1歳~3歳児 料理・レシピ

1歳児が喜ぶお弁当アイディア集

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

離乳食も完了期を迎え、色々なものが食べられるようになる1歳。

歩くようになり、行動範囲も広がる頃ですので、お弁当を持って公園に遊びに行く機会も増えるのではないでしょうか。

普段は食の細い子供、好き嫌いをする子供でも、お外という特別な場所になると、気分が嬉しくなり、たくさん食べてくれることも多いものです!

今回は、外でも食べやすい、1歳児向けのお弁当と、一緒に持って行きたいアイディアグッズを集めてみました。



主食は手づかみが食べやすい!


www.visitnoosa.com.au

軽いレジャーシートを持って、芝生に座って食べやすいのは、やはり手づかみのお弁当。定番のおむすび・サンドイッチも、ちょっとした工夫で可愛らしくなります!

細巻をお花に見立てて!

c070992a92744fa365f17c7483ff8473

クックパッドで作り方を見る

海苔でご飯を挟みお花型に並べると、晴にぴったりの行楽弁当になります!

通常の細巻とは違い海苔で挟むだけなので、工程はとっても簡単!一口サイズなので、1歳の子供でも手を汚さずに食べられそうですね。ご飯にでんぶを混ぜると、彩もきれいなお弁当になるでしょう。

野菜もたっぷり!春巻き風ロールサンド

お弁当になると、ついつい野菜が不足しがち…。そんなときは、野菜をふんだんに使ったサンドイッチはいかがでしょう。人参・キャベツで彩も鮮やかです。作り方はとっても簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね!

おかずはパクッと食べられるサイズに!


dreamersdontgiveup.wordpress.com
余裕があれば、主食だけでなくおかずもあると嬉しいですね。手軽にできる、簡単なおかずを集めてみました。

ちくわが便利!

f15a3d49e5037e29426e5d25a2cc3030

クックパッドで作り方を見る
一口サイズで食べられるおかずと言えば、ちくわの中にキュウリやチーズを入れるものが定番ですね。加熱してもそのままでも食べられるちくわは、実に万能な食材です。

中に入れるだけでなく、縦に細長く切って巻き、チーズを乗せて焼いても面白い!ウインナーと合わせて、こんな可愛いカタツムリにするアイディアも楽しいですね。

梅雨の時期や雨の多い秋、ちょっとした晴れ間を逃さず、お弁当を持って近所にお散歩に出かけてみてはいかがでしょう。

ただの卵焼きが簡単にお花型に!

be03f4634696304a79e876a47dfde79a

クックパッドで作り方を見る
お弁当のおかずとして定番なのが卵焼き。

でも、いつもそのままでは、正直つまらない!竹串とラップを使って、こんなに可愛らしい形の卵焼きに大変身させてしまいましょう!

焼くときに、中央にカニカマを入れたり、出来上がりの中心に枝豆をちょこんと乗せると、より可愛らしくなります!

枝豆はピックに差すだけ!

rjbEp

http://pecolly.jp/user/photos_detail/3743527

冷凍で売られている枝豆は、季節を問わず使える万能食材のひとつです。そのままはもちろん、可愛らしいピックに差すとお弁当が一気に華やかに!画像のように、コーンと交互に差すと、色がとってもきれいですね。

90a026b2f4bef2a3fd1579210b4f7575
クックパッドで作り方を見る

枝豆を細く切ったしゅうまいの皮に包んで、スティック状に揚げたおかずもおすすめです!

ウインナーの飾り切りが可愛い!

お弁当の定番であるウインナー。子供は大好きですよね。ただ入れるだけでも食べてくれると思いますが、可愛らしい飾り切りにすることで大喜びしてくれること間違いありません!

82aac4fe683c54d457895c8fe7c35fbf

http://cookpad.com/recipe/740807

他にもいろいろな飾り切りのアイディアがあります!
http://matome.naver.jp/odai/2134953407312711001



そのまま使える市販の便利食材!

chefmom.sheknows.com

すべてを手作りするのは大変!そんなママには、メインのおむすびやサンドイッチを手作りして、そこに市販の食材を添えてもいいですね。

そのまま、ピックに差すだけなど、便利な食材も色々あります。

1歳からのチーズ

102001l

http://www.meg-snow.com/youji/
雪印メグミルクで扱っている1歳からのチーズは、手に持って食べやすいのはもちろん、口どけがなめらかなので、歯が生えそろう前でも安心して与えることができます。塩分もカットされているのは嬉しいですね。子供のお弁当にぴったりです!

ミニトマト

9c1d9862a83c104f4d8523682061dddf36235070.58.2.3.2
http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1400000813/

スーパーで手軽に手に入るミニトマトは、色もきれいで子供も食べやすいのでおすすめ!

そのままはもちろん、切ってスライスチーズを挟めたり、中をくり抜いてツナを詰め込むなど、アレンジもしやすい食材です。

アイディア次第で食べやすく!


cafy.jp

お外で食べるときには、フォークやスプーンを使わないお弁当が良いでしょう。そのため、次のことに注意してくださいね。

食べやすくする工夫をしましょう。

◆素手で持っても手が汚れにくい食材を!
パンやミニトマト、枝豆など、手がべとつかない食材がおすすめです!

◆汁気の出ないものを!
葉物野菜や和え物など、汁気が出てしまうおかずは、1歳の子供には不向きです。気温に関わらず卵焼きはしっかり加熱をする、ミートボールはソースを使用しない等の工夫にも目を向けてくださいね。

◆ピックを活用!
ピックは可愛らしさUPのためだけでなく、食べやすくするためにもぜひ活用してください。食材はパクッと食べられる一口サイズにカットして、ピックを刺してあげてくださいね。

normal
http://www.recipe-blog.jp/profile/91634/blog/14225352

normal1
http://www.recipe-blog.jp/profile/3858/recipe/862802

行先は特別な場所じゃなくても!


www.wgsn.com
お弁当を持ってピクニックと考えると、ついつい気を張って疲れて帰って来ることになるママは多いかもしれませんね。しかし、1歳の子供ですから、行先は特別な場所でなくても良いのです。

近所の公園やお家の庭でもOK

昼間は近所の公園など、いつも行く場所でも子供はとっても喜びます。行き慣れた場所の方が、かえって精神的な疲れを見せず、元気にたっぷり遊べることでしょう。

そして、意外と目を向けることがないのが、自宅の庭。日が長い夏には、昼食だけでなく、夕涼みを兼ねて庭に出たり、近所の河原に夕飯としてのお弁当を持って出かけるのもおすすめです。

外で食べるお弁当は、食べこぼしの心配もいりませんので、ママもきっと美味しく楽しいひとときを過ごすことができますよ!


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)


この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。

トップ画像出典: www.crediblecravings.com

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします