションのチャンスを邪魔しないようにしましょう。

方法4、先回りして行動しない

子供にプリンだけを渡します。スプーンが無いと食べられませんよね。

この時、子供がスプーンを探すそぶりをしただけでスプーンを持ってくると、自分のしてほしいことを相手にはっきり伝えることが出来なくなります。

「スプーン!」とだけ言われた時も「スプーンをどうしてほしいの?」「スプーン!だけじゃ分からない」と答えてください。繰り返し教えているうちに、「○○したいから□□ください!」と具体的にお話しするスキルが身に付きます。

このように、親が先回りして助けることで、自分で伝えるスキル、自分で解決しようとする力が育たなくなります、3歳になったら、わざと知らんぷり♪も使っていきましょう。


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)


出典:kidspot.com.au

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします