産後

産後の「膣のお湯漏れ」はゆるみが原因!ゆるみ度チェックと対策

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

産後落ち着いた頃、気持ちよく湯船に浸かってお風呂から出てしばらく後、脚の間からちょろちょろとお湯がこぼれて「え?尿漏れ?」そんなご経験はありませんか?

「ちょろちょろ」では済まず、滝のように出てきて足元に水溜りができる、という人もいるこの現象。どうやら尿漏れとは別の現象であるようです。

この現象の原因と改善方法から膣内環境・そして膣のゆるみについての深いお悩みまで、友達にも話しづらい話題をここで解決してください。

何を隠そう上の娘を出産後にさっそく「ちょろちょろ」の洗礼を受け、2人目のあとは「滝派」へと転じた筆者である私。

「人気整体師」である夫から筋肉についての指導を徹底的に受けながらの、体験に基づく「お湯漏れ」克服記をお伝えするとともに、産後ママのデリケートな心にも寄り添います。



悩んでいてもやり過ごしている人が多い膣のお湯漏れ

冒頭・膣のお湯漏れ
http://vkool.com/

入浴後に少量~大量に出てくるものの正体は、尿ではなくお風呂の「お湯」でした。それを証拠に、シャワーで済ませる場合はお湯はほとんど出てこないはずです。

ショーツや服を身に着けたあとにお湯漏れに見まわれると、また着替え直さなくてはなりませんし、温泉施設などでは浴衣を濡らしてしまったりすることも。

濡れて不快であるのはいうまでもありませんが、情けないような恥ずかしいような、かなしい気持ちになりますよね。とはいえ、場所が場所だけに、誰にも言えずにやり過ごす。そんな方も多いようです。

このお湯漏れ、起こる原因は何なのでしょうか。次にご説明致します。

膣のお湯漏れの原因

お湯漏れの原因は「骨盤底筋群」の筋力低下による「膣のゆるみ」です。この膣のゆるみについて、実は心のどこかでひっかかっていたという方も多いかもしれません。

先ほど、入浴後のお湯漏れは尿漏れとは別の現象とお伝えしましたが、骨盤底筋群の衰えという意味では根本は同じ。赤ちゃんを産んで充実した気持ちでいながらも、産後はとかく心身の不安に追いかけられがちです。ひとつずつ、前向きに解決していきたいものですよね。

骨盤底筋群について、次にご説明します。

骨盤底筋群とは

骨盤底筋群とは、膣まわり・肛門周辺などの収縮に関わる筋肉の総称です。

体を前から見た場合、下腹部には、恥骨のうしろに膀胱・子宮頸部・直腸の順に臓器が並んでいますが、その下でハンモック状にこの3臓器を支えているのが骨盤底筋群なのです。

骨盤底筋群が衰える背景とは?

無数にある他の筋肉の多くもそうですが、ただ普通に生きているだけで、骨盤底筋群は重力の影響を受けて衰えていきます。

ここにさまざまな要因が加わることで衰えが加速してしまうのですが、以下にその要因をお示しします。

・妊娠・出産
・加齢
・運動不足
・体重増加・肥満
・立ち仕事・力仕事

特に出産は、骨盤底筋群にとって大きなダメージとなるのが現実です。出産時に膣では赤ちゃんの頭部がくぐり抜けるのですから、膣壁・膣まわりで働く骨盤底筋群も大きく引き伸ばされることで当然大きな負荷がかかりますよね。

しかし、これはいわば名誉の負傷で、なんら恥じることはありませんし、衰えたものは鍛えたりケアしたりして取り戻せば良いのです。

腹筋を鍛えると、お腹が締まります。
臀部の筋力を上げると、お尻が上がります。

それと同じことが、身体の奥深くでも同じようにかなうというわけです。

骨盤底筋群を鍛える=膣のゆるみを改善する方法を実践する前に、あなたの骨盤底筋群衰え度を見てみましょう。

改善する前に現実を知る膣のゆるみ度チェック

ゆるみチェック
http://www.checkpregnancy.com/

【膣の緩みチェック5つ】

□排尿中に、自分の意志で放尿を一時停止することができない

□一度尿意を感じると、我慢するのが難しい

□出産経験がある

□運動不足だ

□笑ったり、くしゃみをしたり、膀胱に尿がたまっている頃合になったりすると、尿漏れをすることがある

お湯漏れで悩んでおられる方は、複数個あてはまるのではないでしょうか。

同じ出産でも、大きな赤ちゃんを出産・多胎出産・複数回出産・高齢出産の場合には、ダメージはより大きいとされています。

膣のゆるみを放っておくとどうなる?

放っておくと
http://myinternationaladventure.com/

骨盤底筋群を衰えるまま放置しておいても、あまり良いことは起こりません。負の可能性を考えてみましょう。

尿漏れ・お湯漏れが深刻になる

女性に多いこれらの悩みは、骨盤底筋群を鍛えなければ回復しません。今よりも状態が悪くなれば、生活に支障が出るかもしれませんよね。

また、膣にお湯が入ることで、特に温泉施設などの公衆浴場では、ご本人の体調などにもよりますが、細菌感染などのリスクも否定できません。弁の働きがあるので、内臓に入り込むことは考えられにくいとはいえ、心配は残ります。

子宮脱

骨盤底筋群の力が弱まり、子宮を支えられなくなると、実際に子宮が膣から出てきてしまうことがあります。これを子宮脱といいますが、これは治療が必要な段階です。

性交の悩み

自分には膣のゆるみがあるのだという思いがあるだけで、パートナーとの性交をためらいがちになることもあるでしょう。

実際に相手から膣のゆるみを指摘されて傷つき、深く悩んでおられる方もいます。相手を満足させられないのではないかという不安は、女性の繊細な性反応にダイレクトに影響します。

症状として性交痛を挙げる方もいますので、そのような場合はますます深刻ですよね。

なかなかこの悩みをパートナーにも打ち明けられず、セックスレスに陥り、夫婦の不仲へとつながるケースもあるのです。

膣ゆるみの対策

骨底鍛えよう

ここからは、対策をご紹介します。

骨盤底筋群を鍛えよう

膣のお湯漏れのみならず、尿漏れや臓器の下垂にも効果を期待できる骨盤底筋トレーニング、少しずつ初めてみましょう。筆者である私が感じた効果も、あわせてお伝えします。

鍛える際のポイントは2つです。

ポイント1

膣・肛門が締まり、上に上に引き上げられることをしっかりイメージしながら、リラックスした呼吸で行う。

これをせずにむやみに力んだりすると、逆に押し広げてしまうことを指摘する専門家もいます。

ポイント2

腹筋・太腿の内転筋・お尻の筋肉を同時に鍛える

全身の筋肉についていえることですが、骨盤底筋群は、それだけが単独で機能するのではありません。これにつながる腹筋や内転筋・お尻の筋肉を同時に鍛えなければ、本当の効果は得られにくいのです。

なお、骨盤底筋は背筋ともつながりが強いのですが、整体師である夫いわく、背筋とは人間の身体の中でもっとも衰えづらい筋肉のひとつだといいます。ここでは、背筋に特化したトレーニングはご紹介しないものとします。

膣トレーニングで骨盤底筋群力アップ

①脚を少し広げて立ちます

②息をゆっくりと吸いながら、5秒間かけてゆっくりと肛門付近を締めていきます。難しい人は、脚の間にクッションやたたんだバスタオルを挟むと、締める感覚がわかりやすいです。

私の場合は、はじめは何かを挟んでもやりづらかったので、肛門というよりも、お尻の両ほっぺの外側をくぼみができるくらいすぼめるつもりでやりました。これでも有効だということです。

③ゆっくりと息を吐きながら、再び5秒かけてもとに戻ります。

10回を1セットとして、理想は1日10セットです。

テレビを見ながら、寝転んだ状態・座ったまま・入浴中など、慣れたらどこでもできるので、意外とクリアできます。運動嫌いな私にもできる簡単な体操です。骨盤底筋を鍛えるゲーゲル体操は有名なものですが、要領は同じだと思います。膣・肛門が引き上げられるイメージを忘れないようにしましょう。

私は3週間ほど続けた時点で、それまでは触れた時に産前よりも下がったように感じていた子宮が、少しもとに戻った気がしました。早い方では、2週間ほどで効果を感じるといいます。

ここまでの情報につきましては、以下の記事を参考にしました。
出典:http://www.skincare-univ.com/
出典:http://www.skincare-univ.com/

無理なしスクワットと膝タッチ!の簡単腹筋で骨盤底筋力アップ効果の倍増を狙う

効果倍増
https://www.verywell.com

先ほどもご紹介しましたように、関連する他の筋肉を鍛えなければ、本当の意味での回復にはつながりにくいと考えられます。膣・肛門まわりと同時に関連筋肉を鍛えることで、お湯漏れ・尿漏れだけでなく、便秘解消や腰痛改善の効果も望めます。慣れないうちは、筋肉痛があったり、「しんどい」と感じる方もおられると思いますが、このまますべての筋力が落ちていくことをイメージしてください。

子どもたちはまだ小さく、老け込むことはできない、私は自分にそう言い聞かせました。そして、不快なお湯漏れが一掃するイメージを持ち続けることで、何とか継続しましたよ。

手前味噌で申し訳ありませんが、あらゆる筋肉に精通した実力派整体師である私の夫監修の簡単トレーニングを、次にご紹介します。

無理なしスクワットやり方

20回1セットで、できれば1日5セットを目標にしましょう。テレビを見ながらできますので、ぜひ日課に組み込んでみてください。

①足を肩幅よりも広めに広げ、手は軽く腰にあてます

②背筋は丸めないで、お尻を後方に突き出す感じで膝を曲げて下に下がっていきます
*下がりすぎる必要はありません。横から見て脚全体が「く」の字になる程度で良いでしょう

③曲げ終わったらもとのまっすぐの体勢に戻ります
ポイントは、曲げるときと戻るときのスピードを同じにすることです。
少し早くてもゆっくりめでも良いですが、行きと帰りを同じスピードで、を守ってください。

また、背筋は必ず伸ばしますが、背中などに力を入れすぎないよう、あくまでお尻に意識をおきます。

膝タッチ!簡単腹筋

とても簡単な腹筋ですが、私は最初、1度も膝タッチができず、自分の筋力の衰えの現実をまざまざと見せつけられました。でも、これに発奮して継続。1週間ほどでできるようになりました。

①仰向けに寝て、両膝を立てます。

②両腕を前にまっすぐ伸ばし、そのまま上体を起こしていき、右手は右膝に、左手は左膝に軽くタッチ

③タッチし終えたら、ゆっくりゆっくりもとの仰向けに戻ります。

ポイントは、スクワットとは全く異なります。タッチしに行くときは、ある程度反動をつけてスピーディーに行っても良いですが、タッチ後もとに戻るときには腹筋を鍛えるイメージを描きながらじわじわ戻ってください。戻るときに、腹筋が鍛えられますので、その意識は重要です。はじめはなかなかできない方もいるかもしれませんが、徐々に慣れてきてできるようになります。

トレーニングの効果が出るまでの対処法

対処法新
http://www.pregnancyandbaby.com/

筆者である私は、膣トレとスクワット・腹筋のセットトレーニングを始めて3週間ほど経った頃、出てきたとしても、出るお湯の量が減ったなと実感しました。そして継続していくうち、あれほど「滝」だったお湯漏れは、ほとんどなくなってしまったのです。

しかし、結果が出てくるまでは、漏れてくるお湯にどう対処すれば良いかと悩みました。そこで、あれこれ試してみて効果があった応急処置的対処法についても触れておきましょう。また、雑菌などの侵入が心配で、免疫力・膣内環境についても勉強する機会がありましたので、ご紹介します。

お風呂から出る前に

お風呂場から出たあとですと、お湯がたくさん漏れたときに、床が濡れたり下着が濡れたりして慌てますので、浴室内でお湯を出してしまいましょう。
お子さんと一緒のときは、身体を拭いてあげながらこっそりやってみます。

■しゃがんで片膝をつき、大きく咳払いをする
これで出れば、後でまた出ても量が減ります。

■立ったまま、膣トレの要領で、お尻の両ほっぺをすぼめる。
この時に、少し骨盤を上向きに傾けたり戻したりすると出やすいようです。

■立ったり、そんきょ(キャッチャー姿勢)したりを数回くり返す
1人の時でないと怪しくなってしまいますが、浴室を出る前にやりましょう。これだけでもスクワットもかねられます。整体師の夫いわく、そんきょの姿勢だけでも、下半身の筋力アップに効果があるとのことです。

効果には個人差があると思います。ちなみに私は2番目の前後に動かしながらの引き締めが、いちばん出やすく感じました。

おりものシートは是か否か・膣内環境を良くしよう

お湯が出るのではないかと思うと、ついついおりものシートなどを使ってしまいがちですが、膣内の環境にとって、このシート類を多用することはあまりおすすめできません。膣はたいへんデリケートです。産後は抵抗力が弱まったり、体力が落ちたりしがちですので、ふだんは雑菌に対して自己免疫で対抗できても、それがままならない状態になる場合も。衛生・環境面に注意していないと、膣炎・膀胱炎の原因となることもあります。

なるべく使わない方が良いのかもしれませんが、少しでも膣内環境を良くするためには、同じおりものシートでも通気性の良い布製を使ってみるのはいかがでしょうか。

その他、細菌などに対抗するため、免疫力を上げたり条件を整えたりして膣内環境を良くするポイントをまとめてみます。

【膣内環境を良くするポイント】

・石鹸などで洗い過ぎない(自浄作用が低くなって逆効果です。お湯で優しく洗いましょう)

・高温多湿を避ける(シート類は極力控えましょう)

・喫煙をやめる(免疫機能を促すリンパ球を減らすことが判っています)

・身体を冷やさないようにする

・整腸作用のあるヨーグルト・納豆など乳酸菌を摂取する

・にんじん・トマト・ほうれんそう・モロヘイヤなど、抗酸化作用のある食品を摂る

・ストレスをためない(自律神経のバランスが崩れることで免疫力が落ちます。規則正しい生活を心がけ、夜はしっかり眠りましょう)

・よく笑い、家族やペットとスキンシップをとる(幸せホルモンのセロトニンの分泌が促され、自律神経の回復に役立ちます)

出典:http://www.makinglifeeasierforyou.com/



膣の悩みは2人の悩み

Woman Looking At Husband While Lying In Bed
https://www.sharecare.com
性のたのしみについては語り合えても、お互いの性・性器の悩みついてはまた別だという方は多いと思います。

それが標準と考えても良いかもしれません。

しかし、長く連れ添いたいと望むのであれば、思いやりというのは欠かせません。

「パートナーが自分自身との性行為に不満を持っているのではないか」という不安は、夫婦仲にも影響を及ぼしかねない大きな問題です。

悩みを打ち明けたときの夫の回答とは?

私はお湯漏れについて、女としてのイメージが危ういかもしれないと不安になりながら、夫に打ち明けました。

夫は深刻ぶるでもなくもちろん茶化すでもなく、きちんと向き合って相談に応じてくれました。

【筆者の夫への質問】
Q.お湯が中でたまって後から漏れ出てきちゃうっていうことは、膣自体がすごくゆるくなってるんじゃないかって、ちょっと不安なんだけど、あたし大丈夫?

私がそう質問すると、夫はこう答えました。ちなみに彼は、筋肉のみならず、身体の機能についてもなかなか博識な男です。

【夫の回答】

「ぜんぜん大丈夫だよ。膣っていうのは、すごく収縮能力が高い器官だよ。でも、形状記憶的な能力も高いから、どうしても出産を経験すると、お風呂でお湯が入ったときに赤ちゃんの大きさくらいまで膨らもうとしちゃうんだろうね」

「もちろん、○美(筆者)はもう40過ぎてて運動不足だから、若いお母さんたちよりももっと筋力が落ちてるわけで、それで滝になっちゃったのかもね。個人差とか年齢も大きいんだよ。でも、ぜんぜん問題ない」

「あと、セックスという観点でいえば、締まりっていうのは、出産経験というより、月経周期なんかの影響のほうが大きいかもしれないよ」

「精子をしぼりとろうとして、排卵期や高温期には締まりがよくなったり、中が温かいから男も感度が上がったりするしね」

「形状記憶だから、入浴時にはお湯の量に対応しているけど、セックスの時には、相手の性器に対応してるんだよ、大丈夫」

もっと早く話していれば良かった!です。

まとめ

私たちほどあけすけに会話ができるご夫婦ばかりではないと思いますし、何でも口に出せば良いというわけでもないと思いますが、あまり1人で悩まず、性のことについてもっとパートナーと会話を持っても良いかもしれません。

女性は、ほんのちょっとした言葉や仕草で性交できないほど潤いが引くこともあります。ただ、それは男性も同じであるようです。お互いに思いやりをもって、やがて年をとって性の頻度は下がっても、いつまでも仲良く手を携えていたいものですよね。

膣のゆるみや環境の改善は、お湯漏れだけのためではありません。必要な筋肉を鍛えておくことで、加齢に伴って出現するさまざまなトラブルに対応できます。

生活習慣を見直したりトレーニングを積んだり、そんな小さな積み重ねが、大きな自己改革となるかもしれません。なお、トレーニングについては、腰・首・背中など、身体に痛みを感じる方は無理に行わないようにしてください。

最後に、クリニックなどで機械により高周波や磁気を通じて骨盤底筋を鍛えたり、ゼリー状の成分を注入して膣内を狭くする療法を紹介している記事をご案内します。

高額ですが、このような方法もあることを知っておいても良いかもしれません。


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)


出典:http://news.mynavi.jp/

トップ画像出典: http://www.newhealthadvisor.com/

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします