1歳~3歳児

腸内フローラは3歳までに決まる!腸内環境に良い食べ物と悪い食べ物

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

「腸内フローラ」

今、テレビやネットなどで特集されることが増えているというこの言葉、ご存じですか?

私たちの腸の中には、様々な種類の菌がいて、それが色とりどりに咲いているお花畑のように見えることから、菌の分布が「腸内フローラ」と呼ばれています。

この腸内フローラにできるだけ良い菌=善玉菌を増やすことによって、より健康的な生活を送ることができます。

妊娠中のママや、小さいお子さんがいるママにとっては、お子さんの腸内フローラを整えるような食生活とはどんなものか、気になるところ。

今、注目の「腸内フローラ」について、見ていきましょう。



腸内フローラは3歳までに決まる?!

1-bl-mamant
abordonseng.wordpress.com

無菌状態から徐々に菌が入っていく

赤ちゃんは、お母さんのお腹の中にいる時には、無菌状態です。

そこから出産時に産道を通って外の世界に出て、周りの大人に抱っこさたり触れられたりすることで、接触したものから細菌を受け取ります。

その後、母乳や離乳食などからも、菌は体に入り続けていきます。

そして、すでに腸内フローラに生息する菌が決まってしまうと、新たな菌を定着させることが難しいことから、腸内フローラは3歳までに取り込むことができた細菌の種類によって決まると言われていました。

腸内フローラの新たな可能性

ただし、最近の研究では、「一生涯変わらない訳ではない」という可能性も出てきました。

2016年1月27日に放送されたTBS「テレビ未来遺産 緊急!池上彰と考える 今年の細菌・ウイルス大疑問」で、ベジタリアンや糖質制限ダイエットを経験した人を調査をした結果、その後の食習慣で腸内フローラが変化する可能性があることが判明したのです。

まだまだ研究途中にある「腸内フローラ」。

今後様々な事実の解明が予測されますが、まずは3歳までにできるだけ基礎的な腸内環境を整え、その後も腸によい食生活を続けることが大切と言えるでしょう。

腸内フローラのベストバランスとは?

_mg_0101-58835d0be26aa0461f0fa99213bb1f048536f517-s900-c85
npr.org

腸内フローラ内には様々な菌が生息していて、100~300種、100~1000兆個とも言われています。その菌は、3種類に分類されています。

善玉菌

善玉菌は、主にビフィズス菌や乳酸菌で占められています。

ビフィズス菌は、腸の壁の免疫力を高め、また腸のぜん動運動を促して便通を良くします。乳酸菌は、乳酸や酢酸を作ることで、病原菌の増加を抑えて感染を防ぎます。

また、乳酸菌はビフィズス菌を増やす働きもしているので、善玉菌内で、よい相乗効果を上げているといえます。

悪玉菌

good-bacteria-650x486

weblogscience.com

悪玉菌には、大腸菌・ウェルシュ菌・ブドウ球菌があります。

悪玉菌は動物性たんぱく質を好み、タンパク質やアミノ酸を分解して、発がん性物質や発がん促進性物質を作り出します。

また、腸内細菌のバランスが崩れることで、脳血管障害や、肝臓病などの生活習慣病の発生原因にもなり、肌荒れも起こってきます。

日和見菌

日和見菌は連鎖球菌・バクテロイデス菌などがあります。

どれも健康な時には無害ですが、免疫力が低下すると病原菌に変わってしまいます。

文字通り、どちらにつくか「日和見」している状態で、善玉に転ぶのか、悪玉に転ぶのか、その時々に合わせて優勢な側につくという性質があります。

ベストバランスは善玉80:悪玉20

pg_4_1_0
askabiologist.asu.edu

腸内フローラは個人によりその構成はそれぞれ異なりますが、一般的な割合は、善玉20:悪玉10:日和見70と言われています。

日和見が70というのはかなり多い数なので、これを悪玉にしてしまわず、少しでも多く善玉に転じることがポイント。

ベストバランスは善玉80:悪玉20!

腸内フローラは、人によって種類や構成が違います。親子だから腸内フローラが同じとも限らず、同じ食生活をしていても異なります。

腸の中に広がるお花畑の中に、善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌の花をいかに多く咲かせるかがカギとなります。



腸内フローラに良い食べ物とは?

1989 03 ricotta cheese and yogurt cheese 550p jpg
motherearthnews.com

では、実際にどのような食品を食べ得ると腸内フローラを整えることができるのでしょうか。

オススメ①発酵食品

発酵食品には、乳酸菌が豊富に含まれており、積極的に補うことで、もともと腸内に存在している善玉菌を増やすことにつながります。

代表的な例としては、キムチ・ぬか漬け・つけもの・納豆・味噌・ヨーグルト・チーズ
など。

腸内フローラのバランスを改善し、体によい作用をもたらす善玉菌を「プロバイオテクス」と呼びます。

発酵食品にはこのプロバイオテクスである乳酸菌が含まれていますが、「LG21菌」などのプロバイオテクスを謳った商品などが最近では数多く販売されています。

オススメ②食物繊維が含まれる食品

食物繊維には2種類あります。

    水溶性食物繊維(バナナ・りんご・キノコ類・海藻類など)

    不溶性食物繊維(豆類・ごぼう・イモ類)

不溶性食物繊維は腸に引っかかる性質があるので、水溶性食物繊維を進んで摂取することが大切になります。

オススメ③オリゴ糖が含まれる食品

prod-balance_img06
icreo.co.jp

オリゴ糖はビフィズス菌の活力源となり、腸内のビフィズス菌を増やします。

代表的な含まれる食品は、ハチミツ・バナナ・玉ねぎ・味噌など。米屋イモ類など、デンプンを多く含む食品をあたためるとオリゴ糖を増やす効果があります。

ただ、多くとりすぎるとお腹がゆるくなることもあるので注意が必要。

食品に含まれ得るオリゴ糖は微量なので大丈夫ですが、サプリメントなどで摂取する場合は自分にあった量を摂取するよう心がけましょう。

腸内フローラに良くない食べ物とは?

images
burgerweb.com

では逆に、腸に良くない、できれば避けたい食品にはどんなものがあるでしょうか。

コンビニの商品やファーストフードなど、防腐剤・人工添加物が多数はいったもの、遺伝子組み換え食品などです。

こうした食品を多く摂取し続けると、活性酵素が作られ、腸を痛める結果になります。

ただし、これらを一生全く食べないで現代生活を送ることは、現実的ではありません。

お子さんが小さい頃は可能な限り避けるよう心がけ、しっかりした腸内フローラを3歳までに作っておいて、大人になった時の食生活に備えましょう。

腸内フローラを整えることはママからの贈り物

baby-and-mother-64-2
optibacprobiotics.co.uk/blog

もともとよい腸内環境を持っているというのは、その人にとって財産になります。

お子さんがここぞという時に頑張ろうとした時に、お腹が痛くなったり、体調が悪くなるのは、親として辛いものですよね。

善玉菌が増えるような食生活を心がけることが、よい腸内フローラを整えることにつながります。

ママからお子さんへ「強いお腹」をプレゼントしてあげられるように、食生活に腸内フローラによい食べ物を取り入れてみましょう!

この記事を書いたママ

りぃ

中1娘と5年息子の母です。成長した子供と友達のように話せる今は人生の黄金期!大変な幼児期を乗り越えたからこそ見えることをお伝えしていきます。


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)


eatthis.com

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします