1歳~3歳児 育児の悩み・疑問 育児・子育てイライラ

魔の2歳を超える悪魔の3歳イヤイヤ期を乗り切る秘訣とは?【目指せ天使の4歳児】

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

ph1

子供のイヤイヤ期は、成長の通過儀礼。避けて通れぬ道と分かっていても、子供の「イヤイヤ」にうんざりしているママも多いのでは。
特に2歳児は、「魔の2歳」という言葉があるように、日常のあちこちに癇癪の地雷があって、些細なことをきっかけに癇癪を爆発させます。

「3歳になれば、きっと落ち着いてくれるはず・・・」
そんな希望を抱く、2歳児育児中のママ達に悲報です。
3歳児のイヤイヤは、さらにパワーアップします。その名も「悪魔の3歳」イヤイヤ期!
現役で3〜4歳の男女を育児中のママ達は、みんな口を揃えていいます。「魔の2歳なんて可愛いもの!3歳イヤイヤ期は酷い!」と。

2歳と3歳のイヤイヤ期はどう違うのでしょう?
そして3歳イヤイヤ期を上手く乗り越える術はあるのでしょうか?

2歳から3歳の長いイヤイヤ期を越えると、子供は落ち着いて、物事を理解し、意思疎通がとりやすくなり「天使の4歳」と呼ばれるようになります。

そんな「天使の4歳」を育児中のママ達や、現在進行形で「悪魔の3歳」に手を焼いているママ達から、3歳イヤイヤ期を乗り越える秘訣を聞きました。



魔の2歳は、言葉のかわりに体全体で意思表示

ph2

2歳イヤイヤ期は、オムツ替え、着替え、食事、寝ること、遊びをやめること、生活のすべてがイヤ!毎日癇癪を爆発させて、暴れたり、泣き叫んだり、すねたりと体全体で拒絶の意志を表します。これは、「自分はこうしたい」という意志を、つたない言葉で伝えることができず、イライラしていることが原因だと言われています。

2歳のイヤイヤ期の多くは、幼稚園や保育園入園のタイミングや、子供自身の成長とともに、一度落ち着きを取り戻します。
「ようやくイヤイヤ期が終わった!」と安心したのも束の間、3歳のイヤイヤ期がやってきます。

悪魔の3歳が大変なのは、「出来て当たり前」のハードルが上がるから

ph3

3歳は、大きく成長して、「出来る!」が増える時期です。
トイレや洋服の着替え、靴をはくこと、お風呂や寝ること、生活の色々な場面で、一人で出来ることが増えていきます。
さらに体力もつき、お昼寝をしなくなり、日中元気に遊ぶ時間も増えます。
そして会話も上手になり、平仮名や片仮名が読めたり、時間もわかるようになります。

そのため、親も「もうお兄さん・お姉さんなんだから、これくらい出来て当たり前」というハードルが上がってしまい、過度な要求や期待をしてしまうのです。
けれど、まだ3歳は、赤ちゃんからお兄さん・お姉さんへの過渡期。親の思い通りにはいきません。

親が丸め込もうとしても、口が達者な子なら口答えをするでしょう。
知恵がついているので、2歳の頃に誤魔化せたことが、通用しなくなります
そして「自分がこうしたいと思っていることは、癇癪をおこせば叶うに違いない」と考えてワガママを言います。自分でも悪いことをしている自覚はあるので、うまく誘導すれば、2歳のイヤイヤ期よりも早く解決できますが、2歳のイヤイヤ期と同じ対処法は効果がありません。

一筋縄ではいかない悪魔の3歳児、どのような対処法で乗り切ればよいのでしょう?

    ■□■3歳イヤイヤ期を乗り切る秘訣6■□■

  • 秘訣①「○時までね」を有効活用!タイムアウト作戦
  • 秘訣②「ダメなものはダメ!」仏の顔も三度まで作戦
  • 秘訣③「○○をしたら、××しよう」と交渉。ネゴシエイター作戦
  • 秘訣④一度子供と距離を置く。クールダウン作戦
  • 秘訣⑤一人で頑張りすぎないで!イヤイヤ期のパートナー増員作戦
  • 秘訣⑥イヤイヤ期を受け止める、心と時間の余裕を取り戻せ作戦

秘訣①「○時までね」を有効活用!タイムアウト作戦

ph4

時計が読めるようになった子にオススメのタイムアウト作戦。
「まだ遊びたい!帰りたくない!」とダダをこねる子には、時計をみせて「じゃあ長い針が一番上にくるまで遊ぼう」と約束しましょう。約束の時間まで、めいいっぱい遊べば、3歳は2歳と違って「ここまで遊べたから我慢するか」と、徐々に我慢できるようになります。

また朝の忙しい時間に、だらだら着替えたり、朝食をとる子にも、タイムアウト作戦は有効。「○時までに、○○をしよう!」と目標を与えると、ゲーム感覚で乗り気になるでしょう。時間通りに出来た時にはしっかりほめてあげると、達成感も生まれます。

タイムアウト作戦は、時間割で動かなければいけない、小学生に向けた練習にもなるので、取り入れてみたいですね。

秘訣②「ダメなものはダメ!」仏の顔も三度まで作戦

ph5

年下の子からオモチャを奪い取ったり、お友達を仲間はずれにしたり、危険な遊びに興じたり・・・etc.
ママからみると「こらーー!」と叱りたくなることを、3歳児はよくやります。優しく注意しても、話を聞かず、大人の言うことを聞かないならば、断固とした姿勢を見せることも重要です。

この時大事なのは、「ダメなものはダメ!」と押し切るのではなく、キチンとダメな理由も説明すること。3歳はダメな理由を理解する力があり、いくら泣いても仕方ないことを理解すれば、本当に危険なことや、人を傷つけるようなことをしなくなるでしょう。

秘訣③「○○をしたら、××しよう」と交渉。ネゴシエイター作戦

ph6

2歳のイヤイヤ期対処法と大きく違うのが、3歳は「○○をしたら、××しよう」といった交渉の可能性があることです。
2歳が癇癪をおこしている時は、「狂った」「おかしくなった」と形容したくなるほど、どんな言葉も届かないことが多くあります。

けれど、3歳は「あと1回したら、終わりにしようね」「がんばったら、オヤツのリクエストを聞くよ!」といった言葉でケロッと機嫌が治ることも!
意思疎通ができる3歳だからこそ、子供と親の対話が重要になります。



秘訣④一度子供と距離を置く。クールダウン作戦

ph7

どうしても子供の癇癪が終わらない時、親も徐々に苛立ち、冷静でいられなくなるもの。イライラを子供にぶつけてしまう前に、一度距離をとってしまいましょう。

頭に血の上った子供は放って、ママは別の部屋に移動して、お茶を飲んだり、シャワーを浴びて一度気持ちをリセットするのも良いでしょう。
子供が落ち着いた頃を見計らって、癇癪の理由を聞き、これからどうしたいか話し合ってみましょう。

イライラを子供にぶつけて自己嫌悪に陥り、寝顔をみながら反省するよりも、ずっと効果的な方法です。

秘訣⑤一人で頑張りすぎないで!イヤイヤ期のパートナー増員作戦

ph8

イヤイヤ期に一人で対処するのは、非常にパワーがいることです。
2歳は、ママじゃないと、どうやっても泣き止まない子も多いのですが、3歳は、ママ以外の人だからこそ本音を打ち明けられることが多々あります。

    ■□■イヤイヤ期のパートナー候補■□■

  • ・仕事から帰ってきた旦那さんに、仲裁役を頼む
  • ・じいじ、ばあばに子供の言い分を聞いてもらう
  • ・子供のお友達に、癇癪をおこしている子供をなだめてもらう
  • ※3歳は、友達の前では、良い格好をしたがるので、子供の友達に協力してもらうのは、案外効果的です

旦那も、実家や義実家、幼稚園や保育園の先生、ママ友、子供のお友達も巻き込んで、イヤイヤ期に対処していきましょう。

秘訣⑥イヤイヤ期を受け止める、心と時間の余裕を取り戻せ作戦

ph9

ママの心に余裕がない時や、時間の余裕がない時に限って、子供のイヤイヤ爆弾は破裂するもの。そこで、子供の癇癪を受け止められるように、心と時間の余裕を持つように環境を整えましょう。
長いイヤイヤ期を経てきた3歳になれば、その子がどのタイミングで癇癪を起こすのか、ある程度予測がつくようになります。そしてママ達もどのようなシチュエーションでイライラしてしまうのか、振り返ってみましょう。

例えば、夕食準備の時にお腹がすいた子供達がワガママを言って手がつけられなくなるのなら、小腹を満たすもの(チーズ、納豆ごはん、好物の野菜、クラッカー等)を準備しましょう。

もし朝の準備で癇癪をおこすなら、 起きる時間を早くして、余裕をもって準備できるように調整をするとよいでしょう。

外出先で「○○を買って!」とワガママを言うなら、お店に入る前に「××を1個なら買ってあげるよ」と約束をします。 約束以外のものは、買わないと断固たる姿勢を見せていくうちに、外出先で無理なワガママを言うことも減っていきます。

さいごに

ph10

ここまで、「悪魔の3歳」のイヤイヤ対処法をお伝えしてきましたが、幼児教育の研究家・加藤繁美さんによると、イヤイヤ期や魔の2歳児、悪魔の3歳児という定義は、世界共通のものではなく、日・米・欧特有なのだと言います。

幸福の国、チベットでは、イヤイヤ期という定義はありません。チベットの幼児がなにをしているのかと言うと、なんとブラブラしている!
幼児は、ブラブラしながら、人の家にフラッとあがりこんで、ごはんを食べたりしているそうです。

まだこの世に生まれてきて、たった3年、ブラブラしていて当たり前
親の思うとおりにならなくて当然なのです。
「悪魔の3歳」イヤイヤ期をしっかりと受け止めた先には、「天使の4歳」が待っていると思えば、3歳育児に手こずっているママ達にとっても、希望になるのではないでしょうか?


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします