子供の行事

2016年の十五夜はいつ?月見の由来は?お供え物は?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

月見の習慣は縄文時代からあったと言われています。お月見をする十五夜。2016年はいつでしょう?その日にちと月見の由来を調べてみました。



2016年の十五夜はいつ?


w.grapps.me

お月見をする日、カレンダーには「十五夜」や「中秋の名月」と書かれていますよね。中秋って言うのは、旧暦の秋である7月〜9月の真ん中の日を差します。

ちなみに、旧暦で言う十五夜は8月15日でした。新暦になって約1か月ずれているので、2016年の十五夜は「9月15日」になります。

月見をする十五夜は必ず満月じゃないって本当?

本当です。旧暦は、月の満ち欠けにそっていたので、8月15日はほぼ満月でしたが、現在は満月と十五夜は数日のずれが生じています。

2016年9月の満月は、9月17日になります。

でもお月見の日もほぼ満月に近いので、晴れていれば絵本に描かれているような月を見ることが出来、子供たちも満足すると思います。

お月見の由来

元々は中国の唐時代に行われた「中秋節」という秋のお祝いの日が日本に伝わったものだと言われています。

満月を家族団らんに見立てて、丸いパンを焼いたり、丸い月餅を用意して家族で月神様や月を祭る行事を行ったそうです。

それが日本に伝わった時、月見の時期が収穫の時期に近かったことから日本では団らんよりも月の神様への豊作祈願と、収穫祭の意味合いが強くなりました。

そのため、日本のお月見で供えるものは秋に収穫されるものばかりなんですよ。

日本以外にもお月見はあるの?

まずは日本のお月見の元になった中国の中秋節、それから東アジアの方では里いもの収穫祭が同じ時期に行われており、日本で月見の夜にサツマイモをお供えしたり、地域によって芋煮を食べる習慣があるのはこの里いもの収穫祭が関係しているのでは?と言われています。

ヨーロッパでも秋には「収穫月」と、満月の夜の「狩猟月」と呼んで日本と収穫祭を行っています。

アジア圏と英語圏では月の扱いが違う


blogs.c.yimg.jp

中国や日本を始めとするアジア圏では月は神様のような扱いを受けています。

ですが、ヨーロッパやアメリカでは神聖なものとして扱う一方、月の光は人間を惑わすとされており、狂気(Insanity)という言葉は月(lunar)から来ているほどなんですよ。

どちらにせよ、人間の予想をはるかに超えた存在として見られていたということですね〜。

お月見のお供えは?


www.hibiyakadan.com

お月見の基本と言ったら、お団子とススキですが、その他にもあります。

それからその時期に収穫した野菜をお供えします。

お供え物の意味は?

月見団子は収穫したお米を使って作り、お月さまに無事収穫できたことを感謝することを伝えます。

まん丸なのは、月に見立ててあるほか、円満、幸福などを象徴していると言われています。

ススキは、神様の依代として扱われます。

稲穂とススキって見た目が似ていると思いませんか?お月見の時期は稲穂が育ていなかったこともあり、稲穂の代用品としてススキを使ったいた習慣が残っているそうです。

最後にその時期に収穫した野菜類ですが、特につる性の野菜や果物を備えると、その蔓がお月さまと私たちの繋がりを強めてくれると考えられていたため、サツマイモやブドウを備えることが多いそうですよ。

月見団子は何個お供えするの?

これは十五夜なら15個、十三夜なら13個です。

簡略して、十五夜に5個、十三夜に3個という地域もありますよ。

後、地域の風習によってその年の満月の分だけ供えるところもあるそうです。

2016年の満月の回数は12回なので12個ですね。

月見団子を子供と作ろう!


www.kyounoryouri.jp

お団子を作る時の粉は、団子粉でも良いし、上新粉、白玉粉でもOKです。

うちでは子供に大豆成分を摂取させたいので、いつも豆腐を混ぜて作っています。

◆材料

    団子粉、上新粉、白玉粉いずれか100g
    豆腐 100g

これを混ぜるだけです。水は豆腐に含まれているので基本的に混ぜなくて大丈夫ですが、水分が少ないようであれば小さじ1ずつ水を足して混ぜていってください。
しっかりこねたら深い鍋で沸かしたお湯に丸めて入れて茹でます。浮き上がったら火が通った証拠なので、冷水にとって、冷めたら出来上がりです。
お供えした後は、きな粉、あんこ、みたらしで頂きましょう。
小さな子が多い時は、和風ではありませんが団子を白玉の代わりにしてフルーツポンチにすると子供が喜びます!


www.hinodeseifun.com

月をメインで楽しみたいなら、スーパームーンがおすすめ!


grapee.jp

スーパームーンってご存知ですか?普段の満月よりも大きくはっきり輝いて見える満月をスーパームーンと呼びます。

お月見の日に月を見逃してしまった!という場合は、スーパームーンの観賞をしてみてくださいね。2016年に見ることが出来る日は、「2016年11月14日」、このたった1日です。

毎年スーパームーンの発現回数は代わり、全くない年もあれば、2〜3回ある時もあります。今年はたった1回ですが、その代わりいつも以上に月が地球に接近するためとっても大きく綺麗に見えるそうですよ!

ちなみに来年2017年はスーパームーンが出ない年になるので見るなら今年がチャンスです。




【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)


トップ画像出典: image.rakuten.co.jp

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします