出産

無痛分娩にも痛さはある!無痛分娩の流れは?体験して学んだこと

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

はじめに

baby feet in mother hands - hearth shape

http://www.mother-academy.com/

アメリカやフランスでは主流の無痛分娩ですが、日本ではまだまだ少数派ですね。
それでも日本で少しずつ浸透し興味を持っている人も多いはず。

そして私は「痛いなら産みたくない」と思うほど痛みが苦手なので、無痛分娩を行っている病院を必死に探しました。
実際に体験したことをもとに、無痛分娩についてご紹介していきます。

無痛分娩とは

1000sq_instagram_1-mom-3-birth-stories

http://www.parenting.com/

麻酔によって陣痛の痛みを取り除いたり、和らげたりして出産することを無痛分娩と言います。日本では硬膜外麻酔を用いる方法が多いです。たいていは、背中から腰の脊椎近く(硬膜外腔)に細いチューブを入れて局所麻酔を注入し、出産の痛みを和らげます。

出産の痛みの感じ方には個人差があり、痛みに対する恐怖・不安などのストレスから分娩に悪影響を及ぼすことがあります。その為、出産の時の痛みを適切な処置で取り除くことは、安全な出産を行う為の一つの方法と考えられています。

無痛分娩のメリット・デメリット

demerit

http://macrobistyle.com/

メリット

・痛みを和らげてくれる
・疲労が少ない
・産後の回復が早い
・万が一帝王切開になったとき、麻酔のカテーテルをそのまま利用し、速やかに切り替えることができる

デメリット

・費用が高い
・無痛分娩をやってくれる病院が限られている
・出産の進行が遅くなる時もある
・稀に麻酔での副作用の可能性がある

その他

・陣痛促進剤や吸引分娩を行うこともある
・昔心配されていたような麻酔のリスクは、ほとんど赤ちゃんに影響しない

無痛分娩の流れ

p_83405543

http://www.parents.com/

① 陣痛が起こる前に、無痛分娩の日取りを決める。
② 入院後は、胎児心拍モニターを装着し、陣痛促進剤を開始する。
③ 陣痛が始まる。
④ 子宮口が4~5㎝開いたら、背中から硬膜外麻酔チューブを挿入し、麻酔を開始する。

<硬膜外麻酔の処置>
・手術台の上で横向きになり、背中を丸める。
・背中の皮膚を消毒し、痛み止めの注射を打つ。
・硬膜外麻酔の針を背中に刺し、チューブを挿入する。
・挿入したチューブから麻酔薬を投与する。

⑤ 麻酔開始後は、定期的に血圧を測定し、麻酔効果を確認しながら麻酔薬を追加する。麻酔開始後は、ベッドの上で過ごし、トイレは管で尿をとってもらう。
⑥ 子宮口が全開したら、分娩室に移動する。
⑦ 普通分娩同様、いきみ、出産する。この時、会陰が割けるのを防ぐため事前に会陰切開する。また、吸引分娩を行うこともある。
⑧ 分娩終了後、会陰切開の部分を縫合し、麻酔のチューブを抜く。
⑨ 産後6時間ほどで歩くことができる。

体験して学んだこと

SONY DSC

SONY DSC

http://www.seeyourinterest.com/

計画的分娩をした

私の場合、予定日を過ぎたことや人員的問題等で、出産予定日を決め、陣痛促進剤で人工的に陣痛を促し計画的分娩を行いました。もし予定日までに陣痛や破水が起こった場合は状況が許す限り無痛分娩を行ってくれますが、麻酔を打てる人が限られているため、その人たちが他の出産や学会等で「対応できない事もある」と言われていたのでドキドキでした。結局計画的分娩だったので、無事に無痛分娩できたのですが、何が何でも無痛分娩がいいと言う人は四六時中無痛分娩を行ってくれるかを確認しておいた方がいいです。また、無痛分娩は陣痛促進剤の使用や計画的分娩を行う事が多いので、それに抵抗がある人には向かないかもしれません。

陣痛の痛みはある

痛みが嫌で無痛分娩を希望しましたが……痛かったです!陣痛促進剤で陣痛が起き始めた時は生理痛が重い感じで余裕だったのですが、進むに連れ痛みが増していき、泣き叫んでいました。それでも子宮口4~5㎝開かないと麻酔をしてくれないので、ひたすら耐えるしかありません。陣痛の痛みの感じ方には本当に個人差があり、子宮口4~5㎝でも「一人で歩いて病院に行き産んできたわよ」と言う人もいれば、私のように子宮口2~3㎝で息も普通にできない程痛がる人もいます。やっとのことで麻酔を打ってもらうと嘘のように痛みが引いていき、楽になりました。それでも数時間おきに麻酔は切れ、そのたびに麻酔を追加してもらい、効くまで痛みと戦うのを繰り返していました。

出産の痛みはない

たびたびくる陣痛の痛み等で疲労がピークになった着た頃、やっと子宮口が開き、分娩台に移動しました。会陰裂傷しないように、事前に先生がハサミでチョッキンと切ります。その時の痛みはありません。そして先生が機械を見ながら「今(いきんで)」と声かけがあり、いきむを繰り返します。何回かそれを繰り返し、やっと誕生した我が子。出産時の痛みもありませんでした。そしてその後、会陰を綺麗にしたり、縫ったり色々しているのですが、何も感じません。無事に産まれてきた我が子への感謝と、出産をやり遂げた達成感でいっぱいでした。

産後も痛かった

無痛分娩の麻酔が切れてくると、襲ってくる痛みが、会陰の痛みと後陣痛。麻酔が切れたので当たり前なのですが、産後は麻酔を打ってくれることはないので痛みに耐えるしかありません。また、出産するまで「後陣痛」という言葉すら知らなかったので、はじめは訳も分からない後陣痛の痛みに恐怖していました。

終わりに……

birth-injury

http://www.farrellpatel.com/

無痛分娩にかかった費用は+5万円で、市からの助成金では足りず自腹をきりました。家計にとってはけっこうな痛手ですが、それでも、その価値はあると思います。麻酔するまでの痛みが出産するまで何時間、何十時間とずっと続いたり、さらに強い痛みがあったりと想像するだけで気絶しそうです。痛みを伴う無痛分娩だけれど、もし二人目ができたとしても、無痛分娩なら頑張ろうと思えました。

また「お腹を痛めた子のほうがかわいい」という方もいますが、どんな産み方でも我が子は皆かわいいです。むしろ、出産で体力を使い果たさない分、出産時の我が子の対面時の喜びが鮮明に覚えていられるのではないでしょうか?出産の痛みに不安や恐怖がある人には特に「無痛分娩」も考えてみて下さいね。

トップ画像出典: https://childdevelopmentinfo.com

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします