育児の悩み・疑問

核家族育児の苦労6つと対策3つ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

両親との同居、祖父母のとの同居、家族が多くて困った!という悩みも多いですが、核家族世帯の育児の悩みも結構あります!

産後、同居するか核家族で育てていくか悩んでいる方には是非核家族で苦労することを知ってもらいたいです。



子育て世代の核家族って増えているの?


www.mirror.co.uk

国民生活基礎調査によると、平成3年から平成18年の間に子どものいる核家族世帯の割合が69.4%から75.6%とずっと右肩上がりで増えており、逆に祖父母と暮らす三世代世帯の割合が27.2%から21.3%と減ってきているそうです。

現在のデータが出ていませんが、恐らく核家族世帯が右肩上がりを続け、三世代世帯は右肩下がりのままだと思います。

核家族が一番多いのはどこ?

核家族世帯が一番多いのは東京都で、核家族世帯が一番少ないのが山形県だそうです。子どもがいて、核家族である世帯は、東京都・神奈川県に集中しています。

我が家が核家族で苦労すること6つ


www.yummymummyclub.ca
我が家も転勤族&核家族で結婚してから親と同居したことがありません。出産後も一人で育児だったので、常々、核家族って助けを求めるのが難しいと感じています。

核家族で困ったことをご紹介します。

1、子どもを見守る目が少ない

毎日の生活でちょっとしたことですが、トイレに行っている間、料理をしている間、電話に出ている間など、ほんのわずかな時間でも一人だと目を離さないようにするのが大変です。

家族が多ければその分子どもへの注意の目が行き届くのだろうなと感じています。

2、子どもを預かってくれる人が居ない

産休や育児休暇で休んでいた間、赤ちゃんと一対一のことが多く夫も多忙だったために美容室に行くにも赤ちゃんの預かり手がいない、体調を崩しても預かり手がないために病院にも行けないと、行動にかなり制限がかかりました。

その点、親と同居しているママ友は、育児方法での対立はあるものの買い物や通院など行動面は自由が効いていました。

3、一人で育てているような孤独感がある

イクメンが増えてきているとはいえ、実際は9割は母親一人に育児がのしかかってきます。

育児になれるまでの新生児期から乳児期は、電話で家族や友達に相談していたものの、一人で頑張っているような気持ちがして不安も心細さも拭えませんでした。

4、子どもと母親だけの密室育児になりがち

周りの目が無いため、無気力になりやすく、ちょっと疲れるとついつい手を抜いて公園にも児童館にも行かない日もありました。

気を抜いたり、頑張り過ぎて疲れると引きこもりがちになり、尚且つ「外に出よう」と言う人もいないので自分のコントロールが必要でした。

5、共働きだと園の送迎を代わってくれる人が居ない

今実際に困っているのが、幼稚園の預かり保育が急遽お休みになった時の預かり先です。

うちの周辺は、三世代で暮らすところが多く、台風などで幼稚園が臨時休園になっても困るところは殆どありません。

しかし、核家族だと夫か妻のどちらかが仕事を休む必要性が出てくるので、これは本当に大変ですね。

6、金銭的に余裕が無い

平成25年の国民生活基礎調査によると、三世代世帯の世帯所得は846万1千円と一番多く、世帯ごとに見ると核家族と約300万円の開きがあります。

人が多ければその分費用も必要になりますが、祖父母が育児をしてくれる場合が多いため、フル勤務出来る働き手が増えるので収入差が出てくるんです。



核家族育児の対策方法3つ


secretlyspoiled.com
核家族であることの苦労を軽減するための対策方法をご紹介します。基本的なことですが、やるのとやらないのとではかなり違います!

1、とにかく出かける

閉じこもりがちになると、考え方も狭まってきて、子供への教育も偏りが出てくる場合があります。

仲の良いママ友が居なくてもいいので、近くの公園、児童館、図書館などに積極的に出かけるようにしましょう。スタッフの方に話を聞いて貰える機会もあるので育児相談もできますよ。

2、面接の時にごまかさない、嘘はつかない

核家族であるということだけで、子供の送り迎えが発生したり、子供が体調不良になった時に休まれることから、面接せずに不採用を言い渡されることもあります。

しかし、入社時にごまかすよりも正直に話した上で採用してくれるところを探した方が後々良いです。勤務先が決まるまで時間がかかるとは思いますが、子育て期間ずっと働ける場所を見つけるためにはじっくり探すのが良いですよ。

ファミリーサポートや病児保育に申し込みするなど、努力出来るところは勿論努力しましょう。

3、使えるもの頼れるものは使う!

買い物は宅配、ファミリーサポートに病児育児、市の育児相談に幼稚園や保育園の未就学児教室など、頼れる家族が少ないなら、家族以外にどんどん助けを求めるようにしましょう。

頼ったもの勝ち!くらいの考えの方が良いですよ。


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)


トップ画像出典: www.yourarticlelibrary.com

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします