子供の健康・食事

アレルギーが子供に遺伝する確率

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

top

赤ちゃんを授かったときの喜びはとても大きいものです。と同時にいろいろな心配事もでてきます。そのひとつがアレルギーではないでしょうか。私も小さいころは喘息で入退院を繰り返していました。私の母もやはり喘息があったそうです。

どうやら子どもには受け継いでもらいたくないアレルギー体質には、遺伝性が強い傾向があるみたいです。

無事、元気で生まれてきた息子も、いつ喘息の発作が起こるのか、ずっと心配していましたが、幸いにも深刻なアレルギーにはならず、すくすくと育っています。

果たしてアレルギーは子供にどれほど遺伝するのでしょう?これから詳しくご紹介します。



アレルギーは100%遺伝するものなの?

no2
http://www.woodcrestchurch.org/

体型やクセ、体質などは、遺伝するとよく言われていますが、アレルギー体質も遺伝するのでしょうか。

両親ともにアレルギーの場合は?

親がアレルギーを持っている場合、やはり遺伝因子は子どもにも引き継がれる確率が高まります。ママかパパ、どちらかがアレルギー体質の場合は、約30%の確率で。両方ともにアレルギー体質だと約50%の確率で、子どもにアレルギー体質が遺伝するという追跡調査の結果もあります。

両親ともアレルギーでなければ大丈夫?

では、両親ともにアレルギー体質でなければ、子どもも100%大丈夫なのか、というと一概にはいえません。約10%の子どもにアレルギー症状が出るといわれています。これは、ママやパパも実はアレルギーの遺伝子を引き継いでいながら、ただ症状として出ていないだけなのかもしれないからです。

上の子がアレルギーだと下の子も心配?

no7
https://dninews.com/
上の子がアレルギーだからといって、必ずしも下の子もアレルギー体質だとは限りません。もちろん、生活環境が同じなので、喘息などにかかる確率は高まりますが、ハウスダストなどに注意を払っていれば、予防することはできます。遺伝子が全く同じとされている一卵性双生児でも、二人とも喘息を発症する確率は50~60%だといわれています。

アレルギーってなに?

Girl suffering from allergies outdoors
http://www.huffingtonpost.com/
アレルギーで最も有名なのが「花粉症」でしょう。その他にも食物アレルギー、金属アレルギー、猫アレルギー、アトピー性皮膚炎や喘息もアレルギーの一種です。

アレルギーは過剰な防衛反応

アレルギーとは、防衛反応の暴走です。防衛反応というのは、人間に本来備わっている生命維持装置のようなもの。外部から生命を脅かすような異物が侵入してきたときに、それを排除しようとして戦います。

その戦い方はさまざまで、熱に弱いウイルスが侵入してきたら、熱を上げて死滅させます。花粉が鼻や目から入ってこようとすれば、くしゃみや涙で応戦します。のどから粉塵や細かなほこりが入り込もうとすれば、咳や痰によって、外に出そうとします。

ところが生命を脅かす敵ではないものに、過剰反応するのがアレルギーです。特定の原因となるアレルゲンに過剰反応して、熾烈な戦いを始めるため、さまざまな不快な症状があらわれます。

親と同じアレルギーとは限らない

アレルギーの厄介なところは、アレルギー体質を受け継いだとしても、それが同じ症状だとは限らないということです。つまりどのような形でアレルギーがでるのか、わからないということです。

たとえば、ママが喘息だった場合、必ずしも子どもは喘息としてアレルギーを発症するのではなく、もしかするとアトピー性皮膚炎として症状が出るかもしれません。パパが蕎麦アレルギーだったとしても、子どもは蕎麦には反応せず、卵アレルギーかもしれません。



アレルギーと向き合う

no3
http://www3.imperial.ac.uk/
アレルギーはたとえ遺伝子を持っていたとしても、100%発症するわけではありません。むしろママやパパがアレルギー体質だったら、子どもには発症しないように環境を整えてあげるという心構えもできるはずです。

環境アレルギー

no4
http://www.batescleaning.com/
まず赤ちゃんのアレルギーの原因を突き止めるのが先決です。吸い込むことで起こるアレルギーの原因としては「花粉」「ペットのフケ」「カビ」「ほこり」を疑います。これはとにかく掃除をこまめにして、空気清浄機などを置くといいでしょう。

食物アレルギー

no5
http://www.youshouldknows.com/
食物アレルギーとしてよく知られているのが「乳製品」「卵」「大豆」「ピーナッツ」「魚」「小麦」です。
どれが原因かわからない時には、これらの食品すべてを2~3週間除去します。もし赤ちゃんのアレルギー症状が劇的によくなるようなら、それぞれの食品を1回に1種類ずつ食べさせてみて、どれがアレルギーを引き起こしているのかを確かめましょう。

母乳で育てているママも、もし赤ちゃんに湿疹が出ているようなら、自分の食事で同じことを試してみましょう。

アレルゲンを突き止めてもらう

no6
http://www.kevinmd.com/

軽いアレルギー症状なら、子どもは成長とともに克服していくことでしょう。しかし、重度のアレルギー症状、たとえばアナフィラキシーによって死に至るような危険性がある場合には、そのアレルゲンを特定することが命を守ることになります。

皮膚科でパッチテストを行うことで、おおよそのアレルギーを起こしている特定物質を見つけることができます。そうすることで、食べ物でもなにもかも排除するのではなく、特定のアレルゲンだけを排除することで、アレルギーから身を守ることができます。


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)


トップ画像出典: http://www.abc.net.au/

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします