妊活・べビ待ち

タイミング法で妊娠率を上げる方法を徹底解説!自宅でできる方法と病院での方法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

最近では「妊活」という言葉もすっかり浸透したなと感じますが、妊活の中でも「不妊治療」に関してはややこしくてわかりづらい部分があったり、人に聞きづらかったりでなかなか踏み出せない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、不妊治療の初歩的な方法であり病院に行かなくても実践することができる「タイミング法」について詳しく説明したいと思います。



妊娠率アップにタイミング法が効果的な理由と成功確率

週に2~3回セックスをしている夫婦は、夫婦ともに問題がなければ1年間で80%の割合で自然妊娠するというデータがあります。しかし、妊娠しない場合も。。。。

そんな時に妊娠率をあげるために効果的なのが「タイミング法」です。

なぜ、タイミング法で妊娠率がアップするのかというと「妊娠しやすい排卵の時期にタイミングを合わせてセックスをするから」

卵子や精子にはそれぞれ寿命や受精可能期間があるので、出会うタイミングを合わせてあげるだけで自然妊娠の受精・着床率がアップするのです。

この「卵子と精子の寿命や受精可能期間」はタイミング法を成功させるために非常に重要な知識となりますので次に詳しく紹介しますね。

精子の寿命と受精可能期間

精子の寿命は平均で射精後2~3日、長くても1週間程度です。射精後20分で子宮に到達しますが射精直後の精子は受精能力がありません。

射精後5~6時間経ってから受精可能運動ができるようになり、そこから1日半程度受精可能だと言われています。

【↓射精後約5〜36時間が受精のベストタイミング】

出典:blerdology.co

長くて1週間ほどの寿命がある精子ですが、1日半を過ぎるとただ生きているだけでほぼ受精はできないのです。

卵子の寿命と受精可能期間

卵子の寿命は排卵後1日と短く、しかもそのうちで受精可能なのは排卵後のたった6~8時間というわずかな期間です。

【↓排卵後約6時間程度が受精のベストタイミング】

出典:blerdology.co

排卵が、基本的には約1ヶ月に1回、1つの卵子だけだということを考えると偶然に妊娠する可能性の低さに気付かされますね。

精子と卵子が受精するベストタイミング

妊娠するためには、精子と卵子が「受精可能期間」の間に出会うことがとても大事になります。

【↓精子と卵子が新鮮な時期を重ねる】

出典:blerdology.co

浅田レディースクリニックの浅田院長はこのように言及↓

「排卵してから精子がやってきて出会うより、精子が卵管に入って待機している時に排卵が起こるほうが妊娠しやすいとされます」

また、米国の生物統計学者のデビット・ダンソン博士は妊娠を希望するカップルを集めて実験をしたところ以下のような結果が出ています。

【妊娠しやすい6日間】
排卵日5日前から排卵日当日までの6日間にセックスをすると妊娠しやすい。

【最も妊娠やすい日】
排卵日の2日前にセックスをするのが一番高い確率で妊娠をする。

つまり、排卵日の日にセックスをするよりも前の日、できれば2日前にセックスをするのが妊娠率を高めるベストなタイミングということです。

出典:news-postseven.com

タイミング法の成功率はどのくらい?

タイミング法の成功率は、5周期(5回タイミング法を実践)で約90%と言われています。

つまり、月一回を5ヶ月にわたり実践するとおおかた妊娠できるというわけです。

タイミング法のやり方

タイミング法のやり方は実にシンプル。排卵のタイミングを狙ってセックスをするだけです。

ステップ1、基礎体温計と体温表を購入する

まず基礎体温を測るための体温計と体温を記入するための基礎体温表を購入することから始めましょう(基礎体温を記録するアプリもあります)

なお、測定した体温を記録してくれる高機能タイプの体温計もあります。

普段、熱を測るのに利用しているような体温計では体温が少数点第一位までしか表示されないのでNGです。

基礎体温を測る場合は、排卵日を特定するために細かな体温の変化を知れる必要があります。そのため、小数点第二位まで表示される基礎体温計で測る必要があるのです。

基礎体温計は実測方式と予測方式、電子計と水銀計など様々な種類がありますが、自分が使いやすいものを選んで大丈夫です。時間がかかっても良いから正確な体温が知りたい人は水銀体温計もしくは実測方式の電子体温計がオススメです。

一方、毎朝のことなので短時間で済ませたいと言う人は、予測方式の電子体温計を選ぶと良いでしょう。もちろん価格は高めですが、手間を省きたい人や忙しい人にはピッタリですね。

どんな基礎体温がいいのかは以下の記事を参考にされてください。

【関連記事】
【妊婦10人に聞いた】1番おすすめの基礎体温計は?

ステップ2、基礎体温を測り、記録をつける

まずは基礎体温を測ることから始めましょう。

基礎体温を測ることで

・排卵日が特定できる(妊娠しやすい日がわかる)

・妊娠したかどうかがわかる(高温期が21日続くと妊娠の可能性が高いと言われています)

・次の生理日がわかる

などのメリットがあります。

最低3ヶ月測れば、自身の排卵日がだいたい予測できるようになりますよ。

【関連記事】

高温期ってなに?高温期の体温の目安と基礎体温の正しい測り方

基礎体温の測り方

基礎体温は普通の体温測定とは違い、口の中で測ります。脇で測ると体温が安定しないので、正確な数値が出づらいからです。体温計を舌の下、一番奥の真ん中に挟み込んで動かさないようにして測りましょう。

【↓舌の下に挟んで測る】

出典:takakikanpo.com

また、人間は動いたり食事をしたりするとわずかながら体温が上昇してしまいます。基礎体温は「何もしていない状態の体温」のことなので、目が覚めて何もしていない状態で測らなくてはいけないのです。

測り方については以下の動画がわかりやすいので参考にされてください。

【基礎体温の測り方】

理想は毎朝同じ時間に測ることです。そうすると、ブレの少ない体温を測定することができるからです。とはいえ、毎日同じ時間に!と考えてしまうとストレスになってしまいますよね。

時間にこだわりすぎて挫折してしまうよりは多少アバウトでも良いので継続して測ることが肝心です。ただし、大きく時間がずれてしまった場合は測った時間をメモしておくと良いでしょう。

理想は朝の測定ですが、どうしても朝測れないとか、忙しくて忘れがちだと言う人は夜でも大丈夫です。夜に測る場合も毎晩同じ時間に測定し、はかる前の30分間は布団に寝転んでじっとしておきましょう。

少しでも動いてしまうと体温が上昇してしまうので正確な数値が測れません。目が覚めたら起き上がる前に体温を測ってしまいましょう。そのために、枕元に体温計を置いておくと良いでしょう。

もし、うっかりトイレなどに立ってしまった・・・と言う場合は、その後30分安静にしてから測定すればOKです。測り忘れてしまっても、その日は飛ばして次の日からまた測り続ければ大丈夫ですよ。

基礎体温以外の情報を記録しておこう

基礎体温表には体温だけを記入していればOKというわけではありません。その他の情報も、基礎体温の変化や体の状態に影響してくるため記録を残しておきましょう。

測る時間のズレや前日の行動など、体温の変化に関わりそうだなと思ったら小さなことでも記入する習慣を付けておくと良いでしょう。

また、生理日には✕、セックスをした日には◯を付け、おりものや不正出血など女性特有の症状が見られた場合はそれらも書き込んでおいてください。

睡眠時間が少なかったり、冬に電気毛布を使ったり、前日にアルコールを飲んだりといったことも体温に少なからず影響していますので、記入しておくと良いですね。

書き込まれている情報が多ければ多いほど体の状態が把握しやすくなりますし、もし、今後産婦人科に行くことになった場合にもとても役立ちます。

ステップ3、タイミング法の実践!排卵日を予測しセックスをする

最低3ヶ月基礎体温を測ったら、大体の排卵日を特定できるのでタイミング法の実践に移ることができます。

とは言え、排卵があるのは1回の月経周期のうち1回だけで、基礎体温表をきちんと付けていても排卵日をピッタリ確実に特定できるわけではありません。

ですから、体温の変化から「このあたりが排卵日だろう」と思われる日を数日間特定し、そのあたりにセックスのタイミングを合わせるのです。

排卵日は最低体温日とその前後2日間

理想的な基礎体温のグラフは、高温期と低温期がくっきり二相に分かれている状態です。その中で最低体温日とその前後それぞれ2日間に排卵があると判断します。

【↓高温期と低温期がくっきり分かれている理想の体温グラフ】

出典:基礎体温とは?高温期は何度?妊娠や生理のタイミングがわかるの?

排卵日の日ごとの確率

最新の医学によると、最低体温日の前日~最低体温日の翌々日の4日間に排卵する可能性が最も高いと言われています。

日ごとの排卵の確率を細かく見ていくと以下のようになります。

【日ごとの排卵日の確率】

最低体温日の前日は5%
最低体温日は22%
最低体温日の翌日は40%
最低体温日の翌々日は25%

となり、最低体温日の翌日に排卵する可能性が最も高いとされているのです。

基礎体温に問題がある場合は産婦人科を受診しよう

一般的な生理周期(生理開始日から次の生理の前日までの日数)は28~35日くらい。たまにズレがあっても7日以内なら問題ないでしょう。

周期が22日以内だと「頻発(ひんぱつ)月経」と呼ばれ、卵子が十分に成長していない可能性があります。

一方、39日以上だと「稀発(きはつ)月経」と呼ばれ、これまた卵子トラブルの可能性があるので共に注意が必要です。

また、低温期と高温期が二相に分かれていない場合、生理があっても排卵のない「無排卵月経」の可能性があります。

二相に分かれていても温度差が少ない場合は、黄体ホルモンが少ない可能性があり不妊に繋がりかねません。なお理想の温度差は0.3~0.5℃です。

基礎体温をチェックして、これらの異常が見られる場合は産婦人科への受診をオススメします。

排卵日の特定法は他にもある

一般的なのは基礎体温から排卵日を特定する方法ですが、他にも排卵日を知る方法があります。

1、排卵日検査薬で特定する

妊娠検査薬と同様に尿をかけてチェックするスティックタイプの検査薬です。排卵前になるとLHというホルモンが上昇するのですが、このLHは尿でも排出されるので検査薬で検出できます。

基礎体温表と併用するとかなり高い頻度で排卵日を特定できると言われているのでオススメです。

2009年の薬事法改正により医療用医薬品に指定されているためネットでは購入できず国内製品は薬剤師がいる調剤薬局でのみお求めが可能です。

アメリカ製であれば以下のサイトから通販で購入が可能です。

こうのとり検査薬.net

2、アプリで特定する

排卵日計算アプリで排卵日を予測できます。

シンプルで使いやすい「ルナルナ」、妊娠希望or避妊希望でモード選択できる「ラルーン」、操作が簡単な「セレネカレンダー」などたくさんあるので、使い比べて自分好みのアプリを見つけてみるのも良いでしょう。

3、オギノ式計算法で特定する

排卵直後に形成される「黄体ホルモン」の寿命が14日であることを利用した計算方法です。

月経周期は人によって差がありますが、黄体ホルモンの寿命はほとんどの人が14日で一致しているので月経周期ー14日=月経開始日から次の排卵までの日数という計算で排卵日を割り出すことができるのです。

例えば月経周期が28日の人の場合、上の計算法に当てはめると月経開始日から14日目が排卵日だということになります。

ただし、オギノ式は月経周期が一定であることを前提とした計算方法なので生理不順だったり、体調などで月経周期が変動してしまったりする人は排卵日の特定が難しいです。

排卵日の計算方法については以下の記事も参考になると思います。

【関連記事】
正しい排卵日の計算方法と妊娠しやすいタイミング

タイミング法を始めたら葉酸サプリを飲むのがオススメ

タイミング法の実践を始めたら、併せて葉酸サプリの摂取を始めることをオススメします。

「妊娠したら葉酸の摂取が必須」と思っている女性の方が多いかもしれませんが、実は妊娠の1ヶ月前くらいから摂取するのが望ましいのです。

何故かと言うと、葉酸には細胞分裂を促す効果があるので、赤ちゃんの細胞や血液を作ってくれる働きがあり、先天性異常を予防する働きもあります。

臓器の中でも脳など赤ちゃんにとって大切な臓器は妊娠のごく初期に形成されてしまうので、それらの臓器の形成がうまくいくようにするためにも、妊娠検査薬で判定が出る前から十分な量の葉酸を摂取しておくことが必要なのです。

葉酸を摂取すべき理由については以下の記事で詳しく紹介しています。

【関連記事】
産婦人科医も推奨する!妊娠中に葉酸を摂取するべき理由とは?メリット4つ

妊娠率アップのためにできる食べ物や生活習慣について

葉酸の摂取は赤ちゃんのために必要なことですが、それとは別にタイミング法での妊娠率をアップさせる食べ物や生活習慣があります。また、逆に確率をダウンさせてしまう食べ物や生活習慣も・・・。

早く妊娠したい!と思っているのであれば、無理のない程度で取り入れてみるのも良いでしょう。

1、冷えを改善しよう

女性にとって妊娠しやすい体温は36.5度と言われています。最近では平熱が35度台という、いわゆる低体温の方も珍しくありませんが、妊娠しやすい体作りのためには生活を見直して体温アップを目指した方が良いでしょう。

また、平熱が理想通りと言う場合でも体の冷えは大敵です。もともと、女性は冷え性の方も多いですので、妊娠を望んでいるのであれば体を冷やすことはできるだけ避けましょう。

冷えを改善する食事を食べよう

冷えの改善には根菜や生姜など、体を温めてくれる食材がオススメです。飲み物では発酵茶である紅茶が良いので、温かいジンジャーティーなどは冷えの解消にぴったりです。

基本的には

【冷え改善にオススメの食べ物】

冬が旬の食べ物
寒い地方で取れるもの
色の濃い食べ物

などは体を温める効果があるので参考にしてみてください。

生活習慣においてはシャワーだけではなくきちんと湯船に浸かる、しっかりと睡眠を取る、適度な運動などが効果的です。難しいことは考えずに「栄養バランスの取れた食事と規則正しい生活」を心がければOKでしょう。

冷えと妊娠の関係については以下の記事詳しく紹介しております。

【関連記事】
不妊の原因は冷え性にある!冷えるとなぜ妊娠しにくい?

妊娠したい女性必見!妊活に効果的な食事は「赤」と「黒」の食材だった

また、不妊症を改善する食べ物については以下を参考にしてください。

【関連記事】
女性の不妊症を改善する食べ物5選

2、妊娠率を下げる食べ物は控えよう

カフェインや甘いものの取り過ぎは妊娠率を下げてしまいます。

また、妊娠を望んでいるのであればタバコは絶対にNGです!本人はもちろんのこと、副流煙でも影響を受けてしまうので夫にも禁煙をしてもらいましょう。



タイミングばかりを気にしすぎるとかえって妊娠しにくくなる!?

タイミング法はセックスのタイミングを排卵日に合わせるだけの、シンプルな方法です。

排卵日の特定が難しいとは言え、夫婦ともに婦人科的な意味で異常がなくタイミングさえ合えば成功率も高く簡単な方法の様に思えるかもしれません。

ただし、タイミングを気にしすぎるとかえって妊娠率が下がってしまうので注意が必要です。

気持ちのズレが不妊や夫婦仲の悪化につながる

タイミング法も1回目、2回目くらいまでに成功すれば問題ないでしょう。しかし、3回目、4回目と繰り返すうちに、特に妊娠を強く希望している女性の場合は焦りが出てくることもあります。

次こそは絶対に!という強い気持ちゆえ、(言い方は悪いかもしれませんが)夫に義務的なセックスを強要してしまうようなケースも。

一方の夫は、そんな妻の様子にかえって冷めてしまい、非協力的な態度を取ってしまったり・・・。男性にとって、日にちを決めて行われるセックスはストレスの原因になることもあるのです。

こうして、妻が頑張れば頑張るほど夫はプレッシャーを感じて気持ちが冷めていき、夫婦間のズレがどんどん大きくなってしまうこともあり得るのです。

義務的なセックスが妊娠率を下げる

実は、心も体も冷え切ったまま義務的に行うセックスでは妊娠率が下がってしまいます!

例えば女性のオーガズムは、体内の血行を良くして子宮の温度を上げ、妊娠しやすい状況を作るという大切な意味があります。行為中も、心と体が十分に温まった状態であれば、より妊娠しやすくなるというわけなのです。

タイミング法を実践する以上、タイミングを合わせることはもちろん大事ですがタイミングに振り回されないようにすることも大事です。

排卵日はあくまで予測なので、「排卵日じゃなかったはずなのに妊娠していた」という例もあります。最初にも書いたとおり、週2~3回セックスを行っている夫婦は、特にタイミングを合わせなくても1年以内に80%は妊娠するという結果も出ています。

タイミング法の成功率は5周期で約90%。少なくとも半年程度は焦らず、タイミングを逃しても「また次があるわ~」くらいに考えて、頑張りすぎないことがとても大切なことなのです。

5回実践しても妊娠しなかったら産婦人科へ

先程も書いたように、5回(5周期)実践すれば約90%の夫婦は妊娠します。つまり、半年程度自宅でのタイミング法を実践しても妊娠しない場合は自分では判断できない理由が考えられます。

ですから、産婦人科を受診して指導してもらったり、何か原因がないか検査してもらったりといったことをする必要があるというわけなのです。

「それでも生理はきちんと来ているから産婦人科へは行きにくいし、もうちょっと自宅でのタイミング法で頑張ってみようかな~」なんて考える方もいるかもしれません。

しかし、タイミング法は長く続けたからといって成功するというものではありません。

むしろ長く続ければ続けるほど成功率が下がっていきますし、5周期以降は妊娠の可能性があまり期待できないと言われています。

自宅でのタイミング法を5周期行っても妊娠しなかった場合は、割り切って産婦人科へ行くことをオススメします。

産婦人科へ行くメリット

産婦人科で受診する最大のメリットは「超音波検査でより確実な排卵日を予測できる」ということです。月経中から月経直後の受診で卵胞の育ち具合から異常がないかチェックし、大体の排卵日を予測します。

そして、前回予測した排卵日の直前に受診して超音波で卵胞の大きさをチェックすることで、より正確な排卵日を割り出すことができるのです。

また、一般不妊検査や夫の精子に問題がないかなども併せて検査してもらえます。

晩婚夫婦は特に早めに受診しよう

晩婚化が進んだ影響もあり、特に健康上の問題がなくても不妊に悩む夫婦が増えてきているのが現状です。

特に女性の場合、33歳頃を目安に卵子の老化が始まるので、排卵日前後にセックスを行っても妊娠の確率は加齢とともにどんどん下がっていってしまいます。

これは女性に限ったことではありません。男性の場合も、35歳を過ぎると精子の運動量や量そのものが少なくなってしまうので、妊娠しにくくなるのです。

ですから、晩婚で早めに子どもがほしいと考えている夫婦の場合は自宅でタイミング法を頑張るのは3周期程度までにして、早めに産婦人科を受診した方が良いと言えるでしょう。

費用はどのくらいかかる?

自宅だけで行うタイミング法と比べると、もちろん費用はかかってしまいますが保険適用もあるので他の不妊治療と比べるとそれほど費用はかかりません。

病院や治療内容によっては自費になる部分も多くなりますが、一般的には1周期ごとに5,000円~10,000円程度の治療費で済むようです。

筆者のタイミング法体験談

実は筆者自身も、タイミング法により赤ちゃんを授かりました。

筆者の場合はもともと無排卵(というより月経そのものがこない)だったので、最初から排卵誘発剤を使った上でのタイミング法ではあったのですが・・・。

しかし、排卵誘発剤で排卵を起こした上でタイミングを合わせてセックスを行った場合の妊娠率の高さは実感しました!

上の子の時は、2周期目のチャレンジで妊娠→極初期に流産(妊娠初期の流産は珍しいことではありません)3周期目に妊娠!

下の子の時は、産婦人科での治療では卵巣が腫れてしまいうまく行かなかったのですが、不妊専門病院に通い始めてなんと1周期目のチャレンジで見事妊娠しました!

自分で分かるような異常が無いとなかなか産婦人科には行きづらいかもしれません。しかし受診することで新たにわかることもたくさんあります。

年を重ねれば重ねるほど、妊娠率がダウンしていってしまうのは間違いありません。「早く子どもがほしい!」と思っている方は特に、一度受診してみてはいかがでしょうか?


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします