1歳~3歳児 子供の教育・成長・遊び

3歳児におすすめの映画ランキング

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

3歳児との映画。「何を観せたらいいんだろう?」と悩みますよね。

今回は3歳児におすすめの映画をランキング形式でご紹介します。



3歳児は映画を理解できる?

1735587_image2_1
english.visitkorea.or.kr
3歳くらいになると、自分から「これが観たい」とレンタルDVDを選んだりするようになります。

自分の中に、固定の好きなキャラクターが出来るのもこの頃なので、映画を初めて見るには適した年齢だと思います。

でも、見せる意味があるのか?話は理解しているのか?疑問が残りますよね。

話が分からなくても大丈夫

3歳では映画の中のセリフや、主人公たちの人間関係などを理解するのは正直難しいです。

ですが、好きなキャラクターが楽しそうに動いている、好きな動物が元気に走っている、それだけで十分楽しむことが出来ます。

特に絵本を楽しめる子だと映画も動く絵本のような感覚で十分楽しめますよ。

お話し重視のものより動きが大きく表情の変化が良く分かるものを

4d-cinema-gallery02-600x280
www.grandpier.co.uk
3歳のうちは話の内容をあまり理解できません、しかし、出てくるキャラクター達の動きや表情から雰囲気を察知することはできます。

そのため、会話主体で進んでいくものよりも、身振り手ぶりが派手で、行動で感情を示すオーバーリアクションのキャラが出てくる映画の方が良いでしょう。

中には1歳台から映画好きな子もいる

今はママと赤ちゃんが一緒に映画を観れるサービスデーもあり、0歳から映画に慣れている子もいます。

映画を観る回数が多ければ多いほど、映画と言うものに慣れていくので、話の展開を待つことが出来るようになったりするんですよ~。

3歳児に映画を見せる意味はあるのか?

shutterstock_147279209
www.brisbanekids.com.au
テレビの観すぎはいけない、だらだらDVDや動画を観るのもいけない、と言われていますが、見せ方を変えれば素敵な疑似体験に変えていくことが出来ます。

映画は感性や情緒を鍛えてくれる良いものなんです。

映画から子供が習得できるもの

Vox-Cinema-Burjuman-full
connector.ae
一番は、日常で体験したことのない世界や状況を、映画を通じて体験できることです。

自分が住んでいる世界とは違って、動物視点から世界をみたり、虫の視点から世界を観たりできます。

見たことが無いものを見て覚えたり、映画を観た後に子供と一緒にどんな話だったけ?と振り返ることで、会話の語彙力を高めるきっかけにもなります。

特に映画に関連した絵本も読んだり、映画の中にでてきた料理を一緒に作ったりすると、子供の興味と理解も深まり、良い影響を与えることが出来ますよ。

それから、映画を通して、普段自分が教えられている「これをやったらお友達は嫌な気持ちになるよ」や、「周りに優しくしようね」などを客観的に見ることが出来ます。

客観的に見ることで、自分の中で「やっぱりこれはダメなんだ」「これをやったら皆嬉しくなるんだ」と今まで教えられたことを消化することが出来ます。

どのくらいの時間集中できる?

4歳で完全に集中していられる時間は平均20分と言われています。

3歳だと、好きなシーンの時だけ夢中になれれば良い方ではないでしょうか?

それに「あれ知ってる!」「○○が喋った!」など、思ったことを全部口に出してしまう年頃なので、集中すること自体がまだ難しいですね。



3歳児におすすめの映画ランキング

3歳の子が楽しめて、尚且つ映画から得るものがある作品シリーズ1位から5位までご紹介します!

まだ見たことのないものがあれば次の機会に親子で楽しんでみてくださいね。雨降りで外出できない時は、一緒に映画の世界に浸りましょう。

1位 王道のアンパンマンシリーズ

anpan5
summary.fc2.com
映画以外でも、病院に行っても銀行に行ってもどこに行ってもいる、それが「アンパンマン」3歳ごろの子供の人気は異常に高いですね。

顔がまんまるで左右対称、色もわかりやすいというのが子供にとってとても魅力なんだそうです。

アンパンマンはわかりやすい勧善懲悪ものですが、アンパンマンがバイキンマンにとどめを刺すことはありません。

最後には「皆一緒に仲良くしよう」という展開になるのが子供が安心して見られる理由の一つです。

アンパンマンの映画からは博愛の精神と、皆で一緒に楽しもう!という仲良しの精神を学ぶことが出来るので、小さいうちにこそ見せておきたい映画です。

2位 同じ目線で観れるしまじろう

h-tv
kodomo.benesse.ne.jp
通信教育のちゃれんじを受講している子以外でも、しまじろうは知っている子が多いです。

友達と交流することが増えてくる3歳だからこそ、友達と仲良くすることや協力することの楽しさを映画を通じて感じとってほしいですよね。

親が一緒に観ても感動する内容が多いので子供と一緒に観て、終わった後にはしまじろう優しかたったね~等の会話を楽しんでみましょう。

3位 大人も一緒に楽しめるディズニー

94fbe18f8d3db3a57f065929de9fb3c7
estorypost.com
ディズニーの中でも、プリンス系の内容を楽しめるのは4歳以降になってからだと思います。

3歳だと、子供にもわかりやすいキャラが激しく動くモンスターズインク、おもちゃが自由に動くトイストーリー等がおすすめですね。

ディズニーは英語が聞き取りやすいので、話の内容を覚えるくらい好きな映画があれば、日本語吹き替えを辞めて英語だけで見せてみると、英単語を覚えたり発音を覚える様になってくれます。

4位 車・電車派の男の子の定番トーマス

e70a7e68-s
www.gekiyaku.com
男の子は戦隊物をはじめとしたいわゆる「戦いごっこ系」にいくか、トミカをはじめとした鉄道系やミニカー系のどちらかに進むことが殆どです。

普段喋ったりしない機関車が表情豊かに喋ったり、勝手に動いてみたり、ぶつかったり、元気に動きまわる姿が見ていて楽しいようです。

プラレールをお持ちであれば、映画を観た後に子供と一緒にトーマスごっこをして遊ぶと2倍楽しめると思います。

5位 何歳になっても楽しめるジブリ

17335404a0759a277_m
retrip.jp
ジブリは何年たっても家族で楽しめる作品が多く、皆で内容を共有できるのが良いですね。

3歳に一番おすすめなのは、やっぱり「トトロ」です。幼稚園や保育園の遠足でも木のうろを見つけると「ここにトトロがいるんじゃない?」と声を上げる子もいます。

もう一つ、ジブリがおすすめな理由は食事の風景です。

うちではジブリの作品を観終わったら、必ず出てきた料理を子供と一緒に作って「あの時どんな気持ちで食べたんだろうね~」と一緒に振り返るようにしています。

息子はこれを「ジブリごっこ」と呼びとても気に入っています。

映画以外でも生活テーマのあるDVDはおすすめ

映画以外にも、子供の生活に役立つDVDがあります。

DVDをレンタルしに行ったり、動画視聴で探すのはもっぱら映画ばかりになりがちですが、生活の知恵や友達との遊び方、コミュニケーションを学べる知育アニメもあるので是非お子さんと一緒に観てみてください。

ノンタンシリーズ

08niigata_big
www.kodomoe.net
歯磨きやしりとり、初めてのABCの練習など、やってみよう!と子供のやる気を促すシーンと、ノンタンのお話と交互に話が進むため、子供も飽きずに見れます。

そして子供がノンタンの真似をして自発的に歯磨きの練習をしたがることもあるんですよ~!1本辺り約30分なので映画の長さだと飽きる子におすすめです。

ノンタンシリーズは絵本も人気があるので合わせて読んであげると子供の脳を刺激できると思いますよ!

ハローキティシリーズ

ca22e942
blog.livedoor.jp
ノンタンと同じく知育系のアニメで、女の子に人気があります。

ハローキティといっしょにお勉強シリーズは3歳前後で覚えたい、大きい小さいを比べたり、トイレトレーニングの内容だったり、非認知能力の一つである我慢の練習などがアニメになっています。

知らず知らずのうちに3歳の発達で必要なことを頭に入れることが出来るので、おすすめです。

【関連記事】
子供の感受性を育てる映画ランキング

【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)


トップ画像出典: www.lancaster.ac.uk

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします