高温期

高温期ってなに?高温期の体温の目安と基礎体温の正しい測り方

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

妊活を本格的に始める多くの方は基礎体温を記録していきます。

このときに「高温期」という言葉を初めて知る方は多いでしょう。せっかく基礎体温をつけても「高温期」の知識がなければ、体温の推移が何を意味するか理解することができません。

一般的には高温期が21日継続すれば妊娠の可能性が高いとされております。

しかし、

どのタイミングで高温期に入ったのか?
どのタイミングで高温期が終わったのか?

判断できなければ、高温期が何日継続したのかを知ることはできません。

そして基礎体温を測るメリットは妊娠だけではありません。毎日の基礎体温を測ることで自分の体のサイクルを知り、体調の変化にも気づきやすくなるのです。

ここでは、高温期ってなに?という疑問から温度の目安、基礎体温の測り方から理想的な基礎体温にする改善策まで詳しく紹介していきます。



高温期って何?

そもそも、『高温期』とは、どのような状態にあることを言うのでしょう?

高温期=高い体温が続く期間

毎日体温を計っていると、自分の体温がある一定のリズムで変化を繰り返していることに気が付きます。体温の低い期間が約2週間あり、排卵日を境に、体温の高い期間が約2週間続きます。この、『体温の高い期間』が高温期です。

【基礎体温のグラフ】
(高温期とは、文字通り「体温が高い期間」のこと↓)

出典:seinaya.com/koonki

体温には、なぜサイクルがあるの?

人は興奮状態にある時や、体調の不具合などで体温が高くなります。しかし、女性の体はそれだけではなく、常にその内部が活動を続けています。

体や脳の活動に関わらず、常に体内が活動を続けるのは、“新しい命を生み出す機能”を備えているという、女性特有の体の仕組みによるものなのです。

高温期に起こる体内の変化とは?

月に一度の間隔で、女性には月経が訪れます。月経は、妊娠しなかった場合に、子宮内で不要となったものが排出される状態をいいます。その子宮内では、次の妊娠に向けての準備として、次のような活動が始まります。

【高温期の子宮内の活動】

・卵巣で、卵胞が発育・成熟します。

・子宮内膜は、受精卵が着床しやすくなるよう、厚みが増します。

・プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンが分泌されます。

この中で、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンに、体温を上げる作用があり、『高温期』とよばれる体温の高い状態は、その影響から現れるものなのです。

【関連記事】

基礎体温表の卵胞期と黄体期ってなに?

高温期の体温の目安!平均値と理想値


cdn2-b.examiner.com

健康だとされる女性の場合について、どのくらいの体温が一般的なのでしょう。

高温期の理想体温とは?

【高温期の体温(平均値)】

現代の成人した日本人の女性の平均体温は、約36.2~36.3℃だと言われています。高温期の体温は、36.7℃~37.0℃が平均値とされています。
ただ、現代人の食生活や生活リズムが、昔に比べると変化していることもあり、平均体温が低く、低体温の女性が増えています。

【高温期の体温(理想値)】

理想的な体温は、新陳代謝が良く、健康で活動的、免疫力の高い状態は、平均体温が36.7℃以上であることが理想だとされているので、高温期の理想体温は37.0~37.2℃と言うことになります。

低温期と高温期の体温差

低温期の体温が36.0℃とすれば、高温期の体温は36.3~36.5℃。つまり、その差が0.3~0.5℃が理想的だとされています。

低温期の体温が36.5℃であれば、高温期には36.8~37.0ということになります。

平均値にすると、0.4℃が一般的です。グラフに表すと、きれいにくっきりと二層に分かれているのがわかります。

排卵日から高温期への体温上昇率

低温期から高温期へは、2~3日かけて、じわじわと上昇するのが一般的です。上昇する日は、排卵日の翌日が基本ですが、体質や体調によって、排卵中から上がったり、また排卵日前から上昇し始めることもあります。

高温期の体温には個人差がある!


ethicalfamilyplanning.com

理想的な体温、そして体温変化や上昇率はありますが、個人差があります。

平均値は目安として捉えよう!

前述した体温等は、あくまでも平均値や理想値です。

もともとの体温が低い人は高温期でも36.5度にも満たない場合がありますし、反対に38.0度にまで上がる体質の人もいます。

体調の善し悪しによっても変わりますので平均値はあくまでも平均であると、大まかに捉えてください。

また、上昇率についても同様、実際にきちんと計測していた人の中には、毎回1.5度も上がるという数値も出ています。

これは、体質によるものであり、病気や悪い傾向だと言い切ることはできません。要は、毎回同じくらいの上昇率であれば、それが自分にとっての正しい数値であると受け止めるべきなのです。

上昇の仕方も、2~3日かけて上がって行く人が大半ですが、一気にぐっと上がる体質の人もいます。体質に関係なく、妊娠していれば一気に上がるという傾向にもあります。

体温変化が異常!?こんなときは要注意


dkqlgfb5sk2dk.cloudfront.net
基礎体温を付けていても、グラフの状態で変化がはっきりせず、高温期がわからない場合もあります。また、理想とはまったく異なる基礎体温が続き、何らかの疾患が疑われたり、また病気に繋がる恐れもあるかもしれません。個人差のある基礎体温ですが、次のようなときは、注意してみましょう。

基礎体温を付けていても、高温期がわからない場合もある!?

基礎体温の変動が激しい!

高温期と低温期をグラフに表すと、変動が激しくガタガタで、どちらの状態か見分けがつかない場合があります。

また、高温期なのにぐっと体温が下がる日があったり、逆に低温期なのに体温が急に上昇することもあります。

基礎体温が安定しない原因

考えられる原因には、以下の項目が考えられます。

【基礎体温が安定しない6つの原因】

・ストレスが溜まっている
・生活リズムが不規則
・新陳代謝率が低い
・生殖器の機能低下
・黄体機能や排卵機能の病気
・体の冷え

低温期と高温期の温度差が大きい

0.5℃以上の温度差がある場合、基礎体温の変化と関係ない原因があるかもしれません。

・免疫機能のトラブル
  ストレスが主な原因で、自己免疫疾患と呼ばれる病気になることがあります。

・ウイルスや最近に感染
  風邪の症状が疑われることもあります。

・悪性リンパ腫
  37.0℃くらいの微熱が続く症状が出る、悪性の癌です。

・甲状腺機能亢進症
  甲状腺から分泌されるホルモンが異常に増え、体温を高めてしまうことがあります。

・鉄欠乏症貧血
  女性に多く見られる疾患です。体温調整を行う自律神経に悪影響を及ぼし、体温が高くなります。

何らかの疾患が原因で体温が上昇する場合、ちょうど高温期の時期にあたると、発見が遅れる可能性も高まります。

普段の高温期より体温が高かったり、また期間が長い場合は、上記の疾患が原因になることもあると覚えておきましょう。

高温期が10日にも満たない

高温期が周期的に訪れても、その期間が毎回短すぎる場合は、黄体ホルモンの分泌量が少ないことが原因と考えられます。

普段は正常なのに、たまたま短い場合は、その時だけの疲れやストレスが原因かもしれません。

しかし、毎回となると、子宮や卵巣の冷えに繋がり、体全体の血液循環が悪くなってしまいます。その結果、次のような悪影響を及ぼす可能性が高まります。

【高温期が短い場合の悪影響】

・ホルモンの分泌が少なく、妊娠しやすい状態を作ることができない。

・妊娠に必要な子宮内の状態を作ることができない。

・卵胞の発育が不順になり、無排卵や無月経につながる。

・自律神経のバランスが崩れ、身体的・精神的に正常な状態を保つことができない。

・排卵の発育が不順になる

低温期から高温期への上昇日数が3日以上かかる。

低温期から高温期に移行するのは、2~3日。1日という女性もいます。それが3日以上かかってしまう場合は、上記同様に、黄体ホルモンの分泌量が少ないからと考えられます。上記と同様の悪影響を及ぼす可能性が高まります。

1回だけで判断しないで!

基礎体温は、体調の不具合や、ストレスなどの精神的な状態によっても左右されます。1回だけで「おかしい!?」と疑わず、数か月計測したうえで判断することが大切です。

毎回の体温変化が理想と大きくかけ離れていると、妊娠できない可能性が高くなると言われます。しかし、それが自分自身の体質であり、毎回同じサイクルであれば、問題なく妊娠できることも充分にあります。

一喜一憂することも精神的なストレスとなり、基礎体温の異常や不妊に繋がりかねないことも覚えておきましょう。

高温期は実感できるもの?


baby4you.co.nz

高温期が来た!と実感できる人はそう多くはいません。

基礎体温の把握で知ることができます。

基礎体温の温度は人によって差がありますが、平均でも0.4℃・この程度の小さな体温差を実感できる人はそう多くはないでしょう。

従い、基礎体温を付けていなければ、実感できないのが通常であると言えます。中には急激に上がったり、上昇率が高くて熱っぽいと感じる人もいます。



基礎体温の正しい計り方

より正確なサイクルを知るために、基礎体温の計り方に誤りがないかを見直してみてください。

朝起きた時に計りましょう。

1日の中でもっとも体が安定した状態の時に体温を測ることが基本です。それは、朝、目覚めた時が最適です。まだ布団から出る前に、まず体温を計りましょう。

口の中で計りましょう。

舌の下側奥にある『舌小帯』と呼ばれる部分の両側が、正しい検温位置です。脇で測る方が多いと思いますが、脇は外気の温度の影響を受けやすく、正確な体温ではありません。基礎体温は0.○度までを正確に測ることが大切です。

記録して変化をチェック!

毎日繰り返し、その日の体温をきちんと記録することで、自分のサイクルを知ることができます。

記録して、できればグラフにすることで体温の変動を知り、自分にとっての低温期・高温期の平均値を正確に出すことができます。

また、風邪気味であったり、前日に夜更かしをした等、その時々の体調の不具合等も記載しておくと、サイクルが狂ってしまった原因を見極めることができます。

【関連記事】

妊娠した場合の基礎体温の特徴!グラフはどうなる?

妊活必須知識!基礎体温表の正しい見方

理想的な基礎体温に近づけるために

istock_14389343
www.bc-lc.com/

平均体温は、高い方が健康的だと言われます。また、基礎体温も同じく、理想的で安定している方が健康的であることに間違いありません。では、現在不安定な基礎体温である方は、どのように改善して行けば良いのでしょう。

基礎体温を安定させるための改善策


strictlynononsense.com

基本的な生活習慣を見直すことが大切です。次の項目をチェックしてみてください。

【基礎体温を安定させる改善策】

□栄養のある物をしっかり食べましょう。

□ストレスを溜めこまず、適度に発散させましょう。

□睡眠をしっかりとって規則正しい生活を心がけましょう。

□定期的に、適度な運動をしましょう。

ストレスや睡眠は、免疫力を高めます。運動は新陳代謝力を高め、冷え予防になります。

この他、漢方薬やサプリンメントを飲み、体の代謝を上げたり冷えの改善が期待場合もあります。

それでも改善されない場合は…

様々な心がけをしても改善されない場合は、何らかの疾患が原因である可能性も否めません。心配な場合は、病院を受診することをおすすめします。

健康的に過ごすために!


cdn3-www.momtastic.com

人の体のサイクルには個人差があります。自分の基礎体温を知ることから始めましょう。

自分の平均値を知ることから!

高温期だからと言って、誰もが同じ体温にはなりません。目安は自分自身の体の中にあります。まずは基礎体温を毎日計り、自分の平均値を知ることから始めましょう。

毎日同じサイクルでの体温変動が繰り返されることが最も大切であり、そのサイクルが一定であることが、妊娠する・しないに関わらず、より健康的な体を作るために大切なことです。

妊娠したいと焦ることは禁物。健康体であれば、自然と妊娠できる可能性は高まるはずです。

一般的な正常値や理想体温と比較する場合は、精神的ストレスにならないよう大らかな気持ちで捉えながら、出来る範囲内で理想に近づけることを考えて行けると良いですね。


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)


トップ画像出典: parenting.com

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします