子供の行事

2016年から山の日が祝日に!日にちは?その由来とは?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

日本の国土は約7割が山!普段平地で暮らしていて山に行かない私たちですが、2016年から山の日が祝日として増えることをきっかけに、子供と一緒に山と触れ合ってみませんか?



2016年の山の日。日にちはいつ?

記念すべき最初の山の日は、2016年8月11日です。施行は2016年1月1日にされました。

山の日が祝日になったワケ

祝日が増えるのは嬉しい!でもどうして祝日になったの?特に天皇の誕生日でもない、昔からの行事でもない、理由が気になりますよね。

山の日制定の目的は?

国民の祝日に関する法律、第2条で「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨として制定されました。

海の日は、「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」ことを趣旨としているので海に囲まれた山いっぱいの島国である日本の祝日としてはもっともな理由ですね。

子供たちには、日本で生活する上で山とは深いかかわり合いがあるということを覚えておいてほしいですね〜。

山の日が出来たきっかけと祝日可決までのヒストリー

遡ること1995年、海の日が国民の祝日になりました。

その後1997年、海の日があるなら山の日も作ろう!と、山梨県をはじめとして、広島県、大阪府、岐阜県、群馬県が独自に「山の日」を作ったんです。

山の日は海の日に触発されて出来た、と言っても過言ではありません。2002年は国際山岳年だったこともあり、日本委員会でも国をあげて「山の日」を作ろう!と盛り上がりを見せました。

少し時間を空けて2010年、日本山岳協会、日本山岳会、日本勤労者山岳連盟、 日本山岳ガイド協会、日本ヒマラヤン・アドベンチャー・トラストの山岳団体が全力で「山の日」制定の活動を開始し、日本の象徴富士山が世界遺産登録された勢いにのって2014年に祝日として「山の日」が可決されました。

山の日、何か特別なことをするの?

2016年は栄えある第一回目の記念日ということもあり、各所イベント盛りだくさんになっています。地元のイベントを調べてみると面白そうなものが見つかるかもしれません。

山を身近に感じ、親しむが山の日の趣旨なので、地域の公営公園やアスレチックのある山に行って子供と楽しむのがおすすめです。



子供一緒に山を楽しめる関東圏のスポット

山と言うと、大人になって本格的に登山を楽しめるようになってから行くものの様に聞こえると思いますが、小さい頃から愉しめる場所もたくさんあるんですよ!

ハイキングじゃなくても、山の雰囲気を知ってもらうためにおすすめの場所をご紹介します。

埼玉県 山の中で動物と触れ合う 宝登山小動物公園

動物メインだと物足りなく感じるスポットですが、ロープーウェイに乗ったり、子供が三歳以上なら長瀞ラインくだりも楽しめます。

丸一日かけて山の雰囲気を楽しめる場所ですよ。

埼玉県 山の成り立ちを学ぶ ジオパーク秩父

地形の成り立ちや、地層を習う小学校以上の子におすすめなのがジオパークです。

山や川の成り立ちと、自分たちの生活との関わりを学ぶことが出来ます。秩父のいたるところにジオスポットがあるので子どもが興味を持ったところに一緒に行ってみましょう!

<ジオパーク秩父公式サイト>
http://www.chichibu-geo.com/

神奈川県 乗り物好きの子供と 大山ケーブルカー

大山には登山コースもありますが、子供と一緒ならケーブルカーがおすすめです。

伊勢原駅から大山ケーブル行きのバスに乗って、バスを降りて子供の足で20分位歩くとケーブルカー乗り場に着くので、子供にしたらちょっとした山のお散歩になりますよ。

山って高いんだよ〜!ということを子供に見せてあげたいですね。

<大山ケーブルカー公式サイト>
http://www.ooyama-cable.co.jp/

東京都奥多摩都民の森(体験の森)

小学生以上の子を対象にした山や川に親しむイベントが定期的に開催されています。山の日には、巨大樹をめぐるツアーが開催される予定になっています。

普段の生活では知ることが出来ない山で生活する上での知識なども知る良い機会になりますよ。

<東京都奥多摩都民の森公式サイト>
http://www.tomin-no-mori.jp/index.php

東京都 幼児からOK 高尾山

小さい子だと三歳から高尾山に登っているんですよ!ケーブルカーと、1号路を使うと短い経路で、尚且つ休み休み行けるので、小さな子でも登り切ることが出来ます。

子どもに初めて登山をさせてみたいと思っているなら、高尾山がおすすめですよ。

<高尾山の森公式サイト>
http://takaozanyuho.com/

子供に読んであげたい山登りの絵本

子供に山を知ってもらう方法として、直接遊びに行く他に絵本で楽しむのもおすすめです。

自然を題材にした絵本は数多くあるので、こんな山もあればあんな山もあるんだよ〜と、岩だらけの山、森がたくさんある山、木の実が豊富な山など、絵本を通して山の知識を身に着けて欲しいですね。

14ひきのシリーズ

「14ひきのひっこし」「14ひきのせんたく」このシリーズ、誰もが一度は目にしていると思います。

このネズミの14匹家族は雑木林の大自然の中で暮らしている設定になっています。明確には山と断言されているわけでは無いのですが、ネズミの目線に合わせて森の中での暮らしを楽しめる絵本になっています。

ポレポレやまのぼり

作者がキリマンジャロに登った時のことを思い出しながら書いたという絵本、実体験に基づいているからか、登山の絵も本格的なんです。

でも登場人物はみんな動物なので、子供たちも絵本の世界に入り易いですし、動物たちと一緒に登山を疑似体験できる内容になっています。

まだ山に行くことが出来ない年齢でも、いつかこうやって山に登ってみたいね〜と話しながら読んであげると盛り上がると思います。

自然スケッチ絵本館 山のこと

鮮明なイラストで、山ってこんなところの事を言うんだよ〜と目に訴えきます。

世界の山にはこんなところもあって、あんなところもある、山にも色々あるんだよ、というのを言葉では無く絵で表現している絵本です。きっと子供の抱いている山へのイメージを良い意味で壊してくれる絵本でしょう。


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします