妊娠・出産

2歳から始めるプレ幼稚園とは?そのメリットについて

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0



プレ幼稚園とは


world-kosodate.com
幼稚園は満三歳以上のこどものための教育機関。

プレ幼稚園は、幼稚園にはまだ入れない二歳~三歳のこどもと保護者のためのクラスを幼稚園が開設したもの。未就園児クラスと呼ばれることもあります。

幼稚園に慣れてもらうこと、幼稚園についてしってもらうこと、そして保護者同士の交流を目的としています。

プレ幼稚園のスケジュール

プレ幼稚園は、短い場合は一時間、長い場合は半日程度。たいていは隔日で、週一日~週三日くらいがよくある登園パターンです。

園にもよりますが、多くはゴールデンウィーク明け~6月初旬くらいにスタートするプレ幼稚園が多いようです。

内容は?

普段は手遊びやお工作、お歌などですごすのが一般的なようです。季節行事を取り入れて、プレ幼稚園のイベントを楽しむことも。また、幼稚園のイベントにプレクラスとして参加できる園もあるようです。

母体となる幼稚園のカリキュラムを反映させ、英語、食育、アート、スポーツを取り入れた特色ある活動をしていることもあります。

入会するには

プレ幼稚園の申し込み・面接の時期の目安は春頃。

決まった時期に説明会・申し込み・面接があって入会が決まる園、随時募集の園などの登録制のプレ幼稚園と、自由参加のプレ幼稚園があります。

人気幼稚園のプレ幼稚園はやはり人気が高く高倍率に。 兄弟姉妹優先だったりすることも。

ひとりで身の回りのことができる、母子分離ができている、おむつがはずれているなどの条件があるプレ幼稚園もあります。

制服は

服装は自由なところがほとんどなようです。

母子分離

プレ幼稚園によってはいきなり母子分離が必要なところもあります。多くは前期は母親同伴、後期にだんだん母子分離していくというタイプ。事前によく確認しておきたいポイントのひとつです。

プレ幼稚園はかけもちできるの

プレ幼稚園の頻度にもよりますが、かけもちは可能です。お子様にあった幼稚園を見つけるために、複数園のプレ幼稚園に参加するケースもあります。

幼稚園入園に有利なの?

もともと幼稚園側も園児の確保を目的のひとつとしていることが多いため、入会者には優先入園の権利があるプレ幼稚園もあります。

一方で、プレ幼稚園はあくまで育児支援であり、入園考査には一切影響しないという園もあるので、説明会や申し込みの際によく確認しましょう。



メリットは


preschool.fpcvicksburg.org
プレ幼稚園のメリットをあげてみましょう。

集団生活に慣れる

同じ世代の年齢集団の生活に慣れることができます。

公園などで自由に遊ぶにではなく、みんなと同じことをする一斉行動に慣れることができるのはプレ幼稚園ならではでしょう。

スムーズな母子分離にもつながります。

幼稚園選びの参考になる

幼稚園のお教室に入り、先生と過ごすプレ幼稚園。
幼稚園の園児と一緒に行事をするプレ幼稚園もあります。

そんな中で、ホームページやパンフレットでは知ることのできない幼稚園の実際の様子を体験することができるのも、プレ幼稚園のメリット。
志望園の参考にすることができます。

保護者同士の交流

保護者も参加することが多いプレ幼稚園。
プレ幼稚園の活動をつうじて、保護者同士の交流も生まれることでしょう。

特に、入園を前提としているプレ幼稚園の場合、入園後の保護者つきあいの雰囲気の参考になることでしょう。

受験準備、お稽古のひとつとして

幼稚園受験のための準備として、また幼児教室などのお稽古のひとつとしてプレ幼稚園に通うご家庭もあるそうです。

まとめ


www.stpetershome.com
保護者もこどもも、ゆっくりと社会に馴染むことができるプレ幼稚園。
がんばりすぎずに、上手に活用したいですね。


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)


トップ画像出典: www.kindercare.com

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします