幼稚園・保育園

あなたはいつからにする?満3歳での幼稚園入園のメリット・デメリット

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

幼稚園の園児募集ポスターなどで、三歳児保育という文字を目にしたことはありませんか。

気になっている方も多いであろう満三歳児保育について、メリット・デメリットなどをまとめてみます。



満三歳児保育とは


teachingcommons.cdl

学校教育法26条により、こどもが幼稚園に入園できるのは満三歳からと決まっています。

満三歳児保育とは、幼稚園に入園できる最少年齢である満三歳になれば、次の年度を待たずに幼稚園に入園できる保育形態です。

幼稚園と保護者の願望が一致

少子化や保育園児の増加によって、幼稚園に在籍するこどもの数は減少する一方です。そんな中、少しでも園児を獲得したいという幼稚園側。

一方、保護者側でも、孤独な育児、社会復帰への希望、幼稚園激戦区での入園への不安から、少しでも早い幼稚園入園を望むように。

こうして双方の願望が一致したことにより、満三歳児保育が増えているものと見られています。

保育園との違い

幼稚園の管轄は文部科学省であり、学校教育基本法に定められた教育機関です。

保育園の管轄は厚生労働省。保育所保育指針に基づき、保育のサポートを行う施設という位置付けです。

満三歳児保育の幼稚園は、通常よりも入園時期が早いものの、あくまで幼稚園。預かり保育などのある園もありますが、保育時間は基本的に四時間程度、祝日、休日はお休みで、夏季や冬季の長期休暇もあります。

入園時期

一般に三年保育(年少・年中・年長)の場合、入園する年度内に四歳の誕生日を迎えるこどもが年少さんとして入園できます。

しかし、満三歳児保育の場合、幼稚園によって条件が異なるようですが、満三歳を迎えた翌日、または翌月から入園できるケースが多いようです。

主に2つのタイプが


www.huffingtonpost.com
満三歳保育は主にこの2つのタイプ。

年少クラスを二回の場合

満三歳になったら、学年的にはひとつ上のこども達と同じ年少クラスに途中入園します。翌年度は自分と同じ学年のこども達と一緒に年少クラスに継続して在籍。

つまり、年少クラスを二回経験することになります。満三歳児入園児があまり多くない幼稚園、全体に少人数の幼稚園、縦割り保育で年齢にこだわりのない幼稚園などに多いようです。

満三歳児クラスがある場合

満三歳になったら満三歳児専用のクラスに入園します。翌年度は、年少クラスに進級します。ずっと同じ学年のこども達とすごすことができます。

満三歳児入園の多い幼稚園、全体に人数の多い幼稚園、カリキュラム型の幼稚園に多いようです。



メリット


citygirlbusinessclub.com

満三歳児保育にはこのようなメリットがあるそうです。

保護者の社会復帰が早い

満三歳児で入園ですので、当然、保護者の手を離れるのも早くなります。保護者が自分の時間を確保し、社会に関わる時期が早くなるというメリットがあります。

春生まれの子へのメリット

春生まれ、特に四月二日~のお子様は成長に対して幼稚園への入園が遅く、遠く感じるのではないでしょうか。

お子様の誕生日によっては、三歳からのほぼ一年間を自宅ですごすことに。集団生活経験スタートの差が早生まれのお子様と一年近くつくことに不安を感じる保護者もいるようです。

満三歳児保育なら三歳になってすぐに通えるので、発達や成長にあわてその子にとってベストなタイミングで入園できます。

幼稚園激戦区の場合

横浜市や世田谷区のような幼稚園激戦区の場合、少しでも早く入園させたい思いが他よりも強くあり、満三歳児保育への期待も大きいものがあります。

しかし、満三歳児保育でさえも兄弟姉妹優先、抽選ということもあります。

上の子と一緒に通える

上のお子様と同じタイミングで入園できて、長時間の母子分離がスムーズだったというケースも。

デメリット


cuta.jp
メリットがあれば当然デメリットもあるものです。

年少クラスを二回が不満

年少クラスを二回経験するタイプの場合、お友達と離れてしまったり、疎外感を味わうこともあるそうです。

どのようなクラス分けで満三歳児が扱われるのか、事前によく調べておくことで回避できるデメリットです。

不公平感がある

満三歳児保育の場合、四月二日生まれの子から順番に入ることが可能になります。
人気のある幼稚園の満三歳児保育になると、秋以降に生まれたこどもは定員オーバーになってしまうことも。
そして、年少クラスの入園は高倍率に。

満三歳児保育クラスに比較的スムーズに入園できる春生まれに較べて、秋以降生まれのこどもは不利になっているという不公平感があり、不満に感じている保護者もいるようです。

まとめ


www.franchiseindia.com
まだまだ個人差が大きい幼児。
ゆっくり二年保育があう子もいれば ぐんぐん満三歳児保育があう子もいるでしょう。
それぞれにあったスタイルの保育が見つかるように、選択肢が増えるのは良いことだと思います。


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)


トップ画像出典: www.dorsetccc.com

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします