1歳~3歳児

オムツが外れない…トイトレに半年以上かかって分かった!トイレトレーニングの必勝法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

2〜3歳を子育て中のママが、直面するトイレトレーニングの問題。2歳頃からオムツ卒業のお友達が増えて、焦りはじめるママも多いんじゃないでしょうか。

私にとってターニングポイントは、幼稚園の説明会でした。

「幼稚園は、教育機関なので、入園までにできるだけオムツをはずしてください」

我が家は、焦ってトイレトレーニングをはじめた結果、娘(当時2歳10ヶ月)のオムツが、完全にはずれるまで、半年以上かかる羽目に!

会う人会う人「トイトレどうやって成功した?」と口癖のように聞いて、ありとあらゆる方法を試しました。

そこで分かった、すぐにオムツを卒業できたトイトレ勝者と、先が見えないトイトレ地獄を味わった我が家の違い。

そしてトイレトレーニングをはじめる前に知りたかった必勝法をお伝えします。



こんなトイトレは失敗する!
トイトレ大失敗を反面教師に

ph2
http://www.kidspot.com.au

まず、我が家が失敗した原因を、ふりかえってみます。

    【トイレトレーニング失敗の原因】

  • ・オムツの性能に頼りすぎて、子供が尿意に気づいていなかった
  • ・トイレでおしっこをするやり方を教える前に、おまるデビューした
  • ・子供をトイレへとうながす、声かけを頻繁にしなかった
  • ・親のイライラを子供にぶつけて、子供がトイレ嫌いになった
  • ・オムツとトレーニングパンツを併用した結果、トイトレが長引いた

落ちるべくして落ちたトイトレ地獄。皆さんは、我が家を反面教師に、有効なトイレトレーニングをしてください。

「特別なことは何もしなかった」はウソ!
トイトレは準備が必須!

ph3
http://www.bornfreemumanddad.co.uk

トイレトレーニングとは、その名の通り、トイレの訓練、練習です。

「うちの子は、何もしなかったけれど、オムツはずれたよ」

こんな言葉を鵜呑みにしてはいけません。

「全然勉強してない」と言って、テストでいい点数をとる級友と同じくらい信用できない言葉です。トイレトレーニングは、しっかり準備をして、はじめることが肝心なのです。

スムーズにオムツがはずれた子供には、共通点がありました!

ph4
http://www.happinessishomemade.net
2歳前後ではじめることの多いトイレトレーニングですが、個人差があるので、年齢で区切ることはできません。

オムツ卒業に向けて、子供の体の準備が整っているか、やる気があるか子供の変化を観察して、慎重にスタートしましょう。

見逃さないで!子供のシグナル

    【トイレトレーニングOKサイン】

  • ・おしっこやうんちが出そうになると、立ち止まったり、変な顔をして、尿意や便意を感じている
  • ・子供が、濡れたオムツを嫌がり「オムツをはきたくない!」と言う
  • ・排尿間隔が長く、2〜3時間オムツを濡らさない
  • ・「パンツをはく?オマルに座ってみる?」と聞いた時に意欲がある

事前の準備がトイトレ必勝の鍵!

ph5
http://bebefeliz.com

まずはこの3つを準備しましょう。

準備①トイレのやり方を教える

家族のトイレを見学させたり、人形をおもちゃのオマルにまたがせて、おしっこすることを教えます。

定番の「おかあさんといっしょ」「しまじろう」のトイレの歌や、トイレが楽しいイメージに早変わりする「ぼくのトイレ」(鈴木のりたけ著)、名作絵本「みんなうんち」(五味太郎著)といったトイレ絵本の読み聞かせも効果的です。


¥ 972
アマゾンボタン


¥ 1,296
アマゾンボタン

準備②子供が一人でも扱えるおまるを準備する

子供が座った時に安定感のあるおまるや、子供が一人でまたぐことができて、便座から簡単に取り外せる補助便座タイプのおまるを準備しましょう。


¥ 2,182
アマゾンボタン

準備③お漏らし対策グッズは、複数枚準備を

大きくて分厚いトレーニングパンツや、防水ズボン、防水シーツを、洗いかえができるように複数枚用意します。


¥ 1,490
アマゾンボタン



数日でオムツ卒業!ママと子供が一緒に頑張る短期集中トイレトレーニング

ph6
http://missburbach3c.weebly.com
最短で3日〜2週間でオムツを外せた、そんなトイトレ勝者ママが、共通して実践していたこと。

それは、連休中に外出を控え、自宅でトイレトレーニングを集中的に行うことです。この短期決戦で重要なのが、環境づくりです。

①頻繁な声かけとオムツチェック

オムツが濡れていないか頻繁にチェック。
30分〜1時間おきにトイレへとうながします。
おしっこが出なくても、「ちゃんとトイレに行けたね!えらいね!」とほめましょう。

②テレビは厳禁!

子供の集中力がそれるテレビは消して、子供とおしゃべりや、絵本の読み聞かせ、お絵かきなど、室内遊びをメインに過ごします。遊びに夢中になった時は「おしっこは大丈夫?」とトイレトレーニングへと気持ちを向けます。

③トレーニング期間中は、親もソーシャルデトックス!

子供が尿意を感じた時を見逃さないように、親も携帯電話やPCを片付けて、電話、メール、SNSを控えます。

実はこの短期決戦を、何人もの先輩ママ達に勧められていたにも関わらず、我が家では「連休は遊びに行きたい」「テレビを一日中消すのは無理」と挑戦しなかったのです。

けれども、うんちで汚れたパンツをお風呂場で洗う時の情けなさや、わざとラグにもらした娘にイライラしてオムツを投げつけてしまい、ひどく罪悪感にかられたことを思えば、数日間、我慢するべきだったと後悔しています。

長期戦にはご褒美が効く!

ph7

短期決戦でも、オムツをはずせなかったら、長い戦いになることを覚悟して、腹をくくりましょう。

    【長期戦で効果的なご褒美】

  • ・トイレに成功したら、お菓子をあげる。
  • ・自分でトイレに行けたら、シールを貼らせてあげる。
  • ・シールが10枚、20枚と集まったら、ご褒美のオモチャをあげる。
  • ・パンツをはくことを嫌がるなら、全部のパンツを並べて、パンツ屋さんごっこを楽しむ。
  • ・トイレに行きたがらないなら「ママが先にトイレへ行っちゃおう」と勝負を挑む。

子供心を動かす実践法を、試してみましょう。

最終手段は、幼稚園や保育園におまかせ!

ph8

そして、どうしてもトイレトレーニングが進まない時。最終手段としては、幼稚園や保育園にお任せすればいいのです。

幼稚園や保育園では、30分〜1時間おきに先生が声をかけて、全員でトイレに向かうことが多く、友達につられて、自らトイレに行くようになります。

「いざとなったら幼稚園(保育園)におまかせしちゃおう!」

そう思えば、気が楽になりませんか?時にはスパルタに、時には柔軟に、トイレトレーニングに取り組みましょう。


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)


トップ画像出典: http://blogs.democratandchronicle.com/moms/

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします