家計・暮らし

傷病手当金の基礎知識と受給に関する注意点3つ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

あなたやあなたのご主人が突然病気やケガで働けなくなってしまった時、生活の保障として頼りになるのが、『傷病手当金』という制度です。

筆者は数年前、主人がうつ病で倒れ、会社を1年半も休職した経験があります。

その間に大変お世話になった傷病手当金ですが、受給する際にいくつか失敗をし、大変な思いをしたこともありました。いざという時のため、知っておきたい傷病手当金の受給に関する注意点をお教えします。



傷病手当金とは?

0b8bd3e
media.licdn.com
傷病手当金とは、会社の健康保険組合に加入している被保険者が、業務外の病気やケガなどで就労出来ない状態になった時に支給される生活保障のための給付金のことです。

これは国民健康保険に加入している自営業の人にはない、会社員や公務員のための制度です。

支払いを受けるための条件4つ

1、業務外でのケガ・病気により、入院や自宅療養が必要な状態であること。

2、就労が不可能であること。

3、連続3日仕事を休み、4日以上仕事に就けない状態であること

4、会社を休んでいる期間、給与の支払いがないこと。

以上の4点を全て満たしていれば、傷病手当金が受けられます。ただし、自動的に支払われるものでななく、自分で申請する必要があります。

いくらもらえるの?

傷病手当金の支給日額は、「(支給開始日の属する月以前の12か月間の各月の標準報酬月額を平均した額)÷30日×2/3」となっています。

少しわかりにくいですが、ざっくり言えば、休業前の平均給与額の2/3がもらえるということです。健康保険組合によっては、付加給付がつくところもあるようです。

支給期間はどれくらい?

傷病手当金は、傷病のために連続して会社を3日休んだ後、4日目から開始され、最長で1年6カ月支給されます。健康保険組合によっては、6カ月程の延長制度を設けているところもあるようです。

傷病手当金を受けるために必要な手続き

fillingoutapplication
disabilityguide.com

先にも述べましたが、傷病手当金はだまっていてももらえるものではありません。

自身で会社から申請書をもらい、主治医に証明欄の記入をお願いし、会社経由で健康保険組合に申請書を提出しなければなりません。

休業した期間をまとめて申請することも出来ますが、なるべく休んだ月毎に毎月申請した方が良いと思います。そのことについては、次に述べる注意点で詳しく説明したいと思います。



傷病手当金受給に関して注意すべきこと3つ

1.支給開始後、1年半までしか支給されない

woman-with-doctor-650x433
www.lapalomatreatment.com

傷病手当金を受給開始して1年6カ月を過ぎても復職が見込めない場合、それ以降の保障はなくなってしまいます。

健康保険組合によっては6カ月程の延長給付があるようですので、休職期間が長引く時は問い合わせてみましょう。

うつ病などの場合、障害年金の受給を申請すれば、もらえることもあるようです。傷病が長引き、1年6カ月を超えてしまいそうな時は、早めに手続きをした方が良さそうです。

2.同じ病名では二度目の受給は出来ない

kega1
www.kyoukaikenpo.or.jp

傷病手当金は、ひとつの傷病につき1年6カ月の間給付金が支払われることになっています。

1年6か月分もらえるのではなく、『最初の給付から1年6カ月の間』ということです。

従って、復職してまた同じ病気になって再休職をすることになった場合、最初の給付から1年6カ月が過ぎてしまっていたら受給することが出来ません。

例えばうつ病で会社を休み、1年後に復職したとします。

そして半年後にまたうつ病が再発して休職することになった場合、最初に給付を受けて1年6カ月が経過してしまっているので、もう傷病手当金をもらうことが出来ないのです。

そうしたことを考えると、復職は焦らずに、とくにうつ病などの場合は傷病手当金をもらいながらゆっくりと療養して会社に復帰した方が良いと思います。

3.申請書の提出のタイミング

questions-to-ask-doctor-menopause-1280
www.empowher.com

上記2つの注意点は、傷病手当金について調べると必ず出てくることなので、知っている方も多いと思います。これから述べる3つ目の注意点こそ、実際に私が経験して苦労した点ですので、覚えておいて頂きたいです。

傷病手当金の申請は、特にいつまでにしなければならないとか、何日分ごとにしなければならないというきまりはありません。

しかし、休職中は給与の支払いがない状態ですから、なるべく早く申請した方が良いですよね。

さらに、申請できるのは休んだ期間について後払いですから(『休む見込み』では申請出来ません)、後でまとめてもらおうと思ったら、その間ずっと収入がない状態になってしまいますので、月ごとに区切り、毎月申請した方が良いです。

筆者は最初、申請書に医師の証明をもらう際に手数料が掛かったため、毎月手数料を払うのがもったいないと思い、まとめて申請しようとしまいた。

しかし、休職し始めて最初の給与日に、給与明細を見て愕然としました。勤務日が0なので、当然給与額は0円です。

ところが、健康保険や厚生年金の保険料、地方税などは前月までと変わらずに控除されているのです。

つまり、給与額はマイナスとなっていて、逆に会社に支払わなければなりませんでした。給与額に関係なく、毎月の保険料・税金は引かれてしまうということに、この時初めて気づきました。

それから慌てて主治医に証明書を書いてもらい、傷病手当金受給申請書を会社に提出しました。翌月は無事給付金が振り込まれ、その中で控除額を相殺出来たので、会社への支払いは免れました。

こうした経験からも、傷病手当金は給与の代わりをしてくれるものですから、面倒でも毎月医師の証明を受け、提出することをお勧めします。何日までに出せば給与日に間に合うか、会社の担当者に確認しておくと良いでしょう。

まとめ

how-to-find-a-doctor-in-croatia
www.expatincroatia.com

いかがでしたか?

支給額が給与の2/3と聞くと少ないと思うかもしれませんが、休職が長期になればなるほど、傷病手当金のありがたさがわかります。

病気やケガで会社を休まなくてはならない状態になった時は、必ず受給申請をして、治療に専念して下さいね。


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)


トップ画像出典: dychgy.com

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします