女性の健康

月経前症候群PMSの症状と薬の選び方を薬剤師が解説

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!現在産休中のプレママ薬剤師ライターです!

みなさんはPMSという症状をご存知でしょうか?PMSとは『月経前症候群』のことを言います。

最近は市販薬にもその効能をうたったお薬が出ていて、そのCMも目にします。

PMSとは何なのか、そして、どのような薬が使われるのかをご紹介しようと思います。



PMS=月経前症候群とは


startingpointacupuncture.com

月経前、3~10日の間続く精神的あるいは身体的症状で、月経開始とともに軽快ないし消失するものをいいます。

排卵のリズムがある女性の場合、排卵から月経までの期間(黄体期)にエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が多く分泌されます。

この黄体期の後半に卵胞ホルモンと黄体ホルモンが急激に低下し、脳内のホルモンや神経伝達物質の異常を引き起こすことが、月経前症候群の原因と考えられています。

症状は人によってさまざま

身体的症状

・乳房の腫れ
・顔のむくみ
・頭痛
・眠気
・腰痛
・便秘     など

精神的症状

・イライラ
・不安感
・睡眠障害
・抑うつ
・怒りっぽくなる   など

生理前、トラブル多くありませんか?


i.dailymail.co.uk

眠気や頭痛、乳房の張りは生理前気づきやすい症状で、経験がある方が多いと思います。

しかし、PMSで悩まれている方は、精神的症状がひどく、さらに、そんな自分の変化に気づいていないことも多いです。

旦那さんとケンカが多い、職場でイライラが絶えない、やる気が出ない、マイナス思考など、トラブルが多くありませんか?

現在において、私たちはそんな厄介な症状をお薬で緩和することができるようになっているんです。

PMSで使われるお薬


i.telegraph.co.uk

低用量ピルを用いたホルモン療法

ピルは避妊にも用いられる女性ホルモン剤で、体のホルモンバランスを妊娠している状態に似たようにして排卵を抑制する薬です。

避妊効果の他にPMSや生理痛軽減などの効用もあります。

漢方薬

個人の証(症状や体質)に合わせて、漢方薬を使用します。加味逍遥散、当帰芍薬散、温経湯、抑肝散、桂枝加竜骨牡蛎湯などがよく使用されています。便秘があるPMSには桃核承気湯も効果があると言われています。

諸症状改善薬

むくみには利尿剤が、不安症状や抑うつには抗不安薬、抗精神薬などを、痛みには鎮痛剤がそれぞれ用いられます。

市販薬

チェストベリーという西洋ハーブ配合のお薬が出ています。



薬に頼らない治療も


jepsenmurphyandassociates.com

食生活の改善をしたり、ストレスをためない工夫をすることで徐々に改善していくこともあります。自分の症状やPMS発現時期を理解し、余裕をもって取り組みましょう。

ビタミンB群は効果的

胸の張りや痛み、PMSによるうつや心配症を改善すると報告されています。

塩分は控えめに

むくみ予防に塩分を控えましょう。

コーヒーやアルコールは控えめに

コーヒーに含まれるカフェインやアルコールは、胸の張り、神経の緊張、不安症を悪化させるといわれています。

まだまだ浸透しないPMS


i.huffpost.com

女性にとってPMSは身近で、だいたいの女性が経験しているものです。しかし、まわりの理解をなかなか得られません。

「今PMSなの。」

と言ったところで病気とは認識されないでしょう。しかし、女性が社会に進出し、たくさんの人が活躍する中で、PMSが邪魔することは確かなのです。

私たち女性ができることは、PMSを悪化させないこと。日常生活に支障が出るようなら、我慢せずに婦人科に相談をしてください。

そして身近な家族などには自分がPMSだということを理解してもらいましょう。今後はPMSが病気として浸透し、まわりのサポートを受けられる環境になること願います。


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)


トップ画像出典: i.huffpost.com

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします