妊婦の健康・食事 産後

産後の絶対安静はなぜ?将来体に悪影響がでるって本当?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

1

妊婦さん、または出産経験のあるママであれば、『産後の肥立ち』という言葉を聞いたことのある方は多いと思います。

『産後の肥立ち』とは、ママの体の回復のこと。現在は『産褥期』という言葉の方が一般的に使われますね。

産後約1カ月間は、ママ自身の体の回復にとても大切な時期であり、赤ちゃんのお世話以外はできるだけ安静にしている方が良いのです。

では「痛みがないから大丈夫!」「辛くないから動けるわ!」と無理をすると、いったいどのような悪影響があるのでしょうか。

産褥期の詳しい期間と合わせてご説明します。



産褥期は産後6~8週間

20140610midori2
www.ecole-rg.co.jp
ママの子宮が元の大きさに戻るまでの期間であり、個人差があります。

周囲に合わせず自分のペースで!

妊娠期間、そして出産時、ママの体はとても体力を消耗しています。

見た目やママ自身が感じていなくても、体の中の様々な部分がダメージを受け、通常の生活に対応できるようにと必死に回復に向けて働いている時期、それが『産褥期』です。

出産の状態が人それぞれであるように、回復に要する期間にも個人差があります。一般的には6~8週間と言われますが、周囲に合わせる必要はありません。

通常の生活に戻るまでには、自分の体とともに心にも余裕を持てるようにならなければなりません。

自分のペースで少しずつ取り戻して行きましょう。

なぜ安静が必要?『絶対安静』とは?

main82
www.drwallet.jp
安静とは、どの程度を言うのでしょうか。家事や育児はどこまでならOKなのでしょうか。

明らかな症状が出ている間は特に安静に!

出産後、子宮が元の大きさに戻ろうと収縮するとき、『後陣痛』と呼ばれる痛みが生じます。

また、産道や子宮からの出血(悪露)が出てきます。

このように明らかな症状が出ている間に体に負担をかけてしまうと、回復が遅れて症状が長引く恐れがあります。

お風呂のお湯につかることさえも禁止した方が良い状態なので、できるだけ横になって過ごしましょう。

骨盤の開きが体調不良の原因になるもとも!

sango1
shikakura-seikotsuin.com
ママ自身でも感じにくい骨盤の開き。出産時に開いた骨盤は、3~4カ月かけて徐々に元に戻って行きます。

しかし、体に負担をかけてしまうと、骨盤が開いたままになったり、歪んでしまうことがあります。

骨盤の開きは、安静とともに元に戻っていきますが、骨盤矯正ベルトや軽い骨盤体操を併用して、後遺症を残さないように回復させてあげたい部分です。

ただ、軽い運動と言っても体に負担になれば逆効果。

最初は産後から使い始めることのできる骨盤矯正ベルトを使用する程度に抑え、体を動かすことは1~2カ月が経過してからにしましょうね。

絶対安静の『絶対』とは!?

surmmer-5
lovemo.jp
絶対安静と言うと少し大げさかもしれませんが、痛みがある場合は、授乳とオムツ替え等、赤ちゃんのお世話以外は横になって過ごすことが望ましいと思います。

痛みがない場合でも、立ったり座ったり、軽い家事を少しだけこなすくらいは問題ありませんが、できるだけ安静にした方が安心です。

重い布団の上げ下ろしや買い物、体勢を崩すお風呂掃除や、高いところに手を伸ばすことは避けましょう。

短時間での食事の支度、掃き掃除や座って洗濯を畳むなど、体の負担にならないことを少しだけこなすことには問題ありません。



もし無理をしてしまったら…どうなるの?

d815b3cd1faf116d8741a9d882bc3d02
xn--p8jzgwd7d6jy76sgtmiz4d5id.jp
パパが留守がちで、両親やママ友等に協力を頼めないママもいるでしょう。その場合に無理をしてしまったら、後々、どのような悪影響があるのでしょう。

更年期障害との関係

産後に無理をしたからと言って、必ず重い更年期障害に悩まされるとは限りません。

また、無理をしなければ100%更年期障害が起こらないとも言い切れません。

直接的な因果関係はありませんが、出産時にダメージを受けた子宮をしっかり回復させなければ、傷がついたままの状態が続いて将来に何らかの後遺症を残す可能性は充分にあり得ることを覚えておきましょう。

子宮が原因で病気が発症したり、子宮に関わる病気にかかったとき、「産後は安静にしておけばよかった…」と後悔はしたくないものです。

骨盤の開きは悪影響を及ぼします!

gf2160379369
biyo-chikara.jp
骨盤が開いた状態をしっかり回復させなければ、後々の体調不良につながることは明らかです。

血流が悪くなり、ホルモンバランスが崩れ、それが冷えや頭痛、便秘、生理不順、生理痛、肌荒れ、疲れやすいなど、様々な症状を引き起こします。

骨盤は歪んでしまうと自然に治るものではないため、産後は安静にして過ごし、体調が良くなったら骨盤周囲の筋肉を鍛える運動も行うと良いでしょう。

赤ちゃんのためにママの体を気遣って!

o0800053313420157543
ameblo.jp

赤ちゃんのお世話をするために、自分自身の体を気遣うことは欠かせません。

産後の無理は、その後の赤ちゃんとの生活にも影響を与えます。

疲れは一気にやってきます…!

初産のママは、初めての赤ちゃんとの生活に、産後はつい一生懸命になりすぎることがあるかもしれませんね。

また、幼いお兄ちゃん、お姉ちゃんがいるママは、どうしてもゆっくり休むことができない日が続くかもしれません。

産後の頑張り過ぎは、3~4カ月ほど経って少しずつ慣れを感じた頃に、疲れドッとのしかかってくるものです。

ママの体調が悪くなると、赤ちゃんのお世話も出来ず、周囲の手を必要以上に借りなければならないことにもなり得ません。

第一に自分自身の体の回復を考え、産褥期はしっかり休むように心がけましょう。

帝王切開や高齢出産のママは特に注意が必要!

出産にリスクを伴う帝王切開や、体力を消耗しやすい高齢出産のママは、産後の肥立ちも良くない傾向にあるようです。

焦って将来的な後遺症に悩むよりも、数か月きちんと休息を取り、しっかり回復させることを優先させましょう。

そのためには、遠慮なく家族や周囲の手を借りることも必要です。

ゆっくり過ごすことを心がけて!

shutterstock_218823712-480x320
192abc.com
まずは産後の1カ月検診までは安静に。その後も、焦って頑張りすぎることなく、ゆっくりと進んでいきましょう。

赤ちゃんとの生活はスタートしたばかりです!

出産したその日から、ママになったからと言って焦って頑張る必要はありません。

赤ちゃんの人生が始まったばかりであるように、ママとしての新しい人生もスタートを切ったばかりです。

赤ちゃんはこれから大きく成長し、出来ることもどんどん増えて行きます。

そのひとつひとつを一緒に笑って過ごせるように、大切な産褥期はゆっくり過ごすことを心がけてくださいね。


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)


この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。

トップ画像出典: ixil.info

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

1

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします