育児の悩み・疑問

子育てにイライラを感じているママヘ。思わず共感する子育て漫画3選

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

子育てって楽しいばかりじゃない!イライラを感じることだって多いですよね。毎日イライラしてたまらないママへ贈る、共感できるオススメ子育て漫画を3つご紹介します!



1.赤ちゃんのドレイ。


¥ 782
アマゾンボタン

「赤ちゃんのドレイ」のあらすじ

赤ちゃんのドレイ。は2005年から2010年まで連載されていた、大久保ヒロミさんの子育てエッセイ漫画。待望の赤ちゃんを授かるが、妊娠中はつらいつわりに悩まされ、出産も思う通りにはいかず…!生まれてみてからも、育児が想像していたものとは違う!「母親は赤ちゃんのドレイにしか過ぎない」という過酷な現実が待ち受けていた…!

「赤ちゃんのドレイ」のおすすめポイント!

大久保ヒロミさん独自のちょっとひねくれた視点が面白い!初めての妊娠、出産を迎えるママにぜひ読んで欲しい作品。赤ちゃんてこんな生き物なの!?って驚くかもしれませんよ。

また育児中のママも「私なんてどうせ赤ちゃんのドレイだしなぁ」と呟けば、自虐的ながらも少し気持ちが楽になるかも。作中でも母という名のドレイが日々こき使われて疲弊していますが、それは実はどこの家も一緒という事実。

きれいごとだけでなく、リアルな実態が描かれているので共感間違いなし!です。

2.ママでいるのがつらくなったら読むマンガ


¥ 1,080
アマゾンボタン

筆者のエッセイ調な育児マンガが多い中、こちらは気持ちがつらい時に使える実践的なコーチング術が掲載!著者はママ・コーチングで有名な山崎洋実さん、絵はつちやまなみさんが描かれています。

「ママでいるのがつらくなったら読むマンガ」のあらすじ

結婚し、子どもにも恵まれて幸せなはずが、毎日イライラしていませんか。子どもや夫に振り回されない「自分」を取り戻すための、目からウロコの方法を伝授!今まで気づかなかった落ち込みやストレスの原因を解き明かし、自分はこれでいい!と思える楽しく読めるマンガです。

「ママでいるのがつらくなったら読むマンガ」のおすすめポイント!

実は筆者が育児に疲れ果てていたとき、この一冊に出会いました。作中に「怒りという感情は突然起きる感情ではなく、その陰に「悲しみ」や「期待」があり、それを裏切られたことによって起こる」とあり、本当にしっくりきました。

今まで勝手に夫や子どもに「こうしてくれるだろう」と期待していた自分に気づいたんです。それに気づいてから、期待をやめるようにしました。すると不思議と怒る頻度が減ったんですよ!!

他にも「人はそれぞれの物差しを持って生きている」という話や「悩むのはヒマな証拠」なんて話も。どれも、共感できて実際の生活にもうまく応用ができるお話ばかりでした。育児にも夫にも疲れている人にぜひおすすめしたいマンガです。



3.毎日が育ジーザス!!


¥ 1,080
アマゾンボタン

ブログで連載していた育児マンガを期待に応え2015年4月遂に書籍化!イラストレーターの石塚ワカメさんの育児コミックです。

「毎日が育ジーザス!!」のあらすじ

子育ては「ジーザス!!」の連続だった…!ジーザス!それは「おお神よ」とか「あぁ~…やっちまった」とか「なんてこった!」などのタイミングで使われますが、育児中にもジーザスは溢れているのです!

出産&産後の育児の中で起きるジーザスの連続に共感と爆笑間違いなしの一冊。

「毎日が育ジーザス!!」のおすすめポイント!

突如帝王切開からはじまるこの一冊、育児は本当に思うと通りにならないのだなぁと思うところからスタートです。さらに背中スイッチ発動の新生児期、戻しても裏返り続ける煎餅屋開店。

また、脱紙オムツ!?布オムツとの格闘と挫折や誰しも通る道であるはじめての離乳食、しっかり祝ってあげたい1歳のお誕生日の話など、どのママも絶対気になるお話が盛りだくさんです。

つらくしんどい話でもワカメさん独特のテンションとイラストで楽しく読むことが出来ます。疲れたママにも共感できますし、爆笑できるのでストレス発散には最適ですよ!

漫画で育児ストレス発散!

3つの育児漫画をご紹介しましたが、気になる作品はありましたか?育児中はどうしてもストレスが溜まりやすく、発散しづらい時期ですが漫画なら気軽に読めますし、中断も容易です。

笑うことはストレス発散になりますから、ぜひ育児漫画を読んで笑ってストレス発散してみてくださいね!


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)


この記事を書いたママ

ケイ

小学一年生の娘と幼稚園年少の息子を育てているママです。学校行事に子ども会、園では役員と頭がパンクしそうな毎日ですが日々楽しく過ごしています!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします