命名・名前

名前に使うといいオススメの漢字10選

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

20160901-6

妊娠して性別がわかった頃、ママとパパの間では「名前何にしよう。。。」という嬉しい悩みがやってきますね。

子供が一生付き合っていく名前。「こだわって名付けたい!」という気持ちもあり、生まれる直前まで名前が決まらない夫婦も少なくありません。

命名の際は大きく分けて「響き」「由来(親の願い)」の2点を重視する方が多いです。

今回は後者の「由来」に大きく影響してくる漢字について。

漢字の成り立ちや意味に夫婦二人の願いを重ねてみてはいかがでしょうか?

数ある漢字の中から名前にオススメの漢字を10個ご紹介します。



名付けで悩むママは多い

20160901-1
https://babyclub.asda.com

なかなか名前が決まらず、悩んでいるママは多いです。

赤ちゃんの名前には、パパとママのたくさんの愛情と願いを込めることができます。

どういった子に育って欲しいのかと、漢字の意味を考えながら名付けをすれば、使いたい漢字も絞られ名前の決定に近づけます。

でもどんな漢字がいいかわからない。。。という方に向けてこれから名前にオススメの漢字を10つご紹介します。

男の子の名前にオススメの漢字

20160901-2
http://free-photos.gatag.net/

逞しくて、勇敢で、頼もしい男の子に育って欲しいと願うパパとママも多いはず。ここでは、男の子の名前に使いやすく、オススメの漢字をご紹介します。もちろん女の子にも使えますよ。

「将」(画数:10画)

「将」の意味・成り立ちと名前に使える由来

”将”には「将軍」「大将」「武将」「主将」「王将(将棋で一番大事な駒)」などの2字熟語があり、人をひきいる長に使われる漢字です。

”将”の旧字体は”將”と書き、この漢字を分解すると漢字の成り立ちがわかります。

子供が一生連れそう名前ですから、漢字の成り立ちも知っておきたいところですね!

【「將」の成り立ち】
(↓肉を調理して神にささげる人。軍を進めるときに戦勝祈願として将軍が神に肉を供えていた様子を漢字にした)


出典:okjiten.jp

このように「将」という漢字は、戦いの世を強く生き抜いた将軍や大将を象徴しており、我が子に

「強い人に育って欲しい」
「人を率いるリーダーシップのある人に育って欲しい」
「人の上に立つ立派な人に育って欲しい」

という願いを込めるのにふさわしい感じと言えるでしょう。

「将」の読み方

【音読み】
ショウ ソウ
【訓読み】
はた まさに

【名のり(人名に使える読み方)】
すけ すすむ たすく ただし たもつ のぶ ひとし まさ もち ゆき

「将」を使った名前の例

【男の子】
将吾(しょうご) 将一朗(そういちろう) 将也(まさや) 愛将(あいすけ) 一将(かずまさ) 茂将(しげまさ) 駿将(しゅんすけ) 将太(しょうた) 将太朗(しょうたろう) 将真(しょうま) 竜将(たつまさ) 輝将(てるまさ) 将一(しょういち) 将(まさし) 将真(まさとし) 義将(よしまさ)

【女の子】
将子(しょうこ・まさこ) 将美(まさみ) 将代(まさよ) 将心(しょうこ)将命(まさみ)

「矢」(画数:5画)

「矢」の意味・成り立ちと名前に使える由来

“矢”は狩猟などで獲物を射抜くために使われる弓矢の矢の形を文字にしたもの。

かつて神様とへ誓いをする際の証として「矢」を折ったことから、“誓う”という神聖な意味もあります。

【「矢」の成り立ち】
(↓「や」という象形文字から「や」を意味する「矢」という漢字になりました。)

namae-1
http://okjiten.jp/

このように「矢」という漢字は、矢が目標に向かって、ブレることなく、力強く、真っすぐにスピードを出して飛んでいく様子から、我が子に

「まっすぐで真面目な子に育って欲しい」
「力強く何事にも動じない子に育って欲しい
「機敏で臨機応変に対応できる子になって欲しい」

という願いを込めるのにふさわしい感じと言えるでしょう。

「矢」の読み方

【音読み】

【訓読み】

【名のり(人名に使える読み方)】
ただ、ちかう、ちこう、なお、やはぎ

「矢」を使った名前の例

【男の子】
拓矢(たくや) 一矢(かずや) 凌矢(りょうや) 真矢(しんや) 和矢(かずや) 達矢(たつや)  拓矢(たくや)  雄矢(ゆうや)  直矢(なおや)  哲矢(てつや)  鉄矢(てつや) 卓矢(たくや)  琢矢(たくや) 崇矢(そうや) 貴矢(たくや) 聖矢(せいや) 晋矢(しんや) 慎矢(しんや) 俊矢(としや)

【女の子】
絢矢(あや) 綾矢子(あやこ) 沙矢香(さやか) 亜矢子(あやこ) 亜矢(あや) 麻矢子(あやこ) 麻矢(まや) 紗矢香(さやか) 亜矢乃(あやの) 未矢(みや) 真矢(まや) 麻亜矢(まあや) 亜矢奈(あやな) 彩矢(さや)

「基」(画数:11画)

「基」の意味・成り立ちと名前に使える由来

“基”は建物の土台という意味を持ち、そこから物事の根本、物事を成り立たせるモトになるものという意味も生まれました。

「基本」「基準」「基礎」という文字で使われています。

【「基」の成り立ち】
(↓農具として用いられる“箕(キ)”を土地の神を祭るために柱状に固められた土で支える様子から漢字になりました。)

namae-2
http://okjiten.jp/

このように「基」という漢字は、建物をしっかりと支える土台という様子から、我が子に

「人の支えとなるような頼もしい子に育って欲しい」
「しっかりと堅実な子に育って欲しい
「ドッシリと構えた落ち付いた子になって欲しい」

という願いを込めるのにふさわしい感じと言えるでしょう。

「基」の読み方

【音読み】

【訓読み】
もと、もとい

【名のり(人名に使える読み方)】
のり、はじむ、はじめ、みき、もとき、もとし、もとや

「基」を使った名前の例

【男の子】
基之(もとゆき) 基樹(もとき) 裕基(ゆうき) 雄基(ゆうき) 基義(もとよし) 基彦(もとひこ) 基治(もとはる) 基紀(もとき) 正基(まさき) 友基(ゆうき) 宏基(ひろき) 基昭(もとあき) 敬基(けいき) 基祐(きすけ) 成基(なるき)

【女の子】
亜基子(あきこ)  基乃(きの) 友基子(ゆきこ) 眞基子(まきこ) 基世(きよ) 基子(もとこ)

「修」(画数:10画)

「修」の意味・成り立ちと名前に使える由来

心身を清めている姿を表す「攸」と髪の毛の美しい様子を表す「彡」の二つからなる“修”は、「おさめる」という意味があります。その他に「正す」「学ぶ」「直す」「優れている」などの意味もあります。

【「修」の成り立ち】
(↓人の背に水を流して手で洗って禊を洗い清めていること、「豊かでつややかな髪」という象形文字から成り立っています。)

namae-4
http://okjiten.jp/

このように「修」という漢字は、心身ともに清め、美しく整えられた様子と正しくする、学ぶという意味から、我が子に

「ひたむきで努力するような子に育って欲しい」
「問題を改善し、進歩する子に育って欲しい
「向上心を持った子になって欲しい」

という願いを込めるのにふさわしい感じと言えるでしょう。

「修」の読み方

【音読み】
シュウ シュ
【訓読み】
おさめる おさまる

【名のり(人名に使える読み方)】
なお、なが、ながき、ながし、のぶ、のり、ひさまさ、よしみ

「修」を使った名前の例

【男の子】
修(おさむ) 修一(しゅういち) 修二(しゅうじ) 修司(しゅうじ) 修平(しゅうへい) 修治(しゅうじ) 修造(しゅうぞう) 修二郎(しゅうじろう) 修吾(しゅうご) 修武(のぶたけ) 修孝(しゅうこう)

【女の子】
修子(しゅうこ) 修香(しゅうか) 修里(しゅり)

「航」(画数:10画)

「航」の意味・成り立ちと名前に使える由来

乗り物である「舟」と頭を上げて、すっくと立つ「亢」の二つから成り立ち、海や空の壮大さや旅立ちを連想させる漢字です。船や船で水を渡る、船を並べて作った橋、空中を海に捉えて空中を飛び渡るという意味があります。

【「航」の成り立ち】
(↓「渡し舟」と「のどぼどけ」を表す象形文字から成り立っています。)

namae-6
http://okjiten.jp/

このように「航」という漢字は、船が勇ましく前に進んでいく、スケールの大きい様子から、我が子に

「器が大きく、おおらかな子に育って欲しい」
「人生を上手に歩んでいって欲しい
「困難を乗り越え突き進んでて欲しい」

という願いを込めるのにふさわしい感じと言えるでしょう。

「航」の読み方

【音読み】
コウ

【訓読み】
ふね、わた(る)

【名のり(人名に使える読み方)】
わたる、かず、つら

「航」を使った名前の例

【男の子】
航(わたる) 航平(こうへい) 航介(こうすけ) 航二(こうじ) 航志(こうし) 航也(こうや) 航輝(こうき)
【女の子】
美船(みふね) 航奈(こうな) 航美(ふなみ)



女の子の名前にオススメの漢字

namae-7
http://aocuoithuduc.com/

女の子なら、可愛らしくて思いやりがあって、そして何よりも優しい子になって欲しいと思うかもしれませんね。ここでは、女の子の名前に使いやすく、オススメの漢字をご紹介します。もちろん男の子にも使えますよ。

「怜」(画数:8画)

「怜」の意味・成り立ちと名前に使える由来

「賢い」「いつくしむ」「感覚が鋭い」「澄んでいる」という意味があります。また、“大切に思う”という「憐れむ(あわれむ)」という意味も表しています。

【「怜」の成り立ち】
(↓“怜”は、心臓の象形文字から「忄」は心を、「令」は神の声をひざまずき聞いている形から成り立っています。)

namae-8
http://okjiten.jp/

このように「怜」という漢字は、心が澄んでいて、知的で、愛情深い様子から、我が子に

「人の痛みが分かる優しい人に育って欲しい」
「信頼の持てる子に成長して欲しい」
「清くて思いやりのある子なって欲しい」

という願いを込めるのにふさわしい感じと言えるでしょう。

「怜」の読み方

【音読み】
レイ、レン
【訓読み】
あわ(れむ)、かしこい、さと(い)

【名のり(人名に使える読み方)】
さと、さとし、とき

「怜」を使った名前の例

【男の子】
怜斗(れいと) 怜央(れお) 怜音(れおん) 怜(れい) 怜雄(れお) 怜王(れお) 怜士(れいじ) 怜一(れいいち)

【女の子】
花怜(かれん) 美怜(みれい) 怜香(れいか) 怜子(れいこ) 怜(れん) 怜奈(れいな) 怜美(れみ) 未怜(みれい) 美怜(みれい) 華怜(かれん)

「彩」(画数:11画)

「彩」の意味・成り立ちと名前に使える由来

「いろどり」「輝き」「様子」「姿」などの意味があります。綺麗に飾って「美しい」という意味もあります。

【「彩」の成り立ち】
(↓「采」は木から実を摘み取っている様子と、「彡」は髪が流れている2つの形が組み合わさって出来ました。)

namae-9
http://okjiten.jp/

このように「彩」という漢字は、色を付けることで明るく、前向きな様子から、我が子に

「彩りのある人生を歩んで欲しい」
「どこか芸術的な面を持つ子になって欲しい」
「センスのある子に育って欲しい」

という願いを込めるのにふさわしい感じと言えるでしょう。

「彩」の読み方

【音読み】
サイ
【訓読み】
いろど(る)

【名のり(人名に使える読み方)】
あ、いろ、さ、たみ、てる

「彩」を使った名前の例

【男の子】
彩人(さいと)

【女の子】

彩(さや) 彩香(さやか) 彩花(さやか) 彩子(あや) 彩乃(あやの)  彩夏(あやか) 彩華(さやか) 彩希(さき) 真彩(まや) 彩加(さやか) 彩美(あみ)  彩奈(あやな) 理彩(りさ) 美彩(みさ) 有彩(ありさ)

「佳」(画数:8画)

「佳」の意味・成り立ちと名前に使える由来

“佳”には、「優れている」「美しい」「形・性質がよい」「立派である」の意味があります。また、「めでたい」や「時期がちょうどよい」という意味もあります。

【「佳」の成り立ち】
(↓“すっきりと整っている”という意味の表す「圭」と横から見た人を表す「亻」(にんべん)を組み合わせた漢字。)

namae-10
http://okjiten.jp/

このように「佳」という漢字は、美しいだけではなく、心も整っている様子から、我が子に

「容姿端麗な子になるように」
「素敵なセンスの持った子に育つように」
「人の役に立てる子になれるように」

という願いを込めるのにふさわしい感じと言えるでしょう。

「佳」の読み方

【音読み】
カ、カイ
【訓読み】
めでたい、よ(い)

【名のり(人名に使える読み方)】
けい、よし

「佳」を使った名前の例

【男の子】
佳孝(よしたか) 佳弘(よしひろ) 佳典(よしのり) 佳紀(よしき) 佳史(よしふみ) 佳士(けいし) 佳寛(よしたか) 佳則(よしのり)

【女の子】
由佳(ゆか) 佳子(よしこ) 美佳(みか) 佳奈(かな) 佳代子(かよこ) 佳奈子(かなこ) 佳代(かよ) 里佳(りか) 由佳(ゆか) 佳世(かよ) 佳奈(かな) 友佳(ともか) 千佳(ちか) 佳織(かおり) 知佳(ちか) 和佳子(わかこ) 優佳(ゆか)

「唯」(画数:11画)

「唯」の意味・成り立ちと名前に使える由来

“唯”には、「ただの一つの」「ほかでもない」「ひたすら」「まさに」という意味があります。また、“はい”とすぐに丁寧な返事をすることも意味します。

【「唯」の成り立ち】
(↓“唯”は「口」と「小鳥」を表す象形文字から成り立ち、“はい”という返事の声を表しています。)

namae-11
http://okjiten.jp/

このように「唯」という漢字は、すぐに返事をしたり、1点に集中する様子から、我が子に

「追求心のある子に育って欲しい」
「正しい選択ができる子になって欲しい」
「かけがえのない存在になって欲しい」

という願いを込めるのにふさわしい感じと言えるでしょう。

「唯」の読み方

【音読み】
イ、ユイ

【訓読み】
た(だ)

【名のり(人名に使える読み方)】
ただ

「唯」を使った名前の例

【男の子】
唯之(ただゆき) 唯一(ただひと) 唯雄(ただお) 唯(ただし) 唯人(ゆいと) 唯介(ゆうすけ) 唯史(ただふみ) 唯男(ただお)

【女の子】
唯(ゆい) 真唯(まゆ) 美唯子(まゆこ) 唯奈(ゆな) 未唯(みゆ) 眞唯(まゆ) 唯未(ゆみ) 唯子(ゆいこ)

「芽」(画数:8画)

「芽」の意味・成り立ちと名前に使える由来

“芽”には「草木の芽」「芽生える」という意味があります。「始め」「物事の起こり」「兆し」などの意味もあります。

【「芽」の成り立ち】
(↓「艹」くさかんむりと動物の歯を意味する「牙」から成り立っています。)

namae-12
http://okjiten.jp/

このように「芽」という漢字は、動物の歯と草木が芽が突き出し、出始める力強い様子から、我が子に

「すくすくと成長して欲しい」
「たくさんの才能がある子に育って欲しい」
「周囲の希望になるような子になって欲しい」

という願いを込めるのにふさわしい感じと言えるでしょう。

「芽」の読み方

【音読み】

【訓読み】
き(ざす)、め

【名のり(人名に使える読み方)】
めい

「芽」を使った名前の例

【男の子】
大芽(たいが) 凌芽(りょうが) 芽志(めいし) 由芽人(ゆめと) 楓芽(ふうが)

【女の子】
芽依(めい) 芽衣子(めいこ) 由芽(ゆめ) 芽生(めい) 芽美(めぐみ) 芽実(めみ) 夏芽(なつみ) 芽(いぶき) 彩芽(あやめ)

研究家オススメ!縁起のいい漢字

20160901-4
http://www.asoview.com/
https://biobebe.mx

「佑」「祐」「紀」「海」「友」「貴」「実」「由」「佳」「麻」「映」「侑」「拓」「智」「鉱」「知」「未」「元」「恵」「瑛」「修」「章」

姓名判断の研究家として名高い“中山雲水氏”が選抜した縁起のよい字源をもつ漢字。その多くが、神事や人との繋がりに関するものとなっています。
名付けにも使いやすそうな漢字がピックアップされています。

縁起のいい左右対称の漢字

20160901-5
<http://www.mizuhikiya.com/shopping/meimeisyo-sikisi.html” tar-get=_”blank”>http://www.mizuhikiya.com/

「亘」「嵩」「崇」「貴」「真」「高」「昌」「晶」「章」「大」「円」「栞」「茜」「蘭」「南」「華」「杏」「春」「里」

姓名判断において、左右対称の漢字は、運勢が高く、縁起がいいとされています。中国やヨーロッパにおいても、古くから左右対称の字は縁起がいいとされています。左右対称の漢字を使った名前を縦書きに書いて見ると、表も裏も同じになることから「裏表のない人」とも捉えられているようです。

愛を込めて名付けをしよう!

20160901ー7
http://free-photos.gatag.net/

名付けをする際、画数や漢字にこだわるあまりに赤ちゃんの名前がなかなか決まらなかったり、書いたり、読むのも難しいような名前を付けるのも考えもの。名付けに使う漢字の意味はあくまで参考にしながら、苗字とのバランス、響きなどを考えて、赤ちゃんへの愛情と想いがたっぷりと詰まった「名前」という最高のプレゼントをしてあげましょう。


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)


トップ画像出典: http://preparingmotherhood.com/

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします