1歳~3歳児

1歳児と楽しく過ごせる手遊びの仕方を元保育士が教えます

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

1

こんにちは、1歳と2ヶ月の娘を育児中のママライターです。

私は0歳と1歳を担任していた元保育士です。0歳は生後1ヶ月半のお子さんから見ていました。

手遊びをして楽しい時間が過ごせるのを私は魅力的に思ったので紹介しますね!



手遊びって知っていますか??

歌いながら手を動かして遊ぶものです。

手だけでなく足や全身を使う手遊びもあります。

1歳だと難しいことはできなくても真似をしたり歌を歌うだけでリズムに乗ってくれたりしますよね!

手遊びってわらべ歌とは違うの??

同じです。

わらべ歌は昔から伝えられてきた伝統の子どもと歌いながら遊ぶので手遊びと変わりません

手遊びは現代風になっているだけです。

手遊びってなぜいいの?

1歳児になると音楽に合わせて踊ったり、首を振ったりしていませんか?

いつの間にか音楽に興味を示していて楽しそうにしていると思います。

好きな音楽が流れると泣いていた子もピタリと泣き止んだりします

音楽を示してきたときに手遊びでスキンシップをとることができるので

好きなことで楽しんで愛情を感じられるなんて子どもにとったら最高に楽しい時間ですよ!

手遊びってどういうの??

手遊びを知らない方は多く居ると思います。私も保育士をしていなかったら知らなかったですね。

歌いながら一緒に手を使って表現することです。

1歳児はまだ簡単なことしか真似できないと思うので楽しくて簡単なものを2つ紹介しますね!!

これは1歳児の中で人気があり、子ども達も真似しやすかった手遊びです。



➀トントン

これはみなさんご存知だと思います。

トントントントンひげじいさん⇒両拳を顎の下に
トントントントンこぶじいさん⇒両拳を頬の横に
トントントントンめがねさん⇒両手の輪を目につけて眼鏡
トントントントンてんぐさん⇒両拳を重ねて鼻につける
キラキラキラキラ手は(身体)⇒手を上に伸ばしてキラキラさせながら身体に持ってくる

この手遊びは短いので最後の身体の部分を変えて
繰り返すと楽しんでくれますよ!

子どもが身体の部分名を覚える?

この手遊びは最後に身体を触るので子ども達が身体の部分名を覚えてくれるようになります。

「教えていないのに身体のいろんな箇所を分かっていて驚いた!」

と保護者からもよく驚かれていました。

身体の部分名ですが、1歳児だと頭、ほっぺ、お腹、お尻をよく使っていました。
もう完璧に分かってしまえば、口や眼、お臍なども楽しかったですよ!!

成長段階によってレベルを上げると子どもたちは楽しく行なってくれます。

➁てをたたきましょう

続いては「てをたたきましょう」のご紹介です。

てをたたきましょう⇒両手をキラキラ
パンパンパン パンパンパン⇒手をたたく
あしぶみしましょう⇒足を軽くたたく
ドンドンドンドンドンドン⇒地面をドンドンと足踏みする
わらいましょう わっはっは⇒笑い真似をする
おこりましょう ぷんぷんぷん⇒怒り真似をする
なきましょう えんえんえん⇒泣き真似をする
ああ おもしろい⇒両手を頭の上からキラキラさせる

この手遊びは歌を省略してあります。長いと1歳児は飽きやすいので…

この手遊びは全身を使うので楽しんで行なってくれますね。

もし、ぐずって寝転がっているときはママなどが歌いながら子どもの身体を使って遊んであげると喜んで機嫌が直ったりしますよ!笑

③ラララぞうきん

3つ目は「ラララぞうきん」
子どもを床に寝かせておこなう手遊びです。座っても出来ます。

    【ラララぞうきんの歌詞】

  • ①ラララぞうきん~ラララぞうきん~ラララぞうきんを縫いましょう
    ちくちくちくちくちくちくちくちくちくちくちくちく 縫いましょう
  • ②ラララぞうきん~ラララぞうきん~ラララぞうきんを洗いましょう
    ザブザブザブザブザブザブザブザブザブザブザブザブ 洗いましょう
  • ③ラララぞうきん~ラララぞうきん~ラララぞうきんを絞りましょう
    ギュギュギュギュギュギュギュギュギュギュギュギュ 絞りましょう
  • ④ラララぞうきん~ラララぞうきん~ラララぞうきんを干しましょう
    パタパタパタパタパタパタパタパタパタパタパタパタ 干しましょう♪

ララ~の時に仰向けになっている子どもを頭から足にかけて撫でてあげます、これはくり返しです。

その後は①から④それぞれ遊び方があり①のチクチク~の時に人差し指で色んなところを突きます

②のザブザブ~の時に足をバタ足の様に上下に上げ下げ、③のギュギュ~の時にお腹や手足をつまむようにします

最後の④はパタパタ~の時にお腹や手足をパタパタ軽くタッピングします。雑巾を縫って洗って絞って干す動作になります。

④あたまかたひざぽん

4つ目は「あたまかたひざぽん」横になっても座っても立っても出来るのでどの場所でも出来ます。

【あたまかたひざぽんの歌詞】
♪あたま かた ひざ ぽん  ひざぽん ひざぽんあたま かた ひざ ぽん  め みみ はな くち♪

歌詞の「あたま」「かた」「ひざ」という体の部分を手で触りながら歌います「ぽん」の時は手を叩きます

この歌は英語バージョンもあります。最初はゆっくりはじめ、慣れてきたら徐々に早くやっていくのも面白いです。

スピードを変える?

何度も同じことをしていると飽きてくるのが1歳児なんです。

なので1回目は普通のスピードだけど、2・3回目はスピードを速めてみたり、遅めたりするだけで子ども達の楽しさが続きます

小さいとつまらない?

手遊びを小さく行なっても楽しくありませんし、魅力的ではないです。

子どもの興味を引くには、何事もおおげさに行なうことが大切です。

歌も大きく歌って、動作も大きく行なえば子どもは興味を示してくれます!

恥ずかしい場合は、誰も居ないところで楽しんでみてください!笑

手遊びは物を使わない魔法の遊び

手遊びはどんなときでも使えます。

ぐずっているとき、絵本読み聞かせの前、落ち着きのないときなど。

物を使わないのでいつでもどこでも簡単にできると思います。

おもちゃだけで遊ばせているより、スキンシップをとりながら楽しい時間をお子さんと一緒に過ごしてみてください





【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

1

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします