1歳~3歳児 幼稚園・保育園

初めての幼稚園説明会!いつある?どんなことする?見るポイントは?持ち物は?服装は?子連れはあり?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

秋は、入園に向けた準備の季節。

多くの幼稚園で、9月に園庭開放や説明会があり、10月から願書配付がはじまり、面接が行われます。

幼稚園は”簡単に入れない”ということを知っておこう

我が家は、昨年の秋、引っ越したばかりでどの幼稚園がいいのか分からないまま、幼稚園を探しました。

「待機児童の多い保育園と違って、幼稚園はどこでも入れるでしょ?」と高をくくっていたら大間違い!

徒歩圏内に公立幼稚園はなく、私立幼稚園のみ。しかも悪いことに、幼稚園激戦区でした。

すでに説明会が終わってしまった園。

未就園児向けのプリスクールに通わないと、入園できない園。

園庭開放や運動会の見学に参加しないと、面接が不利になる園。

などなど色々な幼稚園があり、すっかり遅れをとってしまいました。皆さんは、幼稚園の説明会に向けて、しっかりと準備しましょうね。

説明会って、いつあるの?

ph2

はじめに、秋は幼稚園入園準備の季節と言いましたが、お受験私立幼稚園と、普通の私立幼稚園、公立幼稚園では、スケジュールが異なります。

お受験私立幼稚園の説明会はいつ?

都内の有名私立では、説明会が4〜7月に開催される園もあれば、説明会の参加が入園の必須条件になっている園もあります。お受験をされる方は、幼児教室の先生に相談して、説明会の参加に乗り遅れないようにしましょう。

公立幼稚園の説明会はいつ?

公立では、まず9〜10月に募集があり、入園申込者が多ければ抽選。その後に説明会が開催される場合や、説明会がないこともあります。詳しくは、自治体のホームページを確認するとよいでしょう。

私立幼稚園の説明会はいつ?

普通の私立は、多くの園で9月に説明会が行われますが、各園によってスケジュールが異なり、説明会の日程がかぶることもあります。
まずは、通わせたい幼稚園や、自宅から通える幼稚園に、電話で問い合わせをするか、ホームページで説明会の日時を確認しましょう。

説明会ってどんなことをするの?

ph3
http://horonisshi.cocolog-nifty.com/blog/

幼稚園の説明会では、教育方針や園の特色、保育料、行事などの説明があり、実際に園内を見学できます。

入園するために、説明会の出席が必須になっていたり、説明会で願書を配付されることもあるので、説明会の日時確認は要チェックです。

我が家は、何件も説明会に参加して、親子共々、満足のいく幼稚園に入園できた今、「説明会は必ず行くべき!」と強く感じています。

「説明会は必ず行くべき!」断言できる4つの理由

ph4

①行かないと分からない、幼稚園の印象

子供達の輝く笑顔。キレイな園舎。広い園庭。

ホームページのイメージ写真は完璧だったのに、実際に足を運んでみると、あれれ?印象が異なることがありました。

特に、先生が園児さんに接する姿勢や、園児さん達の雰囲気は、実際に見ないと分からないもの。

施設内を見学する際に、一番のチェックポイントです。

②幼稚園の評判をリサーチするチャンス!

説明会に参加している他のママ達に話しかけて、幼稚園について聞いてみましょう。すでに在園中の園児さんがいるママなら、幼稚園の実情がよく分かります。

他にどこの幼稚園を検討しているか、聞いてみるのもいいでしょう。

③高い保育料で諦めて、説明会に行かないのはもったいない!

保育料をホームページ上で公開している私立幼稚園は多くあります。けれど「公立に比べて、高すぎる」と諦めていませんか?

私立幼稚園は、入園金や保育料が、自治体から補助される可能性があります。

また兄弟割引のある園なら、2人目、3人目は保育料が0円〜半額と軽減されることも。

説明会では、その点も詳しく説明されます。

④説明会に子連れで参加して、子供の反応をチェック!

説明会には、子供も一緒に参加することをオススメします。

我が家の場合、娘が運動会の予行演習を見て、「私もやってみたい!ここに行きたい!」と言ったことがきっかけで、第一希望の幼稚園が決まりました。

子供の意志も尊重して、幼稚園を選びましょう。

入園後に後悔しない!説明会のチェックポイント5つ

ph5

入園後「こんなに負担が大きいなんて聞いてないよ!」と後悔しないために、説明会で確認すべきことあります。

①早朝預かり・延長保育・長期休暇中のお預かりの有無

最近の幼稚園では、働くママや忙しいママにとって、嬉しいサポート体制が揃っています。

保育時間外の早朝や夕方にお預かりがあるか、夏休みや冬休み中のお預かりもあるか、確認しましょう。

②毎日のことだから気になる 給食orお弁当

毎朝のお弁当づくりが負担・・・心配なら、給食ありの幼稚園はいかがですか?

食育に力をいれている園の給食は、日々の献立の参考にしたくなるほど、美味しそう!

逆にお弁当にこだわる園では、キャラ弁禁止、ソーセージや冷凍食品禁止なんて、厳しいルールに愕然!説明会で詳しく聞いてみましょう。

③幼稚園の送迎も親の負担 徒歩orバス

徒歩通園なのか、バス通園もあるのか、ママにとっては気になるところです。

徒歩通園なら、幼稚園での様子もよく分かり、ママ友もできやすい反面、午前保育の日は、「さっき送り出したのに、もうお迎えの時間!」と、入園前より忙しくなることも!

バス通園の場合は、ルートや乗車時間、バス費用を確認しましょう。

④課外活動(習いごと)の有無や内容

最近の幼稚園では、保育時間後に、習いごとができるところもあります。

ピアノや体操、英会話、学研など、親が連れ添わなくても、賢くなるチャンス!課外活動の有無や内容も、確認してみましょう。

⑤入園後の大きな負担 PTAや保護者会(父母会)

PTAや保護者会(父母会)の盛んな園は、保護者も幼稚園の行事に深く関わります。

年数回の役員会や行事に駆り出され、バザーの出品義務に慌て「きいてないよー!」と涙目になってしまうかも?!

説明会に、保護者会の代表が出てきて、長々とお話をした時は、保護者会の力が強く、大変な可能性大です。


いかがですか。こどもにぴったりの園を見つけて、入園後の負担を減らすためにも、「説明会に行かなくちゃ!」そんな気持ちになってきたでしょうか。

説明会の日時を確認したら、次は、当日の服装や持ち物を準備しましょう。

周囲から浮かない服装を心がけましょう

ph6
http://www.espoir-kon.com

説明会の服装は、幼稚園によってそれぞれ異なります。

お受験の園では、説明会に父母揃っての出席が必須で、紺色のフォーマルなスーツでビシッと決めていくのが当然という雰囲気があります。

一方、説明会に行ってみたら、周囲はみんな普段着で拍子抜けすることも。

お受験の園なら、幼児教室の先生に相談するか、ネットで行きたい幼稚園の口コミ情報を調べてみると参考になるでしょう。

自宅から徒歩圏内の園なら、地域の支援センターで会う先輩ママや、ご近所のママに、どんな服装が良いか聞いてみれば間違いありません。

いずれにせよ、周囲から浮かず、清潔感のある服装を心がけましょう。

これさえあれば安心!当日の持ち物

ph7

  • 筆記用具(確認したい項目をメモしておけば安心)
  • 大人用のスリッパ(スリッパに履き替える際、靴を入れる袋も必須)
  • 子供用のスリッパ(未使用の運動靴などでも大丈夫)
  • 大きなバッグ(配布物や願書など、まとめて入るサイズが便利)
  • 子供用のオモチャ(シールブック、お絵かき帳など音がでないもの)
  • デジカメ(幼稚園の許可をとって撮影しましょう)

幼稚園入園前のお子さんであれば、説明会の間も、静かに待つ練習になります。子供が飽きないように、おとなしく遊べるオモチャを用意しましょう。

下の弟妹は説明会に連れて行ける?

ph8

下の弟妹がいる場合は、祖父母に預けるか、父母揃って参加して、泣き出したら退室できるようにします。どちらも難しい場合は、授乳&抱っこひものコンボ技で寝かしつければ、説明会に集中できます。万が一、弟妹が愚図っても、周囲はみんな理解のある、子育て経験者ばかりなので、気負わなくても大丈夫です。

準備万端に整えて、お子さんにぴったりの幼稚園を選んでくださいね。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします