子供の教育・成長・遊び 小学生・小学校

お小遣いは何歳から?小学生は月いくら?どう決める?お小遣いから学ぶ事とは?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

子どもにお金を持たせるのは何歳から?周りの子はお小遣いどのくらい貰っているの?

小学校にあがって、子供が子供たちだけで遊ぶようになるとお菓子を買ったりするためにお小遣いがあった方がいいのかな?でもいくら?管理は出来るの?とお金に関しての疑問がたくさん出てきますよね



お小遣いは何歳から?


www.mirror.co.uk

お小遣いを必要とし始めるのは、やっぱり小学校に入った時からの様です。後は、子供の遊び方が変わってくる小学校2〜3年生頃から渡し始めることが多いようですね。

小学校1年生だと遊び方も幼稚園や保育園の延長なのでお金を使う遊び方をあまりしないのですが、小学校中学年位からカードゲームを始めたり、買い食いの付き合いが多くなるのでお小遣いが無いと友達と遊びにくくなるようです。

渡す始める前に買い物や使い方のルールの教育を

ただお金をポンを渡すだけでは無く、使うルールも決めましょう。

余ったお金は誰が保管する、財布はどこに置いておく、外出するときに持ち出せる金額は○円まで、前借はNG、いくらお小遣いでも○円を超える買い物は事前に親に相談するなど、ある程度子供のお金の使い道を把握できるようにしましょう。

小学生のお小遣いのリアル!月いくら?


www.kidspot.com.au

実際にお小遣いをあげることにしても、ちゃんと金額を決めておかないと、子供にねだれたらねだられただけ渡してしまう、という事態にもなりかねません。パパとママで金額の設定をしっかり考えてあげましょう。

月々○円で渡す派-その1-

毎月決まった額を渡す派の家では、2通りの計算方法がありました。

学年×100円=月のお小遣い

1年生なら月100円、6年生なら月600円という計算です。しかし、これだと小学校1年生の時はお菓子1個も買えないので、お菓子は自宅で購入しておいて、友達と遊ぶときはお菓子を持参させるという場合が多いようです。

月々○円で渡す派-その2-

年齢×100円)月のお小遣い

今、小学生の間でカードゲームが流行っていることもあり、年齢×100円くらいでちょうど良いのではないか?と考えているママが多いようです。

1年生で月600円、小学校6年生で1200円ほどになりますね。

年間○円で渡す派

親からは一切お小遣いを渡さず、お正月のお年玉や、お盆のお盆玉、他にもたまに入る祖父母や親戚からのお小遣いを一年間のお小遣いにする方法です。

平均して年間2万円程の場合が多く、金額が高くても2万5千円位でした。月で割ると月1660円ほどです。

お年玉をお小遣いに回さない家庭では子供用に貯金したり、子どもと相談した上で学校用品に使ったり、辞書や図鑑購入に使っているようです。



お手伝いしたらお小遣いあげるはアリ?ナシ?


www.yourmoney.com

我が家では子どもが幼稚園児ですが、月々のお小遣いは決めていまんが、お手伝いしたらお小遣いを渡すことにしています。ですが、この方法は賛否両論あるので両親の考え次第ですね。

報酬制お小遣い方法〜その1

お金を稼ぐには労力が必要、労働無くして簡単にお金は手に入らないということを理解してもらうために、お手伝いを毎日したら月○円のお小遣いと決める家庭もあります。

我が家は、食事の準備など簡単なものには報酬は出ません。お風呂掃除や洗濯ものを干したり、畳んだり、ちょっと頑張ってようやく終わる位のお手伝いに報酬を払うようにしています。

報酬制お小遣い〜その2

毎月行われるテストの点数事にお小遣いを渡す制度です。これは学校がテストを行う頻度によるので、不定期なお小遣いになりますが、点数=お小遣いの金額設定だそうです。

80点なら80円、95点なら95円と、都度渡していく方法です。あんまりにも勉強せず、点数が下がりっぱなしの子には効果的だと思いますよ。

子どもがお小遣いから学ぶこと


www.huffingtonpost.co.uk

学校でお金の使い方は教えてくれません。生活するなかで、お金を使う、溜めることは一生関わってくることです。だからこそ、親がお金の使い方をお小遣いを通して教える必要があります。

お金と商品の価値を知る

いつも何気なく買ってもっている子供向け雑誌も、親が簡単に買っているように見えるものですが、自分のお小遣いではなかなか買えない高価なものだと知る機会にもなり、生活にどのくらいお金が必要なのか?と考え始めるきっかけにもなります。

計画的な使い方を知る

限りある中で、自分が欲しいもの、買えるものの妥協点を探すことを覚えたり、欲しいもののために毎月どのくらい貯める必要があるのか?と計画を立てることを覚えます。

今月前半○円使って、後半は友達と遊びにいくから○円必要と、自分のスケジュールと合わせて使い方を考えることも覚えられます。

お金は使えば無くなるということを知る

小さいころに欲しいものが全部買える生活だと、お金は無限に湧いてくると勘違いして育ってしまいます。

限度額を決めて、使ってしまえはそれ以上は使えないということや、無計画に使うと、本当に欲しいものが買えない、という感覚を覚えさせてくれるのもお小遣いです。


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)


トップ画像出典: sirabee.com

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします