料理・レシピ 節約術

1週間の節約献立合計3週分と買い置き・まとめ買いのコツ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

4

IMG_1892

小さな子供がいると、買い物に行くだけでも大変!そして子供の将来のためにも節約したい…と思っているママは多いはず。ここでは、1回の買い物で一週間分の食事作りが出来てしまう、おまけに節約にもなる献立をご紹介します。



まとめ買いのメリット

photodune-4167651-happy-family-at-the-supermarket-m-600x400
www.lincolnmedicalcenterapts.com/
毎日スーパーに足を運んで必要な物だけをちょこっと買う方法と、1週間分の食材をまとめて買ってしまう方法。どちらの方法でも、それぞれの要点をつかみ上手に買い物することで、節約することができます。

今回は、まとめ買いすることによるメリットをご紹介します。

人数の多い家庭に向いている!

【まとめ買いのメリット5つ】

・安い日にまとめて買うことで、長い目で見て食費を節約できる。

・ポイントが倍になる日を狙えば、ポイントが倍増する。

・大量入りを購入することができるため、単価が安い。

・色々な食材を用意できるため、バリエーション豊かな食事を作ることができる。

・買い物の回数が減り、時間と交通費を節約できる。

これらのメリットは、家族の人数が多い家庭ほどメリットが大きくなります。

しかしながら、同じ料理をたくさん作り、翌朝も、お弁当も…と同じ料理が重なれば、家族の誰もが飽きてしまいますよね。そんなときはリメイクを活用してください!家族も驚くリメイク料理を取り入れながら、1週間ずつの献立案をご紹介していきます。

キャベツメインの一週間

20160304180648-ylgew_172

キャベツはきちんと保存すれば日持ちする野菜。1玉、150円前後で購入できるので節約料理にはピッタリです!

献立案

1日目 キャベツと豚のミルク味噌煮(多めに用意)

http://cookpad.com/recipe/3812491

2日目 鶏胸肉とキャベツ炒め(多めに用意)

http://cookpad.com/recipe/1535994

3日目 鶏胸肉とキャベツの塩焼きそば(前日の残りを活用)

*先に麺を炒めたところに前日の残りを投入!お肉と野菜に味が付いているので、ソースの素はレシピよりも少なめに入れてください。

http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1600008893/

4日目 キャベツと挽肉のキーマカレー

http://cookpad.com/recipe/1410313

5日目 カレードリア(前日の残りを活用)

http://cookpad.com/recipe/2850225

6日目 ハンバーグ&千切りキャベツ(多めに用意)

http://mekara.info/archives/6813.html

7日目 とろとろキャベツとミートボールのトマト煮(前日の残りを活用)

http://cookpad.com/recipe/2013335

多めに作ることが節約のポイント!

20121127_176483
everydays74.jugem.jp
毎回きちんと作らず、1回に作る量を多めに!わざとに余りを出して、翌日はリメイク料理にしましょう。副菜やスープだけを新たに作れば飽きることなく食べられますし、時短&光熱費の節約にもなります!

【関連記事】
美容にもイイ!意外だけど凄すぎるキャベツの効能6つ

3分で美味い!キャベツを使った即効スピードレシピ4選

切り干し大根を使った一週間

切り干し大根はカサ増し料理に欠かせません。栄養価が高く、色々な料理に使えます。

献立案

img56450833
rakuten.co.jp

1日目 切り干し大根の煮つけ(多めに用意)

http://cookpad.com/recipe/473352

2日目 炊き込みご飯(前日の残りを活用)

http://cookpad.com/recipe/3222490

3日目 切り干し大根と豚肉の炒め煮(多めに作って3等分に!)

http://www.ntv.co.jp/3min/recipe/20060123.html

4日目 チャーハン(前日の残りを活用)

http://cookpad.com/recipe/1535666

5日目 お好み焼き(前々日の残りを活用)

*レシピは水で戻した切り干し大根を使っていますが、味付けしたものを使うとより美味しいお好み焼きができます!
http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1940005871/

6日目 クリームソーススパゲティ 切り干し大根入り(多めに用意)

http://cookpad.com/recipe/3350596

7日目 パングラタン(前日の残りを活用)

http://cookpad.com/recipe/2935316

切り干し大根は冷凍可能!

b1bfaf26
cafy.jp
切り干し大根は冷凍保存に向く食材です。1日目の煮つけを1回分ずつラップに包んで冷凍しておけば、そのままお弁当に入れることもできます。自然解凍で数日後にチャーハンに入れたり炊き込みご飯にすることもできます。乾物なので、常備しておくととても便利な食材ですよ!



豚そぼろ活用一週間

豚ひき肉で作った『そぼろ』は色々な料理に使いまわしできる優秀食材です!大型パックで購入するとお得です☆

献立案

11041800_880245782038737_5466459085525455782_n-640x6401
asacokitchen.com

1日目 豚そぼろの3色丼

http://cookpad.com/recipe/3117704

2日目 オムレツ(1日目のそぼろを活用)

http://cookpad.com/recipe/3120194

3日目 和風あんかけ焼きそば(1日目のそぼろを活用)

http://ameblo.jp/bistromayumi/entry-11120956604.html
*そぼろにしっかり味が付いているので、あんの味は薄めにしましょう。

4日目 豚みそピザ(1日目のそぼろを活用しても美味しいです!)

http://www.lettuceclub.net/recipe/dish/18441/

5日目 ミネストローネ

http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1700008482/
*きのこは購入したら冷凍保存しておき、野菜は残り物を活用できます!

6日目 トマトスープパスタ(前日のミネストローネを活用!)

http://cookpad.com/recipe/2836581

7日目 そぼろの太巻き寿司(1日目のそぼろを活用)

http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1810004868

そぼろは一度にたくさん作ると便利!

E1366259779082_2
erecipe.woman.excite.co.jp

豚肉のそぼろは様々な料理の活用できるので、大きな鍋で一度にたくさん作っておきましょう。お砂糖・醤油の和風な味付けでも、ピザやパスタに活用することができて、とっても便利です。

チーズと一緒にパンに乗せて朝食に、野菜炒めに混ぜてラーメンに乗せたりと、どんどんアレンジしてくださいね!

買い置きのコツ!買い置きできる食材と向かない食材

frozenmeat
shunkashutou.com

1週間分をまとめ買いするのは、慣れていなければ意外と難しいもの。そして、買い物の後は、食材に適した下ごしらえ等も必要になります。

こんな日に買ったら得!

まとめ買いのメリットでもご紹介したように、セールの日や、ポイントが倍になる日に購入するのがおすすめです。

定価の日に定価のまま購入すると、2~3日にセールだった…という損な結果になりかねません。スーパーのセール日を予めチェックしておくと良いでしょう。

また、あちらこちらのスーパーをはしごするより、一か所に決めると良いでしょう。ポイントが溜りやすく、また使いやすくもあります。移動せずに済むため、ガソリン代の節約にもなります。

買い置きできる食材

買い置きできる食材には、次のようなものがあります。

◆乾物

乾物は、生鮮食品を使い切ったときにあると便利です。だしにもなる干ししいたけや、おかずになる切り干し大根の他、子供のいる家庭には、主食となるパスタや乾麺もあると良いですね。

◆缶詰

缶詰は常温保存が効きます。ツナ缶はサラダや麺類の具になりますし、魚の甘露煮などは忙しい朝のおかずにもなります。

◆冷凍できる食材

お肉やお魚はもちろん、野菜類も上手に下ごしらえすると冷凍保存が可能なものもあります。豆腐は冷凍すると食感が変わりますが可能。また、きのこ類は冷凍により繊維が壊れ、風味が増します。納豆は冷凍により栄養価が高くなります。どちらも便利な食材なので、ぜひ購入したいですね。

買い置きに向かない食材

日持ちせず、購入したらすぐに使い切りたい食材もあります。

◇お刺身

お刺身は冷凍する場合、柵で購入しましょう。切り身は一度の冷凍でガクンと鮮度が落ちます。子供の離乳食に使う場合でも、購入したらすぐに加熱してください。

◇水分の多い野菜

きゅうりや大根のように、多くが水分で出来ている野菜は、冷凍に向きません。購入する場合は、買い置きするつもりではなく、週の前半に食べきるようにしたいですね。

◇値引きの生鮮食材

値引きシールが付いたものは、既に鮮度が落ちている証拠。上手に冷凍しても食べるときにはさらに鮮度が下がります。

〇%OFFや半額のシールが付いたものは、その日のうちに使い切ることが基本。冷凍したい場合は、加熱処理をして味を付け、食べられる状態にして冷凍すると良いでしょう。

まとめ買い3つのコツ

Composition with groceries in wicker basket on kitchen table
www.globaljewishsingles.com/

まとめ買いでは、保存の効く食材を買うのが第一のポイントです。そして、買った食材は無駄にせず、1週間を目途に使い切りたいですね。そのために、次のポイントを抑えておきましょう。

1、予めメインとなる食材を決めておこう!

特に大きなキャベツや白菜は、一度に使い切ることができませんね。そのような食材を2~3種類買えば、どうしても無駄になってしまいます。

また、カットされた状態で買えば割高に…。メインとなる食材を決めておくことで、無駄を出さずに使い切ることができるでしょう。

お肉類も、少量のg入りを何パックも購入するより、1~2kg単位で買うほうがお得です。

今週は鶏肉、今週は豚肉などと決めてメニューを工夫したいですね。その都度、パッとメニューを決めたりアレンジすることが苦手な方は、予めいくつかのメニューを考えておくのがおすすめです。

2、購入したらすぐに保存を!

とりあえず冷蔵庫に…と突っ込むのはやめましょう。その都度適量を使えるように、下ごしらえや調理を済ませてしまいましょう。

冷凍できるものは冷凍し、冷蔵保存するものは日付けを記載して、いたみやすいものを手前に置いておくようにしましょう。

キャベツや白菜などは、切って洗い、水気をしっかりと拭き取れば冷凍することができ、凍った状態で調理すればシャキシャキと美味しく食べることができます。

ほうれん草や小松菜は、茹でて水気をしぼり、1回分ずつラップに包んで冷凍します。レンジ解凍や自然解凍で和え物やお味噌汁に使うことができます。

お肉やお魚も同じく、調理できる状態にしてピッチリと密閉して冷凍しましょう。鮮度が落ちやすいので、1週間以内には使い切ってくださいね。

3、ついつい…買いすぎ注意!

まとめ買いとなると、ついつい気持ちが大きくなってしまい、無駄なものまで買ってしまいがちです。

安ければ安いほど、たくさん買えば得した気持ちになってしまいますが、無駄を出せば結局は節約になりません。

また、子供と一緒に行けば、無駄に箱入りのアイスや数種類のお菓子を買ってしまうこともあるかもしれません。その点には注意したいですね。

まとめ買いと言えば…みきママ!

%e3%81%bf%e3%81%8d%e3%83%9e%e3%83%9e
ameblo.jp

節約&アイディア時短料理で、多くのママたちの支持を得ているみきママ。節約献立のエキスパートと言っても過言ではありません!

藤原家の毎日家ごはん。

3人の子供いながら、毎日仕事もこなし、手作りの食事を用意しているのは、まさにまとめ買いと上手な冷凍保存をしっかり活用しているからこそ!夕飯がメインであるブログでは、日常生活や子育てに対する思いや出来事が綴られています。

アイディア料理の動画も数多く紹介されていますので、ぜひ参考にしてくださいね!

『藤原家の毎日家ごはん。』
http://ameblo.jp/mamagohann/
『みきママchannel-YouTube』
https://www.youtube.com/channel/UCf7ICp3dK18O3CD-qdTaTQw

家族のために愛情たっぷりの食事を!

いかがでしたか?

育児中は忙しく、簡単だからとつい冷凍食品やレトルトに手が出てしまいがちですよね。しかし、上手に冷凍保存やリメイク料理を活用することで、毎日の食事も手軽にできますし、栄養と愛情もたっぷりの食事を用意することができます。

最初は難しいかもしれませんが、慣れるとサクサクとできるようになるでしょう。チャンジしてみてくださいね!

【関連記事】
5人家族で食費は月3万円!手作りがポイントの食費節約レシピ

3人家族の食費の平均はいくら?お薦め節約レシピ3選

4人家族の食費の平均は6~7万円!食費を抑えるコツと節約レシピ5選


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)


この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。

トップ画像出典: syuhu.net

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

4

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします