子供の教育・成長・遊び

子供の身長を伸ばしたい方必見!背の高い人達が実践した7つの習慣

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

最近の子どもは食の欧米化で、背の高い子が増えてきました。そのため背が低いとかえって目立ってしまいます。

小学校の高学年くらいになると、身長の差はどんどん広がってきて

「うちの子大丈夫かしら」
「遺伝だから仕方ないのかしら」
「このままだとホルモン治療が必要になるの」

などなど親ならではの悩みもありますね。

男の子2人を持つ私も「男の子はやっぱり背が高くないと」と一生懸命牛乳を飲ませたり、小魚を食べさせたりしていました。

おかげで二人とも175㎝は超えました(ちなみに私の身長は160㎝)。子どもの身長が高くなるには、遺伝だけではない習慣によるものもあるようです。それを実践すれば、あきらめていた身長も伸びるかもしれません。



身長は遺伝だけでは決まらない

子どもの背NO1
http://jewishbusinessnews.com/

「身長は遺伝で9割決まる」という人がいますが、ある研究では遺伝は20%、栄養が30%、運動と環境がそれぞれ20%という結果が出たそうです。身長の低さは遺伝だからとあきらめる前にやるべきことをやってみましょう。

お母さんが大きいと、子どもも大きくなる?

よくお母さんが大きいと、子どもも大きくなるといわれますが、これはちょっと疑問。実は「親の環境が遺伝する」可能性の方が高いのです。

たとえばよく食べて育ったお母さんは、子どもに対しても「よく食べる生活習慣」を身につけさせる傾向があります。

お母さんが食が細かったり、食べ物にあまり興味がない場合、子どもも同じ、食に興味がない傾向が強くなります。

身長が将来伸びるかわかる「骨端線」

今は背が低くても、これから十分に伸びる可能性があるのかないのか。これは骨に「骨端線(こったんせん)」があるかどうかでわかります。子どもの骨の先端付近には、レントゲンで見ると透けて線のように見える軟骨があります。

【骨端線 イメージ】
骨端線 
出典:sintyounobasu.com

子どもは、この骨端線の部分が伸びて大きく成長していきますが、成長とともに骨端線は次第に硬くなって、普通の骨に変わります。

背を伸ばすためには、この骨端線をできるだけ維持することが大切です。そのためには、成長ホルモンやカルシウム等の栄養などが不可欠です。

背の高い人が皆、小さい頃から大きかったわけではありません。中学生になってびっくりするくらい背が伸びたり、思春期を過ぎてからも伸びたという人もいます。実は、背の高い人には共通した習慣があったのです。

高身長に共通する習慣1、外遊びが大好き

子ども背NO3
fggam.org/

背の高い人は外で元気に遊びまわっていたという人が多いようです。外で体を動かせば、自然とお腹が空きます。

お腹が空けばたくさん食べて、疲れるのでぐっすり眠ります。睡眠と栄養の部分で背が高くなる良好な環境が生まれます

さらに太陽の光を浴びることによって体内でビタミンDを作るため骨の成長を促します

高身長に共通する習慣2、暇さえあれば寝ていた

Boy sleeping with teddy bear
huffingtonpost.com/

睡眠中は、成長ホルモンが分泌されます。そしていろいろな部分が修復されます。とくに子供から大人に変わる思春期には、細胞分裂が盛んですから、体は睡眠を求めている時期。

背の高い人は思春期に9時間は寝ています。夜だけでなく電車の中など、どこでも寝られたという人も。寝る子は育つというのは本当のことです。

高身長に共通する習慣3、肉や炭水化物が大好き

子ども背NO4
motherforlife.com/

食事はもちろんバランスよく摂るのが大切ですが、背の高い人が好んで食べるのが肉や炭水化物です。肉なら毎日でもいい。炭水化物であるご飯は必ずおかわりをするなど食欲も旺盛です。エネルギー源をしっかりと補給して、よく体を動かすことが大切です。

高身長に共通する習慣4、濃い味が好きで早食い

ご飯が進むのはやはり濃い味付けのおかずになります。ダイエットをするときには、よくかんで食べると満腹中枢が刺激されるから少ない食事で満足できるとよく言われます。

背の高い人はちょうどこれとは逆に、早食いだったために満腹中枢が刺激される前にたくさん食べるというサイクルになっているようです。



高身長に共通する習慣5、姿勢に気をつける

背筋を伸ばして歩いたり、座ったりすることが大切です。猫背になると背骨や関節にゆがみが生じて縮みをおこします。

背骨を正しい状態にしておけば、骨も伸びやすくなります。そのためにはストレッチが効果的です。簡単なストレッチとしては、朝起きた時に思いきり伸びをすることです。

これを何回か繰り返すことで、血流もよくなり、硬くなった筋肉を柔らかくして、骨の成長を促します。鉄棒にぶら下がるというのも効果が期待できます。

高身長に共通する習慣6、背を伸ばすためのスポーツをする

子ども背NO5
heraldsun.com.au

背が伸びるためには、骨の先端にある軟骨の部分が破壊と再生・新生を繰り返して、少しずつ伸びていきます。

骨に対して縦方向に力が加わることで骨を作る細胞が刺激され、より多くのカルシウムを取り込もうとします。

そのため、スポーツとしてはよくジャンプするバスケットやバレーボールなどがよいとされています。

高身長に共通する習慣7、気持ちがポジティブ

物事にとらわれず、クヨクヨしない大らかな性格の人のほうが背は伸びるといわれています。心配事や悩み事などストレスを招くようなことがあると食欲が落ちますし、眠りが浅くなったりします。

また成長ホルモンの分泌も悪くなってしまいます。子どもの心を安定させること。そのために親が出来ることは親自身が大らかな気持ちでいることです。

睡眠の質を落とさないためにも、寝る前のスマホはNG

Playing with a smartphone
huffingtonpost.jp/

最近では、小学生でもスマホを持っている時代です。寝る前にスマホでゲームをやったり、LINEをやっていると、ディスプレイから発せられるブルーライトによって網膜が刺激され、脳を覚醒させてしまいます。

いざ寝ようと目をつぶっても、脳が興奮してなかなか寝付けなかったり、眠りが浅くなって熟睡できないということになります。

せめて寝る前の3時間前にはパソコンやスマホは控えるようにしましょう。そして遅くとも成長ホルモンが分泌される午後11時には、深い眠りについていることが背を伸ばすためにも必要です。


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)


トップ画像出典: aliexpress.com

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします