家計・暮らし

知らなきゃ損!シングルマザーが受けれる手当3つと免除制度10つ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

様々な事情で母子家庭になった場合、生活や子育てを助けてくれる制度がたくさんあります。

申請が必要なものが多く、そのお知らせを個別に受け取れるものではなく、自分から申請をしに行く必要があるので、きちんと調べて申請できる制度を把握しておきましょう。



シングルマザーが受けることのできる手当

140422_DX_SingleMother.jpg.CROP.promo-mediumlarge
www.slate.com
シングルマザーが受け取ることができる手当は、所得や扶養している子供の数によって支給額が変わります

1.児童手当

児童手当は、0歳から中学校卒業までの児童を養育している世帯に支給されます。

こちらはシングルマザーだけでなく、子育て世帯すべてが対象になります。

0歳~3歳未満: \15000円

3歳~小学校修了前 \10000円(第1子・第2子) \15000円(第3子以降)

中学生 \10000円

2.児童扶養手当

egyedülálló-anya2
napiboldogsag.com
こちらの支給対象者は、離婚や死別などによって1人で子供を育てなくてはいけない母子家庭または父子家庭が支給対象になります。

児童手当は中学卒業までですが、児童扶養手当は18歳に達する日以後の最初の3月31日まで支給されます。

1人目最大 \42330円

2人目合計最大 \47000円

3人目合計最大 \50000円

3.遺族年金

single-mom
newswire.net
夫が亡くなった場合、遺族に遺族年金が支払われます。

金額は遺族の年齢や家族構成によって異なります。

上記の手当の他に、精神又は身体に障害がある児童を対象にした特別児童扶養手当や、東京都内在住に限り『児童育成手当』というものもあります。



シングルマザーが受けることができる免除制度

Mother-and-Baby-Home
www.abort.bg
生活や子供を育てる上でかかる費用の一部が免除または全額免除されます。

こちらも所得や扶養している子供の数によって助成額が異なるものもありますので各自治体に問い合わせてください。

1.ひとり親家庭等医療費助成制度

この制度を利用すると「母子家庭等医療費受給者証」が発行され、それを保険証と一緒に提示することで、医療費の自己負担金額から福祉医療一部負担金を差し引いた額を助成してもらえます。

医療費や薬剤費が対象となります。

2.自立支援教育訓練給付金、高等職業訓練促進給付金

自立支援教育訓練給付金は児童扶養手当の支給を受けている母子家庭の母が、資格取得のためなどに、対象となる教育訓練施設に支払った費用の20%を給付してもらえます

対象となる教育訓練施設は厚生労働省のホームページで調べることができます。

また高等職業訓練促進給付金は児童扶養手当の支給を受けている母子家庭の母が、看護師や介護福祉士などの資格取得のための修業時、その期間中の生活費の負担軽減のための給付が受けることができます。

3.就学援助制度

e182c2172761f9deac3cdc797925b0b32547a1c1_l
h-navi.jp
扶養している子供の学校生活などで必要な学用品などを市区町村がサポートしてくれる制度です。

自治体によって判断基準が違うので、各自治体もしくは子供が通っている学校へ問い合わせてみましょう。

4.住宅補助

賃貸住宅に住んでいる母子家庭に、補助が出る支援制度です。

この支援制度は、自治体によって計算方法が異なり、取り扱いのないところもあるので確認が必要です。

手当の額は月額で\5000円~\15000円のところが多いようです。

5.所得税、住民税の減免制度

住民税と所得税が減免される制度です。

所得税については、お勤め先の給与担当者へ、自営業の場合は確定申告時に税務署へ確認してください。

住民税についての詳細は区市町村の住民税課へ問い合わせください。

6.国民年金・国民健康保険の免除

150709155905_0
www.city.hiroshima.lg.jp
保険料を納めることが難しい場合は、未納のままにせず「国民年金保険料免除制度」の手続きを行うと一部免除または全額免除になります。

7.交通機関の割引制度

交通機関の割引制度もあります。

たとえばJRの通勤定期乗車券が割引で購入できたり、公営バスの料金が無料や割引になるものもあります。

市区町村の福祉事務所などに問い合わせてみましょう。

また東京都では、JRの割引制度とは別に「都営交通無料乗車券」が発行されています。

8.粗大ごみ等処理手数料の減免制度

児童扶養手当を受けている世帯には、粗大ごみ等処理手数料の減免制度があります。

9.上下水道の減免制度

cdedc19642cea5a19352a709d252104e25ef6be81445564683
college2ch.blomaga.jp
水道基本料金や料金の一部が免除される場合があります。

こちらは市区町村によって、上下水道全額免除のところや、全く免除のないところ、また基本料金のみの免除になっているところがあります。

10.保育料の免除と減額

自治体ごとに保育料の免除や減額があります。

このようにシングルマザーが受けることができる制度はたくさんあります。

シングルマザーへの支援に限らず、何か困ったことがあった時、意外と支援してくれる制度がたくさんあります。

けれどその支援そのものの存在を知らずに、孤独に苦しんでしまうことのないよう、一人で辛い状況になった時は色々な人や機関に相談してみましょう。


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)


トップ画像出典: www.huffingtonpost.com

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします